拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ二段

冬…高1の双子弟。現在オセロ五段

蛍…高1の双子兄。現在オセロ四段







前回の全日本選手権予選は冬蛍の文化祭と被ってしまったんですが、今回は定期テスト中だったものの本人たちの強い意志にて参加


当然ながら直前にみっちりオセロをする時間なんかは作れなかったと思うんですが、初のダブル無差別代表を目指して予選に挑みました


一方ワタシは直近の3大会で2勝13敗とえらい事になっていたので、何とか不調脱出のきっかけを作りたい所


結果は3人3様だったんですが、まずは冬


冬五段
N島パパ初段 ○
H野初段   ○
S村三段   ○
N森六段   ○
あっくん六段 ×
U野三段   ○
M崎五段   ○

5勝1敗 +158石 準優勝



初戦から危なげなく2連勝すると、3回戦、4回戦と無差別代表歴のある強豪との厳しい連戦に圧勝!!!


5回戦で1番テーブルでのあっくんとの全勝対決には敗れたものの、石数は断トツだったので6回戦を勝てば代表権はほぼ決定の状態


そこからも2連勝とほぼほぼ文句のつけようのない戦いぶりで最後は優勝の可能性もあったという安定した内容…だったんですが、この日は朝から体調が良くなく、帰宅してから計ったら38度後半の熱発Σ( ̄ロ ̄|||)



まぁこんな状態でようこの結果残しましたね~


さて次はワタシ

拓二段
I井2級   ×
N村二段   ○
ばっしぃ三段 ○
A達初段   ×
K井初段   ○
H杉二段   ×
K二段    ×

3勝4敗 -24石 22位



とにかく生オセロが不調続きだったのでまず初戦は勝ちたいと思っていたら、初戦は小学生のI井2級


かなり強くなってきてはいますが流石にまだ負けないやろう…とりあえず当たりには恵まれたと正直思っていたんですよ


ところが…これが中盤から終始不利のままどんどん状況を悪くして最後は完敗('A`|||)


この敗戦はかなりショックで…これでレート対象試合6連敗やし正直今日も1勝も出来ないんじゃ…と思ってたんですが、ここから何故か6回戦までは無差別代表の可能性を残すという成績に

最後連敗して負け越しはしましたが、連盟レートも微増でしたし内容的にも結果的にもマズマズですかね~


ちなみにちょっと真面目にオセロに取り組もうと思って棋譜を取ろうと試みたんですが、結局最後まで1局も取れませんでした。。。定例会でも練習します



さて最後は蛍

蛍四段
Y下初段 ○
M崎五段 ×
宮崎七段 ×
H野初段 ×
O田1級 ○
I藤1級 ○
S村四段 ×

3勝4敗 +78石 17位


初戦圧勝の後M崎五段に2石負けで、さらに全勝下位のブロック長と当たるという厳しい流れを連敗


ここまではまぁしょうがないとしても、H野初段にも足元を掬われて3連敗で早々に1勝3敗に


人数的には4勝トップまでが拾われる可能性も無くはなかったので「諦めずにしっかり石数稼げ!」とハッパをかけていたんですが、正直厳しいやろうと思っていました



ところが、蛍はここから小学生の有力ホープ達に力の違いを見せつける圧勝の連勝で、石数を+80超にまで伸ばして最終戦へ…


この時点で、他力本願ながら物凄い偶然の積み重なった組み合わせの妙で、勝てば突破が可能な状況が出来上がっていました




全勝 あっくん六段 通過確定
1敗 冬五段    通過確定
1敗 M崎五段
1敗 宮崎七段
2敗 N森六段、U野三段、S村四段含む7人


あっくんが1敗の3人全員と対局を終えていたので、2敗トップのN森六段と激突


冬はM﨑五段と1敗対決


1敗のブロック長は2敗2位の京都支部長のU野三段との対戦


3敗トップの蛍は2敗最下位のS村四段と対戦


残り2戦は2敗同士の対局


この組み合わせでどういう事が起こるかというとですね


全勝のあっくん、1敗のブロック長、3敗の蛍の全員が勝てば2敗が3人消える

残り4人は直接対決なので2敗は2人消える=2敗で残るのは7-5=2人

現在1敗の上位4人に残る2敗は2人なので合計は6で無差別枠は7=4勝トップにまで権利が残る


蛍の石差は2敗、3敗含めても断トツのトップでよほど偏った対局にならなければ抜かれる可能性は低いというなまぁホンマに奇跡的な状況


あっくんが負けると冬が優勝の可能性もあったんですけど、そんなこたぁどーでもいい。。。


ここは是が非でも勝ってもらわんと(((( ;゚д゚)))


そしてすべての御膳立てはその通りになったんですが…肝心の蛍がS村四段に逆転負け(p_q*)


今年も兄弟無差別代表はなりませんでした。。。


時間の無い中で練習に取り組んでいたのか、それともぶっつけ本番だったのか正直分からないんですが、結果には大きな差がついてしまった全日本予選


冬3勝&蛍フリー準優勝→蛍3勝&冬フリー優勝→予選不参加ときて、今年はどうなりますかねぇ(^_^;)







福地 啓介世界チャンプ&新七段誕生!!!


谷田七段が保持していた最年少記録を更新し、世界一となった福地くんが、最初の勲章を手にしたオセロ小学生グランプリ2014


ac2d06d1.jpg
その決勝戦の相手は冬でした


f9ba82d7.jpg
その年の名人戦では予選で冬が勝ったものの、優勝は福地くん


IMG_4488
一方、蛍が初めてこの天才少年と対峙したのは、第10期王座戦の一番テーブル


この直接対決に勝って四段昇段&小学生王座のタイトルを手にしたんですが…



image
1年後に再び対峙した全日本選手権フリーの部の決勝では完敗


この時までにオセロ小学生グランプリを連覇していた彼


我が家の2人がここまでオセロに夢中になったのも、常に先を走る彼の存在があったからでした


この後に控える小学生グランプリ2016王者…そして世界選手権ユース代表の座は彼の為にあるモノだと信じて疑いませんでしたが…


しかし…


OSG2016 第3位
OSG2017 準優勝


共にその年の優勝者に敗れて世界に行けなかった福地くん


そして今年…2年振りの小学生グランプリ制覇を果たし、世界選手権ユース代表の座を手にした福地くん


念願だったと思われる世界選手権の舞台で、日本オセロ界の至宝は躍動!!


キャプチャ

予選3位で決勝トーナメント進出を果たすと、準決勝で昨年の世界チャンピオンの高梨九段との激闘を制し、決勝戦では一昨年の世界チャンピオン、Piyanat選手に2勝1分で勝利!!


image


IMG_4334


5a0b5737.jpg



福地くん、世界選手権優勝おめでとう(^o^)/


最近僕は関西の子ども達の指導をする様になって、小学生グランプリで表立って福地くんを応援って事には中々ならなかったけれど、ずっと世界で躍動するキミを見てみたい…と思っていました


世界一、本当に本当におめでとう♪


そして、ママさん…


勝って当たり前的な事を言われる中で、小学生大会の方が疲労感が大きい…なんて話も聞いていましたし、メジャー大会で強烈な当たりが続いて中々結果が出なかったり、新たな強豪ジュニアの突き上げもあって…


1年生で小学生チャンピオンになってから、本当に色々なご苦労や苦悩があった事と思います


結構試合見てられない感もあったり(これはワタシもですがw)、最近は観戦時辛そうなお姿を見かける事もあって気になっていたんですが、本当に報われましたね!!


本当に、本当におめでとうございます!!親御さんのサポートあってこその素晴らしい結果です!!!


そして、あなたの息子さんと出逢い、ウチのツインズと節目節目で対戦する事が出来て本当に良かった♪


これからも福地くんはずっと二人の目標であり続けると思います。また対局の機会がありましたら宜しくお願い致しますm(__)m



祝 ふくちくん世界一&最年少記録更新!!!






この日曜日に行われた第13期オセロ王座戦


全日本選手権は予選が文化祭と被ってしまって不参加だったので、高校生になってから初めてのメジャー大会


名人戦無差別の部で出場権を得ていた冬のみの参戦となりました


もう高校生になりましたし、ワタシも引率は卒業


東京開催だったので独りで日帰りでの参加だったんですが、遡る事前日の夜…


翌朝が早いので冬はいつもよりも早い時間に寝室へ


冬「おやすみ~」


拓「おやすみ。明日頑張れよ!!」


冬「……(コクリと頷く)」


嫁「お父さん起きる気ないなw」


拓「うん。ないwww」


勿論いい結果を出して欲しいとは思っていたんですが、もう冬も高校生で自分の部屋で過ごすことが多くなっています


自分たちの意思で7月はオセロ合宿から南海オープン、8月には京都順位戦や明石お盆スペシャルに参加はしていたんですが、部活も勉強も忙しいみたいで正直普段どれくらいオセロの事やってるのかも分からない…


まぁ普段から練習に付き合ってて引率もしていた小学生や中学生の時のメジャー大会とはずいぶん違う心持ちでしたね~


翌朝…


以前みたいに緊張してワタシが寝られないなんて事も無かったんですが、流石に出かける前には目が覚めたんで、近隣の駅まで送っていくことに…


拓「具体的な目標はどんなもん?」


冬「う~ん…まぁ4勝はしたいな」


拓「そうやな…まぁせっかくのメジャー参戦や、楽しんどいで!」


冬「…うん」


拓「………着いたで」


冬「じゃあ、行ってきます」


拓「おう!頑張れよ!!」


子どもの頃の様に饒舌になる訳でもなく興奮してワクワクを隠し切れないような様子もなく、振り返る事もなく地下鉄の構内へ消えていった息子の背中を見送りながら、逞しくなったなぁという感慨と、一抹の寂しさが同居する不思議な感覚に浸っていました


その後も開会までに冬から来た連絡は『東京駅に着いたよ』の家族LINEへの1本だけww


それ以外は参加者の方のツイートや現地のあっくんパパやN島ママさんからの連絡で状況を知るといった感じでした


第40期の名人戦は東京開催っていう発表があったみたいですが


Fotor_153545840336492


まぁこれも記念大会なんで東京開催なんじゃないかって予想はしていたんで…


さてさてその後送られてきた1回戦の組み合わせなんですが…やたらとジュニア勢同士の組み合わせが頻発


昨年もこの傾向が強かったんですが、前半に小学生同士が沢山当たると後半の昇段が懸った闘いも混沌としてくるんですよね('A`|||)


E崎二段(中部:名人戦入賞) vs I木二段(九州:OSG2位)
K藤子1級(中部:名人戦入賞) vs N島二段(近畿:OSG入賞)
あっくん六段(近畿:名人戦2位) vs O西二段(兵庫:両方入賞) 

と小学生王座の権利のある選手は名人戦 vs OSGという構図に


それ以外にも…


S嶋二段(中部:小2) vs W田四段(東北:中2)


なんていう注目のジュニア対決も



そして冬の相手も…


1回戦
冬五段(近畿) vs H内二段(神奈川)



OSG3位のH内二段(神奈川)とまぁやたらと若い選手同士のマッチングが多い1回戦となりました


大事なこの初戦はあっくん、W田くん、冬の天才キッズ出演組は貫禄の勝利!!


そしてN島くんも貫録の勝利と順当な滑り出しでしたが、結局小学生は3勝10敗という初戦の滑り出しとなりました


冬の初戦の相手が小学生オセラーだった事もあって、この時は小学生プレイヤーで誰が昇段の可能性を残すんだろう…って事の方に興味が行ってたんですが、さらに冬の戦績に興味が無くなるような知らせが…


2回戦
冬五段(近畿:高1) vs あっくん六段(中1)



…………オワタ(T_T)


そりゃあっくんが強いのは知ってるけど、冬くんだって高段者なんやから…と思う方もいるかもしれませんが…


7月のオセロ合宿で共にAリーグを守り抜いたものの、あっくんからは1勝も出来ず


南海オープンは優勝しましたが対戦は無くて、その後の明石お盆スペシャルでは負け


たぶん昨年の世界選手権壮行練習会で勝ってから1回も勝ててなかったので、まぁワタシとしては勝てる気はしないですわな(´д`;)


あ~あ…と思っていただけにその知らせは衝撃でした


『冬くんの勝ち!!』


………………………Σ( ̄ロ ̄|||)ナンですと


マジか…よし………これで乗って行ける!!!!


と思ったんですが、同時にプレッシャーも…


あっくんに勝ってふがいない成績やったらあかんよな(-_-;)


関西の保護者の方からは「OSG2017の決勝の二人で世界戦に」なんて声も聞こえていて、その度に(OSG2014の決勝だって可能性はある!!)って内心思ってはいましたが、いざ勝ってみると…次も当たり厳しくなるやろうし…


ただそんな心配をしていたのは多分ワタシだけで、当の本人からの報告は家族LINEに一言


『2連勝』


イヤ知ってるしwもうちょっと何か無いんかいww


そんなこんなで


3回戦
冬五段(近畿) vs done名人七段(東京)


前半戦で準名人→名人というとんでもないコンボ


まだ中部ブロック所属で四段だった時に対戦があって、その時に勝ってはいるんですが、全日本選手権の時に練習会もしてもらった事があったり、一緒に参加した京都順位戦で全勝優勝されたりしていて、強さは十分知ってましたからね~


何とか…と思っていましたがここは黒星


本人曰くいい所の無い完敗だったらしい


これで決勝進出は無くなった…ってかそんなに上手い事いかんよな(笑)とこの時は思っていました


4回戦
冬五段(近畿) vs 坂口九段(東京)



遂にキターーーーーーーー!!と言うのが正直な感想


オセロ小学生グランプリの前日に、坂口九段が主催していたオセロ教室に体験で参加したのが4年前


bdf7c693.jpg


サプライズだったので2人とも大喜びだったんですが、この時は当然多面打ちでも敵いませんでした


あれから4年…翌日の小学生グランプリで準優勝した後、名人戦中学生の部準優勝、第11期王座戦5位、近畿北陸名人獲得、全日本選手権フリーの部優勝と実績を積み上げてきた冬


今こそ4年間の成長を見せる時…なんて勝手に盛り上がっていましたが、今年は坂口九段は絶好調で激戦の東京予選で全日本無差別の権利を掴み取ると、本戦でも入賞してましたから。。。


当たりとしては厳しかったんですが、気持ちとしては連敗は避けたい…と言うよりはやっと当たる事が出来たという気持ちの方が勝ってましたかね~


そして結果は…見事に勝利!!!最高の形での恩返しとなりました


さてこの4回戦終了時で小学生組にも動きが…


まずは中部のエースF屋敷二段(中1)が、4回戦までに3勝を挙げ昇段を確定!!!


更にはS嶋二段、N島二段、E崎二段が2勝を挙げ三段昇段にリーチ


そしてK林初段、K藤子1級も1勝を挙げ二段リーチという状況に


ただ…ここからのあと1勝が大変ですからね…さてどうなるか



5回戦
冬五段(近畿) vs 後藤七段(北関東)



5回戦のお相手は後藤七段


第38期名人戦で対局していて、この時は完敗していたので厳しいと思っていたんですが、この対局も冬は勝利(((( ;゚д゚)))


後から棋譜見せてもらうと拾った対局ではあったんですが、速報では分かりませんからね~


さてここであっくんが2敗目を喫し4期連続の入賞が夢散…さらにはS嶋二段が3勝目を挙げて中部W昇段!!


小学生王座争いは3勝で3人が並び2勝も複数人と混沌とした状況になったんですが、それでも流石にあっくんじゃないか…と思っていました


しかし、6回戦はなんとSuper_Ace vs umigame_pというオセロクエスト1位2位のドリームマッチがΣ( ̄ロ ̄|||)


これ分からんぞ…相手はみんな強いしどうなるんや…


そして最終戦、入賞を賭けた冬のお相手は…大変な相手になるのは分かっていたんですが、全日本チャンプの土屋さん


なんと今年のメジャー大会決勝進出者の内、出場していた3人全員と当たるという厳しい組み合わせに(((( ;゚д゚)))


ところが、ワタシ的には上記2つのカードよりももっと衝撃の組み合わせが…


Fotor_153555467401186


マジか…そんな事ある!???


N島くんが初段昇段の時も相手は美ちゃん
Fotor_15356400938113



初めての練習会ミニ大会も決勝はこの2人
image



名人戦小学生の部では3位決定戦を戦いました
image



数限りなく対戦を重ねてきたライバル同士のレート対象大会での成績は全くの五分!!!
image


………もうね…どっちも頑張れとしか言えませんよね。。。



という事で6回戦


6回戦
冬五段(近畿) vs 土屋七段(東関東)
Super_Ace六段(近畿) vs umigame_p七段(東関東)
N島二段(近畿) vs T口美二段(近畿)



まず入ってきたのが『S嶋四段、爆誕!!』の報


強いのは知っていたので三段はあるか…と思っていましたがまさか四段とはΣ( ̄ロ ̄|||)


おそらく小3での四段昇段ってのは小2のF地くんに次ぐ史上2位の記録なんじゃないですかね~


そして…2つのライバル対決はN島くんが勝利し、あっくんは敗れて3-3で終了との速報


これにより小学生王座もS嶋新四段が獲得となりました…勝負ごとに絶対ってのは無いんですねやっぱり('A`|||)


さらに…『冬くん、全日本チャンプに圧勝で5-1!!』との速報が


マジか(TДT)スゲェ…メチャクチャ頑張ったな!!


Fotor_153564153787924


あっくんパパが送ってくれた写真は満面の笑み!!最近こんな笑顔は家では見せる事ほとんどないですから、よっぽど嬉しかったんでしょうね~


2回の自分の部屋にいた蛍に「冬5勝やで!!入賞やで!!!!」と報告すると「知ってる」との返事


「何でやねん?連絡来たんか?」「ううん」「じゃぁ何で知ってんねん!?」との会話に蛍はニヤリと笑って「お父さんの声がデカい」とwwwワタシも相当興奮状態やったみたいです


素晴らしい結果に大満足…と思ってたら、Twitterに『全勝がじゃんぷサンのみなので決勝は1敗トップか…』との記載が


まさかの事態に慌てて5回戦終了時の結果を確認すると、その時点で冬は6位



(オイオイ…圧勝って書いてあったし…まさか決勝ある…のか?)と一瞬緊張したんですが、直後に『決勝はじゃんぷサンと1敗の末國さん』という速報


まぁそうやよな(^^;)でも3位はあるかも…と思ったんですがこれまた僅差の4位…


決勝まで7p、3位まで3pと本当にわずかな差ではあったんですが…まぁこれで累積六段にリーチですし楽しみは先に獲っておきましょう♪


第13期オセロ王座戦 最終結果
冬五段(近畿北陸) 5勝1敗 363p 第4位

Fotor_153528215809864


王座…高梨九段
小学生王座…S嶋四段
女流王座…Y中六段

入賞相当
2位:末國九段
3位:U野六段
4位:冬五段
5位:done七段
6位:newk九段
7位:みらい05五段 ※昇段
8位:W田真五段  ※昇段



ジュニア昇段者

S嶋くん  二段→四段
F屋敷くん 二段→三段
N島くん  二段→三段



まずはW田くんの昇段は素晴らしい!!そして今回苦戦した小学生に知っておいて欲しい事は…王座戦初参戦の時はF地くん、冬が2勝、W田くんは0勝だったんですよ♪


そのジュニア組は、四段昇段のS嶋くんには流石にびっくり…N島くんとF屋敷くんの三段は大したものですが、まぁ実力も十分だったかなという顔ぶれですかね~



他にも最終戦に昇段にリーチを賭けいたジュニアプレイヤーは何人か居たんですが、いずれも高い壁に跳ね返されました


ただレート変動を見てみると、2勝以上を挙げた小学生オセラーは、小学生ではNo.1のレートだったO西二段が僅かに1下げただけで後は全員上昇していますから、この強いメンバーの中では2勝の子は十分力を出し切ったと言えるんじゃないかなと思います


そして冬は…自身でも想定以上と語っていましたが、部活に勉強でなかなか時間も取れない中ホンマによく頑張った!!!


蛍は喜びながらも悔しそうな表情も見せていたので、これでまた2人ともモチベーション上がって頑張ってくれたら嬉しいですね~


次の全日本選手権の予選は中間テストの真っ最中なんですが、2人とも参加するつもりらしいので…初のW無差別代表を期待します!!!


あと…可能性は限りなくゼロに近いですが一応親子全日本選手権出場も狙いますよ(゚∇゚ ;)


冬と対局してくださった皆様、現地で気にかけて下さった皆様、運営に携わってくださったオセロ連盟親微関係者の皆様、ありがとうございましたm(__)m





例年だと王座戦は9月の第1週に行われていたんですが、今年から8月に変更


小学生グランプリからの間隔が短いのであっという間の感じがしますね~


我が家からは小6の時以来4年振りに冬が1人で参戦


引率はもう卒業なので、彼らがオセロを始めてから初の現地に行かない王座戦って事になります


本人ははっきりとは言いませんが、2回目の入賞を目指すって所が目標になるんじゃないですかね~♪


ジュニア選手に目を向けると、小学生王座争いはF地六段が参戦しないので、権利取得時小学生のあっくん六段がほぼほぼ当確デスかね(^_^;)何せメジャー大会3連続入賞中ですから…


そして今年の小学生は二段が多いので、2勝二段って可能性があるのが新潟のK林初段、近畿のT口天初段、中部のK藤子1級の3人


3人とも十分あると思います(^o^)/


さて3勝三段なんですが、これは過去のデータから見ると相当厳しい数字(-_-;)


我が家が参戦して以降、権利取得時小学生を含めても達成したのは…

第9期王座戦
53db74b2.jpg

T四段 3.5勝



第10期王座戦
IMG_4503

蛍二段  4勝※
F地四段 3勝
N良三段 3勝※
冬二段  3勝※




第11期王座戦
image
F地四段   3勝
あっくん二段 3勝




第12期王座戦
DSC_0278

あっくん三段 4.5勝
F地五段   4勝
W田三段   3.5勝※


※は中学生(権利取得時小学生)


3勝以上ってのがいかに厳しい数字かって事はよく分かるデータかと思いますし、現実は甘くはないですが…


ここで二段から昇段を決めた小学生王座権利保持者があき冬蛍の3人だってのは、関西勢にとっては追い風になるんじゃないですかね~


そして関西勢にとってもう1つ良いデータなのが…

第10期 冬蛍ダブル昇段!!
第11期 あっくん、美ちゃんダブル昇段!!
第12期 あっくん、瑛くん、M野くんトリプル昇段!!!



なんとなんと過去3年の昇段者9人中7人が関西勢(゚∇゚ ;)


今年小学生王座にチャレンジする関西の選手は…
あっくん六段
N島二段
S藤二段
O西二段
T口天初段

の5人

結論:史上最高のメンバーやし王座戦は関西ジュニアと相性の良い大会なので、今年もトリプル昇段以上、あると思います(^o^)/


みんな頑張れ~!!!!





3回戦を終わって4人が全勝で残っていた近畿勢の選手たち組み合わせはこうなりました


N島二段(奈良:小6) vs F地六段(神奈川:小5)
O田1級(滋賀:小6) vs K林二段(埼玉:小4)
T口1級(京都:小5) vs K野初段(東北:小5)
I藤1級(大阪:小2) vs I木二段(九州:小6)


いよいよか…ついに…遂にこの時が来たか……


2年半前、関西で練習会を始めた時には、参加者中唯一の有段者だったN島くん


その時のミニ大会でも決勝戦に進出していました


b665f50a


ワタシが指導者のマネゴトみたいな事をはじめてから今までの歩みは、常に彼の成長と共にありました


image



Fotor_15025502934391


2度の全国大会入賞という輝かしい実績を修め(今大会の参加者でもF地六段とN島二段とだけ!!)O西くん、S藤くん、O田くんと彼よりキャリアの浅い選手の伸びも凄まじいものがあるんですが、それでも…


Fotor_153381945178746



今回の直前練習会では6人の無差別二段が集ったハイレベルな大会で、圧巻の全勝優勝!!!


ずっと関西のトップクラスに君臨し、世代を引っ張る活躍をしてきた彼ですが、相手は史上最強小学生と言っても過言ではない実績を残している『オセロ界の至宝』F地六段


この4回戦はオセロ小学生グランプリ2017の2位 vs 3位対決になるんですが、関西の小学生ではNo.1といえるN島くんをもってしてもその実績は雲泥の差…


ってかメジャー大会決勝会進出者がOSGに出る事は今後ワタシが生きている間に2人目は無い可能性のが高いでしょうから(((( ;゚д゚)))


ただそれでも…それでも関西勢で打倒F地くんの可能性があるとしたらN島くん…


昨年の名人戦でもOSGでも対局して接戦を演じながらF地くんに敗れていた彼は、名人戦以降、この1戦に勝つために全てを賭けてきたと言っても過言ではないと思います


実績では参加者中No.2ってのも勿論あるんですが、もう一つはN島くんの圧倒的な終盤力


直前練習会のカウンティング大会も2回優勝していますし。終盤まで付いて行ければ勝つ確率は高くなってくると踏んでいました


そしてその思いがさらに強くなったのは直前のPlayOKでの練習対局


15分持ちで親が入力して子供達は盤を使って対局という我が家にとっては懐かしい方法で対局したんですが、ここでN島くんは冬と蛍に完勝の2連勝!!!


特に圧巻だったのは冬戦



Fotor_153381805506679



中盤は冬のが良かったんですが、局面をほぼ互角に戻す緩手を打った30手目以降、N島くんはなんと全手最善Σ( ̄ロ ̄|||)


オセロ合宿では最終Aリーグ残留→直前練習会全勝優勝と調子も上げてきていて、さらにモチベーションも高くて気力も棋力も最高の状態なんでは。。。


これなら…これなら可能性はある!!全国大会でF地くんに勝った小学生は、彼に勝つことを本気で目指していた子だけ…


そしてそれに相応しい努力と実績を積み上げてきた事は確かに見届けてきた…


あとは…あとは歴史を変えるだけや!!頑張れN島くん!!!!


もちろんN島くんだけではなくて、その他の子ども達の相手も東北、九州、東関東のNo.1小学生と厳しい戦い


この頃…京都順位戦ではワタシは既定路線の4連敗((+_+)) 


(負け運はこっちで全部使っておいたで(T_T) みんな…みんな勝ってくれ…)


しかし、あっくんから来たメッセージには無情にも…


『4連勝は岡田くんのみ(*_*)』


そうか………でもまだ芽はあると思ってたんですが、石数はどうなんや??


速報のHPに結果がアップされて、4連勝はO田1級を含む5人


そして関西勢の1敗組は1敗トップとは約20石差の11位以下という事に…


(O田くんは勝てば決勝トーナメントか…1敗組は…石数的には厳しいけど可能性は無くはない!!!)


さてここで全国の名だたる有段者達を差し置いて全勝の5人の中に入ったO田1級ですが、まぁ強いんですよ。。。練習会に来始めた時から独学で相当な実力を蓄えていて、ワタシは対局で1回も勝った事がありません( ノД`)


今回のメンバーで級位者が上位というのは相当難しいという意見も多かったですが、他の関西ジュニアとの戦績も考えれば、彼だけは例外と思っていたので三段、二段を倒しての4連勝にも驚きは全くありませんでした


相手は神奈川のH内初段…地区対抗戦でN島くんが勝っていますし、勝てないほどの差はないハズ…


勝てば決勝トーナメントや!!頑張れO田くん!!!!!


しかしまたも速報にて。。。


『O田くん、負け(T_T)』


さらに続いて…


『F地、H内、I木、K村の神奈川勢と九州勢が2名づつ勝ち抜け』


この時点で悲願だったN島二段の、そして関西勢からの連続決勝進出、世界選手権ユース代表は夢と消えてしまいました


…………そうか…でもまだ入賞の目はある………あとはみんな勝て!!!!


入賞決定戦となる6回戦に1敗で進出したのは…


N島二段
T口1級
O田1級
O西二段



N島二段とO西二段の相手は他地区の級位者の選手…ここは勝たないかん…問題は…


なんとなんと直接対決となったO田1級とT口天1級


京都順位戦の会場で、姉の美蘭二段と「天ちゃんって最終戦いっつもこんなんやな(^^;)去年もあっくんやったし」なんて話してたんですが、実力ではO田1級の方が上


ただ直接対決では相性は良いみたいで天ちゃんがけっこう勝ってるけど…流石にな(^_^;)


そして3度目のあっくんからの速報では…


『入賞は、S嶋二段(中部)N島二段(近畿)T口天1級(近畿)O西二段(兵庫)でほぼ確定』


『決勝はF地六段(神奈川)-I木二段(九州)』


よっしゃ!!!皆さすがや!!!!!つか天ちゃんホンマに勝ったΣ(・ω・ノ)ノ


『ぇ~じゃぁ王座戦は3人で行くの??マグレや…』なんて京都にいる姉二段は言ってましたがw


確かな実力はあるけど今年のメンバーで入賞は流石に厳しいと思っていたのでワタシもパパさんも、そして何より本人もびっくりだったらしい。。。


そして決勝戦は…ご存知の通りF地六段が3度目の優勝で悲願のユース代表に!!!練習会参加メンバーからの連続決勝を成し遂げてくれたI木二段も本当によく頑張りました


最終結果

Fotor_15336488324435


Fotor_153464338789887


O西二段 5勝1敗 7位入賞

O西ママさんから『思ったほど結果が出ず…』って連絡来たんですが…確かに期待値高かったのに早々に1敗喫してサブマリンでなんとか入賞に届いたって事で物足りなさも残りますが、冷静に考えると小学生グランプリは初参加ですしまだ小2ですからね…それでこの結果がザンネンと思わせてしまうO西くんって凄いwwwこれからも夢見させてください


T口天1級 5勝1敗 8位入賞→初段昇段

イヤ凄い…ビックリしました(^^;)昨年も一昨年も4勝トップの成績だったので「4勝トップは飽きたやろw」なんて言って激励はしたんですが、まさかホントに行ってしまうとは…勝った相手も強いですし誇れる入賞やと思います!!来年は女子最強選手となってラストイヤーに挑みましょう!!


S藤二段 4勝2敗 13位

2回戦で大きな勝利を挙げただけに悔しさの残る結果だったと思いますが、初参加から2年…サッカーと両立しながらホンマに頑張ったしホンマに強くなった!!同級生で身近に強いライバルが沢山いますから、これからも切磋琢磨していって欲しいと思います。この悔しさは王座戦にぶつけよう!!


O田1級 4勝2敗 15位

今年の強いメンバーの中で、最初で最後の小学生グランプリでしかも級位者で他地区の有力な入賞候補有段者たちを次々と薙倒して5人の開幕4連勝に名を連ねた…ってのはホンマに凄い事ですが、納得いってないやろうし満足も出来ないよな(^^;)確かに強い…けど何が足りなかったかヒントは周りから沢山もらっていると思います。悲願の昇段と躍進はもう目の前だと思うので更なる成長を期待しています


I藤1級 4勝2敗 25位

「大阪の1級は強い」それを見事に示した開幕3連勝はお見事!!昨年のグランプリの時とは別人の様に強くなっていますし、勝ち数も一つ上積みしてまだまだ強くなると思います。4年後には小2トリオが周りの尊敬を集めるような凄いジュニアプレイヤーになっているカモ…なんて想像していますが、その中でも6年連続代表の権利があるのはいちるくんだけ!!まずは昇段目指して頑張ろう!!


M野二段 3勝3敗 28位

初年度から着実に成績を上げてきていたので今年は納得は出来ない部分はあるよね。たしかに当たりは厳しかったと思います…が、その事を言い訳にはしないで欲しい。しばらくオセロはお休みと聞いていますが、それ以外の事に挑む時でも努力したから必ず結果が出るとは限りません。でも自分で納得できるまでの努力をしたかどうかが大事かと思います…また大会で1回り大きくなったM野くんに会えるのを楽しみにしています


I井2級 3勝3敗 31位

ほぼ初心者だった去年の小学生グランプリから1年間、別人の様に強くなったと思いますし、勝ち星も一つ増やして本当によく頑張りました。3敗はいずれも有段者格と言っていい相手なので、今後はそこに近づくためにという事になりますが、オセロ大好きで頑張っているのでまだまだ強くなると思います!また来年に向けてガンバりましょう


T2級  3勝3敗 33位

ファミリーオセロから約7ヶ月…まだまだ周りは強いですが初参加のグランプリで3勝して有段者にも勝てたのは自信になるんじゃないかな?まだまだ吸収することはたくさんあるし苦手の終盤のカウンティングも頑張りましょう♪


Y下2級 3勝3敗 41位

初戦から厳しい当たりで、なかなか流れに乗れなかったんじゃないかなと思いますが、仲良しの同学年2人が4勝5勝の成績だったので、きっと悔しい思いをしたハズ…その気持ちを忘れずに頑張れば、必ず先に繋が…っちゃいましたねあっという間にw(明石チャレンジカップ開始5連勝&優勝で初段昇段)オメデトウ!益々の躍進期待しています


Y師寺5級 2勝4敗 54位

開幕2試合が好調だったことで3~5回戦がかなり厳しい相手になってしまいましたが、全国大会の舞台でトップクラスの入賞者2人と当たれたというのは貴重な経験になると思います。悔しい結果だったかもしれませんが、まだ始めたばかりで伸びしろしかありませんし、センスは凄いし練習も好きみたいなので、1年頑張れば来年には中心選手になれるだけのポテンシャルはあると思います。頑張れ!!


Y村4級 2勝4敗 68位

合宿と直前練習会を通して、周りの強さや練習内容にびっくりしたり、オセロで勝つってこんなに難しいモノなんだって事が分かったと思います。初参加で初心者に近い状況から本戦2勝は立派な成績ですよ!!大会や練習会にもどんどん出て頑張れば来年にはもっと勝ちを積み上げられるようになると思います


N島二段 5勝1敗 6位入賞

最後のオセロ小学生グランプリお疲れさまでした。初めて定例会で対局してから3年、あっくん、美蘭ちゃん、A立ツインズ、僚くんと近い世代の仲間たちと競い合いながら本当に強くなった…

ワタシの事を師匠なんて言ってくれるのは嬉しくもあり気恥しくもあるんですが、私自身は1年前のグランプリ時点で充分に恩は返してくれた…素晴らしい結果を見せてくれたと思っていました。

ここから1年間は自分のための闘い…そしてその闘いの中で、ただ漠然と小学生グランプリ優勝したい、ユース代表になって世界選手権に行きたい!!という目標を口にするだけでなく、あっくんや冬蛍といったジュニアの先輩たちから貪欲に色々な事を吸収し、思う様な結果が出ない時期もありましたが、ご両親の素晴らしいフォローもあった上で本当に本当に頑張って努力を積み重ねていたと思います。

全てはF地六段に勝つために…何処に出しても恥ずかしくない、周りのジュニア達には見習ってほしいだけの姿勢であったと思いますが、それでも届かない事がある…むしろそっちの方が多いのが勝負の世界

もちろん納得は行かないでしょう…皆から送られてきた写真を見ても連盟HPを見ても全てが憮然とした表情で写っていて満足げな写真が1枚もない…

実際にこの2年間、小学生グランプリではF地くんにしか負けていないわけですし、本当に悔しかったんやろうなと思いますが、それはN島くんがこの1年それだけの事を積み上げてきた証拠だと思います。

そして1年半前に名人戦小学生の部で決勝トーナメントに進出した準決勝の前、ワタシの「満足してるか??」との問いに「ハイ!」と笑顔で答えたキミの姿はそこにはもう無い…棋力だけの事では無く、この4年間でN島くんが強くなった事が本当に嬉しいですし、この悔しさは必ず…必ず君をもっともっと強くすると思います。

チャンスはあと3回…小学生タイトル獲得に向けてまたその背中で他の子ども達を引っ張って行ってくれると思います。もっともっともっとオセロを楽しんでくれたらと願っています。本当にありがとう


そして他地区から練習会に来てくれたメンバーはI木二段が準優勝、K林二段が4勝16位、H1級は厳しい当たりながら3勝と32位と皆健闘しました!!I木くんおめでとう!


最後に………くしくも4年前のオセロ小学生グランプリで冬の前に立ちはだかったスーパー1年生が、いよいよ世界の舞台に立ちます


冬、蛍、あっくん、N島くん…


関西を代表するジュニアプレイヤー達がここまでの強さを身に付けたのは、彼がいて、彼に勝ちたい、少しでも近づきたいと思ったからに他なりません


いよいよ…満を持して、オセロ界の至宝、世界へ!!!!


3c26ef47.jpg



IMG_4334



bcc72dc7


F地六段、オセロ小学生グランプリ2018優勝おめでとう!!!


世界選手権では日本中のジュニアプレイヤーが君の対局を固唾を飲んで見守り、そして応援すると思います


世界の舞台で大好きなオセロを思いっきり楽しんで、日本のジュニア史上最高プレイヤーの実力を世界に刻み込んで来て下さい!!



↑このページのトップヘ