拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中2の双子弟。現在オセロ三段

蛍…中2の双子兄。現在オセロ四段







プレイバックを書きながら色々と今年の王座戦について思いを巡らせていたら、久々に書きたくなったので名物コーナー復活 


相変わらず好き勝手書いてますがご容赦ください(^_^;)




小学生王座を狙うジュニアオセラー達



神武以来の天才:F地 K四段
(神奈川:小3)
RATE1373

オセロ小学生グランプリ2014・2015連覇、第36期小学生名人、第43回全日本選手権無差別の部4勝、第44回全日本選手権フリーの部チャンピオン、神奈川オープン2回優勝等々、桁違いの実績を誇るスーパー小学生。オセロ小学生グランプリ2016でも絶対王者と思われたが、実に1年4ヶ月ぶりに対小学生戦に黒星を喫し、まさかの3位となった。王座戦では挑戦者の立場で唯一未奪取の小学生タイトルに挑む。プレッシャーから解き放たれたがオセロ界の至宝が、その全能力を覚醒させ、力の違いを見せつける!!



奥州の英雄:W田 M三段
(東北:小6)
RATE1157

ライバルのM永二段と切磋琢磨しながら実力を高めてきた東北No.1小学生。昨夏のグランプリで3位に入るも王座戦では未勝利に終わったが、それ以降無差別大会でも結果を出し始め、第37期名人戦小学生の部で悲願の初タイトルを獲得!現小学生名人として挑んだオセロ小学生グランプリ2016では、名人戦不参加だったF地四段をも降し二冠を達成!!王座戦での小学生三冠達成を手土産に、世界へ挑む事ができるか!?



東北の駿才:M永 S二段
(東北:中1)
RATE1070
 
オセロ小学生グランプリ東北ブロック予選を3連覇するなど、長きに渡り東北のトップ小学生として君臨してきた。集大成となる小6のグランプリと名人戦で共に3位と結果を出して王座戦の出場権を獲得し、中学生になってからも東北の大会ではW田三段を凌駕する成績を治めている。最後の小学生タイトル奪取のチャンスとなる今回、2強に割って入る事が出来るか!?



戦慄のスーパーエース:T橋 A二段
(近畿北陸:小5)
RATE900(初期値)

近畿北陸ブロックに突如現れた驚異の新星。小学生グランプリ大阪予選で優勝すると、大阪支部定例会に初参加で優勝、直前練習会では蛍四段を破り、ミニ大会でも関西ジュニアトップクラスを軒並み撃破し全勝優勝と驚異的な強さを発揮。あまりの強さ故にこのブログでもあえてその存在を表に出さず、秘密兵器として挑んだグランプリ本戦では初戦をパーフェクト勝ちすると、2戦目には昨年の入賞者(今年の本戦でも5勝)を相手に連続パーフェクト勝ちという離れ業を演じ、参加者中1位の石数を稼ぎ3位入賞とまさに伝説の全国デビューを果たした。昨年の予選で敗れてからオセロ本とネット対局で、解析ソフトに頼らず独学で蓄えてきたその実力は本物。レート対象大会デビュー戦での小学生王座獲得という快挙に挑む



雄健蒼勁の士:F屋敷 K初段
(中部:小5)
RATE1087

1年生の時からグランプリ代表となり、小3でグランプリ開幕4連勝するなど早くからセンスを発揮。レート対象大会に出始めてからは実力を更に伸ばし、オセロ小学生グランプリ2015、第37期名人戦小学生の部と連続入賞を果たす。無差別大会(三重鈴鹿オープン)での優勝もあり、第44回全日本選手権には小学生では唯一の無差別代表として出場するなど、今年のグランプリでも参加者中2~3番手の実績を誇っていたが、まさかの入賞には届かずという結果に終わった。その悔しさを闘志に変えて、初出場の王座戦で悲願の小学生タイトルを狙う




百花繚蘭:T口 M初段
(近畿北陸:小6)
RATE953

小学生グランプリ大阪予選では、5戦で実に284石を稼ぐ圧勝続きの全勝優勝にて予選を突破!!その勢いそのままに、史上3人目となるグランプリ女子入賞を果たした今回の紅一点。こうべジュニアオセロ大会優勝。名人戦直前練習会ミニ大会優勝など、ジュニア戦での実績は十分。第43回全日本選手権女子の部では、現中2世代の強豪2人を抑えてジュニアトップになったキャリアも持つ。王座戦に小学生の女子が出場した事は無く、初勝利&女子最年少の記録となる1勝、そして更なる高みを目指す



四神の後継者:S富 M初段
(茨城:中1)
RATE945

オセロ小学生グランプリ2015で、茨城4強と呼ばれた中2世代の先輩達が続けてきた茨城勢の全国大会連続入賞記録をつなぐ入賞を果たし、昨年の王座戦にも出場した。当時は無名だったが、第37期名人戦小学生の部でも入賞し、グランプリ入賞がフロックで無かった事を自らの力で証明。昨年最下位に沈んだ悔しさを胸に、まずは悲願の1勝を目指す



三代目スーパー1年生:Y口 T1級
(神奈川:小1)
RATE839

第37期名人戦小学生の部で、年長さんながら強豪小学生を次々と撃破し、入賞の快挙を成し遂げた驚異の1年生。そのセンスは相当なモノだが、神奈川ブロックから3年連続の1年生入賞を期待されたオセロ小学生グランプリ2016では最終戦で敗れて入賞と昇段を逃しているだけに、王座戦での巻き返しが期待される

 

中部の
ライジングサン:M川 H初段
(中部:小6)
RATE853

中部3強と別グループの中部予選で全勝優勝し、グランプリ本戦に駒を進める。実力的には4番手(本戦は1人欠場)かと思われたが、見事な開幕5連勝で中部勢唯一となる入賞を果たし、王座戦出場権を獲得した。レート対象大会の戦績からは苦戦が予想されるが、予選から含めて9連勝をした勢いで、まずは1勝を狙う



未知なるダークホース:G藤 D初段
(神奈川:小5)
RATE900(初期値)

神奈川予選突破から本戦で5連勝した神奈川第3の出場者。大会の出場暦はおそらく無いと思われるが、本戦では大会に積極的に出ている入賞クラスの子から複数の勝利を挙げている。その実力は全くの未知数で、未対局の他のジュニアとの対決は楽しみな所。どこまでの結果を残すことが出来るか!?



………ハイ、相変わらず好き勝手書きました(^_^;)


小学生王座は第8期が4勝、第9期は3.5勝、第10期は4勝なんですが、過去には2勝で獲得した年もあったりして、どの辺りがボーダーになるか正直分かんないですよね〜


昨年も一昨年も、2勝以上を挙げている子はみんなレート1000オーバーですから、そう考えるとF地くんがやっぱり断トツで、W田くん、M永くん、F屋敷くんって事になりますが、当たりにも恵まれる運も必要かも…


そこにあっくんが絡めるのかどうかってのが無難な予想って所ですかね〜


さてさて今年最後の小学生タイトルの行方はいかに…





昨日は自宅にて王座戦の直前練習会


参加したのは冬と蛍にT橋二段、T口美初段


そして、出られると思ってご協力をお願いしたんですが、ご自身は出場されないにも関わらず宮崎七段も来て下さいました(^_^;)アリガトウゴザイマス


 image



最初に冬と打って、その後に宮崎七段と打ったあっくんは、生オセロでこのレベルの相手と連戦したのは多分初めてで目を白黒Σ('◇'*)


手筋以外にも、王座戦に挑むに当たっての心構え的な所とかもアドバイス貰ってましたし、貴重な経験になったんじゃないですかね〜


美ちゃんにとっては強さを嫌と言うほど知っている相手ばかりとの対局でしたが、健闘した対局もあったし、ホンマに強くなったなぁと…考えたら私はもう1年間以上彼女に勝ててないですしね(^_^;)


冬と蛍も、いつでも出来る兄弟対決以外の全員と対局できましたし、直前練習としては非常に充実したモノになったみたい♪


間にはちょっと息抜きと思ってペアオセロなんかもやったんですが…


image



普通の子どもがペアオセロすると、十分息抜きの遊びになると思うんですが、この四人だと普段打たない局面でメチャクチャ真剣に考えてたので、終わったら普通の対局より疲弊してました(^_^;)


間にはあっくんの超力作の夏休みの自由研究も拝見♪


image



image



上の写真のオセロの石は歴史に忠実に、牛乳ビンのフタで作ったとかΣ(・ω・ノ)ノスゴイナー


でも今は牛乳ビンのキャップはほとんどプラスチックになっていて探すのに苦労したそうです(^_^;)時代の流れを感じますね〜


前回、あっくんが見事に勝利したこの二人の対局は…


image



なんと今回はドロー(((( ;゚д゚)))


小学生王座のタイトルは直接対決じゃないですから、何勝がボーダーになるかにもよりますが、可能性はあるんじゃないでしょうか??


そしてT口美初段なんですが…気になって調べてみた所、グランプリの過去の女子入賞者二人は王座戦に出場していません


名人戦小学生の部は調べて無いので確実ではありませんが、女子としては小学生初で史上最年少出場って事になるのかな??


という事は…勝利を挙げる事が出来れば、それが=記録って事になります♪


舞台はなんといっても王座戦ですし、ここ2年に比べて参加人数は少ないのにメンバーは濃くなっている印象ですから簡単ではないでしょうが、二人とも是非頑張ってもらいたいですね〜


そして冬と蛍は、昨年の王座戦からこの1年、メジャー大会ではうまく行き過ぎている気もしないではないですが…


それならそれで今回もうまく行っちゃいましょうv(^o^)v


この四人は保護者の皆さんが有り難くも『チーム拓』と読んでくれているメンバーの言わば筆頭格ですから、ここに出られなかった他の関西ジュニアの分まで王座戦を目一杯楽しんで、願わくばいい土産話を持ち帰ってほしいですね〜


みんな頑張れ〜!!!!





明日…というか寝落ちしちゃったんで今日ですが、王座戦の直前練習会を我が家でやります♪


今年で3回目の王座戦になりますが、今までは関西の子と一緒に出る機会が無かったので、冬と蛍も楽しみにしてるみたい


王座戦前としては初めてなんですが、練習会的なやつは今までも何度かあって…


SN3V0834

 

image



image



沢山のジュニアオセラーが我が家を訪れてくれています♪


いつもなら遊びの要素も入れて楽しくするんですが、今回王座戦に出る小学生二人は、棋力的には大人顔負けですし(私では多分相手にならないw)本番直前ですからどんな感じになるかしらん??


内容は様子を見て考えようと思っていますが、いずれにせよ、充実した楽しい練習会にしたいですね〜♪






さてさて昨年の王座戦


前年の2014の王座戦以降、ジュニアオセロ界に何があったかというとですね…


①F地くん無差別大会で大活躍!!全日本選手権無差別代表となり本戦4勝で四段昇段!!名人戦小学生の部とオセロ小学生グランプリ2015の二冠達成!!


②東北勢大躍進!!オセロ小学生グランプリで2位&3位×2入賞を果たし二段が3人誕生!!


③英姿颯爽覚醒!!N良1級が名人戦入賞後、初段昇段→茨城ブロック予選で二段で無差別代表→全日本選手権で三段昇段!!


④蛍1級、兵庫オセロの勉強会2015春で全勝優勝し二段昇段!!西日本最強のジュニアツインズ二段誕生!!


⑤冬二段、名人戦小学生の部予選で、小1になってから対小学生無敗だったF地くんを降し予選トップ通過も、準決勝で敗れ3位に


⑥茨城4強躍動!! 名人戦小学生の部でY城二段が2年連続準優勝!W辺初段決勝トーナメント進出!H二段奇跡の逆転入賞!!N良1級と合わせ4人同時入賞!




…とまぁこんなトコロ(^_^;)


王座戦に参戦するのは小学生が5名、中1(権利取得時小学生)が6名で、ジュニア史上最強の声もチラホラ…


小学生王座の権利があるのは11名だったんですが、中1に権利があるとは知らずに挑みました


王座戦2015

さてさてこの年の我が家はコイツで参戦


キャンピングカーをレンタルして金曜夜に大阪を出発し…

IMG_4415



SAにて各地の名物を食べ漁りながら…
IMG_4441



車中2泊で一路水戸へ…
IMG_4409


メチャクチャ楽しい旅でした♪


10回の記念大会に、80名のオセラーさんが集結
IMG_4472



昨年と全く違ったのは、参加人数はほとんど同じだったのに、4回戦までに1戦しか無かったジュニア同士の対局が頻発


1回戦からですねぇ…


W田二段 vs M永二段の同郷グランプリ3位対決はM永二段の勝利


グランプリ準優勝のI垣二段と当たったのは蛍でしたが、ここは63-1と爆勝


ジュニア同士以外でも、前年は全敗スタートだったんですがこの年は冬とF地くんが初戦勝利!!


2回戦は…


ライバル対決を制したM永二段と当たったのは蛍(^_^;)


王座戦で初戦勝ってジュニアと連戦って普通無いですよねwwしかも2人とも


蛍はここも勝利でストレートで昇段にリーチ…東北勢にとっては大きな壁となりました


ライバル対決に敗れたW田二段の相手は中1のH二段


さらにはW辺初段とY城二段の茨城4強対決も…


さらに3回戦…


W辺初段はN良三段となんと茨城4強連戦


どこのジュニア大会?ってな組み合わせが頻発してたんですが、レベルの違う戦いをしていた子が1人…言わずと知れたF地くんデス(^_^;)


初戦からなんと五段の方を3連破…しかも2戦目は高校生名人で3戦目はオセロバス王座ですからね


今思うとこの3回戦スゲーよな。。。


前年は3回戦終了時で対ジュニア以外ではみんな合わせて2勝2分だったのが、今回は既に6勝と、いろんな意味で明らかに流れが昨年とは違います


そして、2戦は対ジュニアだったとはいえ、3回戦を勝った蛍は3連勝でまずは昇段確定♪


ジュニア同士の対局の流れはまだ続きます


4回戦
IMG_4488



3連勝同士の小2と中1がなんとなんと1番テーブルでの対局


ネット配信もされたんですが、この動画…もう今は見れないんですよね~どこか見れるところないのかしらん??


結果は大方の予想を覆し、蛍の勝利!!


4連勝で四段昇段を決めてしまいましたΣ( ̄ロ ̄|||)


もう1局は冬二段とN良三段の初対局で、N良くんが勝利!!


5回戦だけはジュニア同士の対局は無かったんですが…
ouza



蛍は2戦連続となる1番テーブルでキング伊藤七段との対局でした


最終戦を前にして、小学生王座の権利が
あったのは4勝の蛍二段に3勝のF地四段だったんですが、蛍は権利が無いと思ってましたからね〜(^_^;)


それよりも気になっていたのが最終戦に昇段の可能性があったメンバー

冬二段
Y城二段
H二段
W辺初段


の4名だったんですが…


しかし、昇段試験のお相手はY城くんがN崎六段でW辺くんがdone四段


それ以外でも最終戦のジュニアオセラーのお相手はかなり強烈…七段、六段×4、四段、初段詐欺さんw等々…勝ったのは1人だけ(-_-;)


そして6回戦唯一のジュニア同士の対局が、勝った方が三段昇段となる大一番
IMG_4493



小5の時の名人戦小学生の部以来、1年半ぶりの対局は冬が圧倒し、リベンジ&三段昇段!!


最終結果は…

蛍二段  (中1) 4勝 四段昇段 
F地四段(小2) 3勝
N良三段(中1) 3勝
冬二段 (中1) 3勝 三段昇段
Y城二段(中1) 2勝
H二段 (中1) 2勝
M永二段(小6) 1勝
W辺初段(中1) 1勝
I垣二段(小6) 1勝
W田二段(小5) 1勝※不戦勝
S富初段(小6) 0勝




ジュニア同士の対局が4回戦までに9戦…前年は1戦でしたから、いかによく当たったかというのが分かりますね(^_^;)


そして、勝ち星の半分は対ジュニア以外からというのも大きな違い


前年は居なかった昇段も2人♪


中1の健闘は光ったんですが、小学生はF地くん以外は大苦戦…そして対中1は全敗と、黄金世代が力を見せつけた王座戦となりました


…とまあこんな感じだったんですが、今年の背景水色=小学生王座挑戦組のメンバーは、過去2年とはまたちょっと違いますよね〜


どんな結果になるのか非常に楽しみデス(^O^)






いよいよ王座戦まであと10日


2年前にオセロ大会に出始めてから、冬は3年連続の出場


蛍は1年目こそ出場権を逃したものの、昨年、今年と連続出場となります


過去2回のブログを読み返してみると意外と忘れている事も多かったですし、今回は初の王座戦って小学生も結構いるので、過去2回の参戦を振り返ってみようかな~と



2014 第9期王座戦


この年は新幹線での前日入り

97cf9ba1.jpg



オセロまにあのオセラーさん達との練習会の後・・・

a7ec1a8d.jpg



壮行会も兼ねてみんなで飯食いに行ったんですよね~

b3ab3235.jpg



ちなみに大阪居残りの蛍は嫁さんともんじゃ焼き食いに行ってたそうな

4397cf37.jpg



開始前はO森六段と練習対局

53db74b2.jpg



ブログによると、東北のジュニア強化練習会の講師をされているO清水五段(当時)と初めてお話させてもらったのもこの時だとか…


3e476f53.jpg


この年の王座戦に参戦した小学生は7名だったんですが、初戦は全滅(^_^;)


冬の初戦の相手はA木さん…当時は東北ブロックで、まだ三段だったんですね~


名人戦高校生の部でS藤くんが勝ってたって理由だけで当時の私は勝負になると思ってたらしいww


2回戦も小学生同士の対局だった1局を除いて小学生は全滅…


冬のお相手は後に全日本のフリーの部準決勝で蛍と対局することになるK原四段でした


この年参戦した小学生の内3名は、今年の王座戦にも参戦するんですが(しかも全員無差別で権利取得)そのメンバーを持ってしても揃って開幕2連敗


3回戦でやっと大人相手に連敗脱出したのがF地くんとO原初段で、冬とT四段が引き分け


この成績でも4回戦は…


F地三段…M屋五段
冬二段 …ダイス五段
Y城二段…北島七段
O原初段…坂口九段


これぞ王座戦って感じの強烈な当たりで保護者チームみんなでノ( ̄0 ̄;)\ってなってたのをよく覚えています


5回戦からは予想された通りジュニア同士の激突が…


冬は名人戦小学生の部で敗れていたW辺初段にリベンジ


オセロキャラバンの1位 vs 3位の対決なんかもありました


最終戦を前にして小学生王座の可能性があったのは…

T四段 …2.5勝
F地三段…2勝
冬二段 …1.5勝


小学生グランプリ2014の1位~3位の3人だったんですが、最終戦はT四段と、双子ジュニア対決となったS原三段戦に勝った冬が◯でF地くんは●


そして最終戦勝てば昇段のO原くんの前に立ちはだかったのはY城二段…僅差の接戦だったそうです



結果は…

T四段(小6)  3.5勝 小学生王座 
冬二段(小6)  2.5勝 
F地三段(小1) 2勝
Y城二段(小6) 2勝
O原初段(小6) 1勝
W辺初段(小6) 1勝
K池初段(小6) 0勝



わった後に冬とF地くんの小学生グランプリ決勝の再戦となる練習対局があったんですが、これには冬が勝利しました♪


結果としてはT四段が実績No.1の貫禄を示して小学生王座に


後のメンバーはほとんどの勝ち星がジュニアか女性オセラーで、メジャー大会の高い壁に跳ね返されたって形になった訳ですが…


この時にはまだ後のF地くんの活躍や、ここには参戦していないジュニアの大躍進、そして翌年にジュニア史上最強といわれるメンバーで再び王座戦に集結することになるとは全く思ってませんでしたね~


………つづく



↑このページのトップヘ