拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中2の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中2の双子兄。現在オセロ四段







今日の正午から、第38期名人戦の予約が始まりました♪


今回からクレジットカード決済が出来る様になったのは助かります(^_^;)なんせ今までは仕事の合間に払込に行かないと行けませんでしたからね~


申し込み画面はWebだとこんな感じ


 image



申し込みをするのにPeatixってアプリをダウンロードする必要があるんですが、そっちからの方が予約の手続きは簡単そうです


こっちがアプリ画面

image


冬と蛍は中学生以下の部と無差別の部のWエントリー


私は無差別に出ようか出まいか激悩み中…もう少し悩みます(^_^;)


宿もちょっと遠いけど格安の所をキープ


後は移動手段だけなんやけど、コスパ的にも時間的にも今回はPeach一択ですかね~


あまり安い所を探しだせなかったので、航空券はまた明日やりますが…どこで買うのが安いんですかね(^_^;)


予定通り行けば、冬と蛍は人生初の飛行機…今回はオセロよりもそっちの方がドキドキしてるかも(笑)


予約は一緒にしたんですが、冬が微熱気味なのもあって今日はオセロはせずに早寝


明日は職業体験に百人一首の大会みたいなのもあるらしいので、熱が上がらなかったらいいなぁ~






今日は1月の大阪支部定例会に行って来ました


結果は…



蛍四段

image

◯A野二段女史
◯T口天1級
◯M原二段
◯M本和二段
●M本六段
盤面4勝1敗 ハンデ3勝1敗1分



冬五段

image

◯U田二段 
●あっくん三段
●宮崎七段
◯T口天1級 
◯N島パパさん
盤面ハンデ共3勝2敗




拓初段

◯N村初段
◯N島パパさん
●M本和二段
●U田二段
◯K林二段女史
盤面3勝2敗 ハンデ2勝3敗



冬はあっくんと宮崎さんに敗れ、早々に上位争いから脱落…


昨年前半の勢いはなくて、中々トンネルから抜けられない感じで苦しんでますが、これはもう本人が何とかするしかないですからね~


蛍は開幕4連勝して最終戦勝てば優勝の目も無くは無かったんですが、M本六段に敗れて6位


盤面は2位だったんですが、T口天1級とのハンデ差22でのハンデ分けが響きました…


私はN島パパさんに拾った勝ちでハンデ負けしたり、U田二段に1石に沈められたりと安定はしませんでしたが、最終戦りとサンに初めて勝てたのは収穫でした♪


さてさて定例会は可もなく不可もなくといった結果だったんですが、定例会が終わってから二人と嫁さんと話をして、仙台の名人戦参戦を正式決定!!!


来年度は受験生なので大変ではありますが、冬は4年連続、蛍は3年連続となる王座戦出場が、まずは目標となります


2014年は小学生の部3位(冬)


2015年は小学生の部3位(冬)6位(蛍)のW入賞


2016年は中学生の部準優勝(冬)に、無差別の部W勝ち越し(冬5勝、蛍4勝)と、キャリアを重ねる毎に結果を少しづつランクアップさせていっている冬と蛍


今年の仙台決戦では、どんな結果が待っているんでしょうか??






5回戦
冬五段(大阪) vs S山二段(愛知) 
蛍四段(大阪) vs S藤二段(大阪)
拓初段(大阪) vs 虹色二段(大阪) 


蛍のお相手はS藤二段


デビュー当初は得意としていたものの、その後苦手になっていたS藤くん


レート対象大会では2014年は2勝0敗、2015年は0勝2敗、そして2016年は対戦なし


大会では久しぶりの対局となったんですが、これに完勝!!


最終戦に勝ち越しを賭ける形となりました


冬のお相手はS山二段


オセロまにあで打ってもらっていた頃は歯が立たない印象だったんですが、あれから約2年…生オセロでの初対戦は、段位もランキングも格上となって実現しました


対局はFJTから中盤までは優位に対局を進めたんですが、一手の悪手で局面を互角に戻すと、そこからズルズルと不利に…


終盤も2石損と粘ったんですが、S山サンに完璧な打ち回しを見せられ10石差の敗戦


成長したところを見せたかった所なんですが及ばずで、これで上位争いからは脱落となってしまいました


そしてここまで1敗と好調の私のお相手は虹さん(((( ;゚д゚)))


はいオワタオワタ…と思いましたよ…なんせ前回の対局となった1年前の京都順位戦では、残った石はたったの4石(´;ω;`)


伏石に勝ったんですが、どっちの色を取っても一緒だと思ったので引き分け勝ちを選択


対局は快速船からいつもの変化…以前にあっくんとの練習対局を見ていた虹さんは織り込み済みで、あえて最善を外してきたんですが、その手もリバーシ大戦でよく打たれる手だったので、序盤は互角に進行


その後も有利な自覚はなかったんですが、中盤には有利だったみたいで、ここ打たれたらほぼ詰む…なんて局面もあったらしい(((( ;゚д゚)))


そこで私がその手を打てなくて、大きく息を吐いた虹さんは「これでも互角ぐらいなんだよな~」と…


正直そこからどのように進めたらいいかわからなかったんですが、終盤には厳しいなぁ…と思っていました


ある程度終局の見通しが見えてきて、惨敗は無いというのは分かったんですが、最後連打されるのでこれは足りない…やっぱりそうなるよな…


そして最後は虹さんの3連打…負けた…と思ったんですが、なんと盤面はドロー


数え直してもやっぱりドロー…なんですが、この時には分け勝ちを持っていたことをすっかり忘れていました


盤面引き分けを確認してから対局カードを見て、自分が分け勝ちの権利を持っていたことを確認


か………った?


勝った?マジか??勝っちゃった(つд⊂)ゴシゴシ


しばらく状況が呑み込めなかったんですが、これで5回戦を終わって4勝1敗と勝ち越しを決めてしまいました…


そして全対局が終わって、さらに驚くべき状況を確認



5回戦終了時

拓 4勝1敗
冬 3勝2敗
蛍 3勝2敗



なんとなんと…最終戦を前にして拓冬蛍の3人の中でワタシが最上位!!!


これには冬と蛍も苦笑い(^_^;)流石にこんな事になるとは誰も想像していなかったよなぁ…




6回戦
拓初段(大阪) vs T木三段(岐阜)
冬五段(大阪) vs 蛍四段(大阪)



6回戦のお相手はT木三段…そして最前列の3番テーブル(((( ;゚д゚)))


今まで勝った事はないんですが、1年前の兵庫オセラーズカップで、残り数個空きまで勝ってた…なんて対局をした事があったので、可能性はゼロじゃないよな…


せっかくここまで来たんやから、集中して最終戦に挑もう…そう思っていました


他の対局は誰と誰が当たっているのかも全く把握していなかったんですが、対局が始まって少ししてからふと気になって後ろを見ると、冬と蛍、そしてあっくんとI田くんのジュニア4強がそれぞれ勝ち越しを賭けて直接対決


この4人全員と同じ大会に出て、最終戦で全員よりも上のテーブルに座ってるなんて改めて凄い事やよな(^_^;)


この先もう二度とないかもしれないし頑張ろう。。。そう思って再度自分の盤面に集中


対局はリーダー最善からT木さんの+2変化


明石チャレンジカップのA立ツインズとの対局が2局とも同じ形になって、その直後に違う手を打ってきた事もあってこの序盤は何度も見直していたので、中盤までは不利にならずに進行してたんじゃないかなぁ…


棋譜が再現出来てないので分かりませんが、感覚的にはやや有利かも…と思っていました


ところが、中盤の辺の捌き方がマズかったらしくて、終盤にはどうしようもない形に。。。


結局最後は22石差で敗れたんですが、4勝2敗の好成績で全対局を終えました


その後兄弟対決を見に行ったんですが、盤面は明確な蛍の勝ち局面


image


結果は蛍の完勝!!これで昨年は苦戦した冬戦を年末年始にかけて連勝


レート対象大会での対冬連勝は、2015年春以来約2年振りという事なので、かなり久しぶりという事になりました




最終結果
蛍四段 4勝2敗 +88 4位
拓初段 4勝2敗 -24 10位
冬五段 3勝3敗 -2 14位



蛍は序盤に高段者に2敗したものの、その後3連勝で終わってみれば4勝トップの4位で、2大会ぶりにあっくんからジュニアトップを奪還(^_^;)


私は初戦黒星からまさかまさかの4連勝で、昇段した大阪盤聖戦以来1年ぶりとなる無差別大会勝ち越しなんですが、前回は有段者から2勝だったのが、今回は全ての勝利が対有段者ですからね~


満足感は今回の方が大きかったです♪


冬はブロックの大会としては1年ぶりに勝ち越しを逃すという厳しい結果となりました


そして今年の目標なんですが…


自己最高レートの更新だった私なんですが、年始の大会でいきなり目標達成しちゃいましたww


欲を言えば1000に一度でも到達とも書いたんですが、5回戦終了時点でも1000には僅かに届かずだったので、今後はそこが目標になるかな…まぁ次のレート対象大会で初戦勝てば多分届いちゃうんですが(汗


冬に追いつくことが目標の蛍はレートを上げて自己最高を更新し、初の1300到達で冬に肉薄


ただ冬が落としての結果だと意味がないと言っていたんで、ここから二人で競い合いつつレート上げていきたい所ですかね~


そしてレート対象大会勝率7割だった冬は、いきなり大きなビハインドとなりましたが…明日は昨年抜群の好成績を残した大阪支部定例会ですし、2016の年間表彰が予定されていてMVPの表彰もしてもらえる筈なので、そこから新規一転頑張って欲しい所です


チャレンジテストが終わってから、学年代表に選ばれた(本来は2人とも代表クラスやけど、同日にある職業体験の兼ね合いで冬だけらしい)百人一首の練習に熱が入っていてオセロはあまりしていませんがww


image



違う脳を使ったおかげで意外とオセロも好調かもしれませんww






2回戦が終わった時点で、お1人の方が急に仕事が入ったとかで帰られたので、人数が奇数になり不戦勝が出る事に


それを聞いていた名古屋オープンから8連勝中のあっくんは「不戦勝でるんか~」と言った後にボソッと小さな声で「でも…俺には関係ない…」


かっけ~.。゚+.(・∀・)゚+.゚いつか無差別大会でそんな事言ってみたいなぁ。。。




3回戦
冬五段(大阪) vs T口美二段(京都)
蛍四段(大阪) vs ぷふぁ鉢三段(兵庫)
拓初段(大阪) vs N島初段(奈良)



3人共が1勝1敗だったんですが、小学生オセラーとの対局となった冬と私に対して、蛍の相手は鉢サン


六段格との連戦…しかも勝ったことの無い相手との連戦と厳しい当たりで、今回も及ばず('A`|||)


これで上位争いからは脱落となってしまったんですが、しっかりと振り返りもしてもらっていましたし、得るところの多い対局だったんじゃないですかね~



●蛍四段
○ぷふぁ鉢三段





上図の局面で先にa2の余裕手を放出したのが良くなかったとかで…先に上辺の2個空きに白に打たせてからa2b2と打たないと偶数に持ち込まれてしまうってな事を教えてもらったらしい(´・ω・`)ワタシニハヨクワカランガ…


キャプチャ



この日鉢サンは6戦中5戦ジュニアとの対局だったので、何度もぷふぁ鉢先生のオセロ講座が開催されていました♪私たちジュニアの親としては本当に有難い話で…いつもありがとうございます(*^^*)


さて一方の冬はT口美二段との対局


美ちゃんも相当強くなってるんですが、ここは地力に勝る冬が完勝し順当に2勝目


そして1番実力の拮抗している相手と当たったのがワタシ…


ここ最近のN島くんとの対局は1戦毎に勝敗が入れ替わっている感じなんですが、直近は偶然当たったリバーシ大戦の対局でフルボッコに(; ̄Д ̄)


その時もその前の対局も確か白やったよな…と思って今回は黒を選択し、リーダーから最善で進行したんですが、N島くんが覚えていると思われる範囲を外れた直後に緩手があり、以降中盤は優勢に対局を進めます


(これは勝てそうやな…)と思っていたんですが、終盤に壮大な勘違いをやらかして悪手を打ち、頭真っ白顔面蒼白にノ( ̄0 ̄;)\


負けた…と思って「あ~・・・やってもうた」って言っちゃったんですが、それも読み違いww



勝ち筋が残っていて8石差の勝利…あっくんに「やってもうたって言いながら普通に勝ってるし」ってツッコまれちゃいました(汗


そしてN島くんからは局後「どこが悪かったですか??」って聞かれたんですが、終盤の自らの大チョンボで頭真っ白になっていたのもあって「ごめん!覚えてない」と即答(^_^;)ゴメンネ


一応対局が終わったら毎回再現は試みるんですが、チャレンジしたもののやっぱり再現できませんですた(汗


N島くんが再現した棋譜をちょっとだけは見たんですが、もう一度見直してみたい対局ではあるんですけどね~




4回戦
冬五段(大阪) vs ぷふぁ鉢三段(兵庫) 
蛍四段(大阪) vs U田二段(大阪)
拓初段(大阪) vs K井初段(大阪)



冬は兄弟連戦となる鉢サンとの対局


兄弟連戦になって2人共が負けるってことは最近はほとんどないですし、このパターンがかなり嫌だってのは私も明石チャレンジカップのA立ツインズ連戦で経験していたので、もしやと思って期待はしていたんですが、見事に番狂わせ(゚∇゚ ;)


これで鉢さんnewkさんのランキング上位のお2人との対局を終えて3勝1敗ですから、上位進出に希望の持てる形となってきました


蛍は苦手のU田二段との対局だったんですが、互角の状況で終盤に突入すると、そこからほぼ完ぺきな打ち回しを見せて14石差で勝利!!


そして私は2勝最下位だったので、1勝トップのK井初段との対局に


最近相性が良くてほぼ負けてない印象だったので、当たりとしては恵まれたと思ったんですが、黒を持たれると今までバッファローにヒラメに蛇に暴走牛とまぁいろんな定石を打たれてきていたので、ここも黒を選択


中盤優位に立つも一手間違えると大負けしそうな局面になったんですが、何とか6石差で勝ち切って、4戦全て有段者と当たりながら早くも3勝目Σ(・ω・ノ)ノドウナッテンダ??


4回戦は3人揃っての白星という形になりました♪


4回戦終了時点で不戦勝を無くすために運営のU野三段が抜けるって話になったんですが、もうこの時点で想定していなかった好成績だった私は「不戦勝が無くなるのか…でも…俺には関係ない…」とは言わずに「何なら僕が抜けましょうか~?次絶対強い人と当たるし、もうお腹一杯なんで。。。」なんて情けないことを言ってたんですが、当然認めてもらえるはずもなくwww


いよいよ大会は後半の5回戦に突入します


………vol.4に続く





第10回京都順位戦
日時:平成29年1月8日(日)
会場:京都市醍醐交流会館 第3会議室
スイス方式6回戦 石差制 引分け無し
持ち時間20分 秒読み無し




1回戦
冬五段(大阪) vs newk九段(大阪)
蛍四段(大阪) vs N村初段(大阪)
拓初段(大阪) vs N森六段(奈良)




まずはワタシですが、1ばんてーぶるぢゃなかったけど初戦からすりっぱ六段との初対戦('A`|||)


黒持ちでリーダーから、すりっぱサンは今までに何度か打たれた事の有る白の変化を選択


これなら前に打たれたこと有る…その時は検討もしたはずなんやけど…覚えてないwww


てな事で早々に未知の展開になって、中盤まではある程度頑張れていたと思うんですが最後は40石差の大敗


蛍は一度も…冬も2年くらい勝てていないお相手ですからまぁ当然の結果ですね~(ToT)


蛍は地力に勝るN村初段との対局を快勝


そして…1回戦で1番テーブルに座ったのはなんと冬(((( ;゚д゚)))


昨年の最後と今年最初の対戦相手がnewkさんという事になりました


前回優勝の時は蛍が金星を挙げた影響でうまく対戦を避けたんですが、今回は初戦からの激突…いきなりの大一番を迎えます


まぁ(((( ;゚д゚)))ってなっていたのは私だけで本人は大喜びだったんですけどね~♪


自分の対局を終えて見に行ったのがこの局面


image



残り時間も余裕はあるし、悪くないのか??と思って見ていたんですが…


中盤は8石位勝っていて、この盤面でも+2という状況だったんですが、連続金星とはならず、最後は10石差の敗北


「拾った~(^_^;)」って言われてたんですが、やはり簡単には勝たせてくれませんね~


社会人になると関西を離れる予定というnewk九段はこの大会が関西最後の大会になる可能性が高いそうで…この年末年始に2人とも当たれて良かったなと


3年前のゴールデンウィークに初めて兵庫の大会でご一緒した時、小学生だった冬と蛍は(九段の人や。。。)とキラキラした目をしてnewkさんの事を見ていました


そしてスーパーリーグを制したその時に飛び出したメジャー優勝宣言と、有言実行の全日本選手権制覇!!


あの時からnewkさんはずっと彼らの中では憧れでヒーローで、多面打ちにも足を運びましたし、同じ大会に参戦する事が分かると家で大喜びしていました♪


大会で対局していただく事冬は9回、蛍は4回


自らが力を付けて行くに従って、憧れの存在から「一度は勝ちたい!!」という目標になって行きました


そして、四段と五段となった昨年、遂に2人とも念願の初勝利!!


今後は中々対局の機会は無くなるかもしれませんが、いつかまた大きな舞台で対局してもらいたいですね~


newk九段、今までたくさんの対局やご指導、アドバイス本当にありがとうございました



2回戦
冬五段(大阪) vs T田氏(兵庫)
蛍四段(大阪) vs N森六段(奈良)
拓初段(大阪) vs N村初段(大阪)



2回戦、冬は前回の順位戦にも参戦していたT田氏にきっちりと10石差で勝利


そして私と蛍はそれぞれ1回戦で対戦したお二方と親子連戦となりました


まずは私ですが、一時期N村さんには続けて勝てていた時期があったんですが、ちょうど1年前の順位戦で敗れてからはずっと勝てずに4連敗位していて、かなり苦手意識が有りました


昨年はベルグタイガーを打たれて動揺したのを覚えていたんですが、今回は黒やし…と思っていたらN村さんの選択はイエス流Σ(・ω・ノ)ノ


マジか…と思ったんですが、その直後



●拓初段
○N村初段





ここでの着手は最善のf4だったんですが、N村初段はd4の石を返し忘れます


本来ならこうなるんですが…







実際の盤面はこうなりました






(これは…どうなんだ??)


普段なら優劣の判断が難しいのでほとんど指摘するんですが、この局面では黒F6がかなりよく見えたので、悩んだ末に返し忘れを指摘せずにF6に着手


この判断は間違っていなかったようで、白f4は-4のbookなんですが、d4返し忘れの盤面はこんな感じ


返し忘れ



結局このまま優勢を保って快勝し、とにもかくにも2017年初勝利♪


この日は他にも返し忘れがあったり時計の押し忘れがあったりでN村さんチトお疲れだったみたいで、ラッキーな勝ちでした。。。


そして蛍はN森六段に完敗…近畿北陸ブロックの高段者であと勝ててないのはすりっぱサンだけなんですけどね~中々勝たせてもらえません('A`|||)


これで午前中は終了…3人共に1勝1敗というスタート


私はまぁ上々のスタートなんですが、共に高段者に敗れた冬と蛍は、上位を狙うにはもう負けられないという状況になりました


………vol.3に続く



↑このページのトップヘ