拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ二段

冬…高1の双子弟。現在オセロ五段

蛍…高1の双子兄。現在オセロ四段







決勝戦

晃冬蛍(大阪) vs 麻布学園A(東京)


決勝に挑む両チームのメンバー


【麻布学園A】

T見澤五段
あっくん・冬と一緒に天才キッズに出演した麻布オセロ部のエース

N村五段
中学生名人・高校生名人の二冠を達成

S治五段
麻布オセロ部部長で今年の名人戦で五段に昇段

※第1回オセロ甲子園準優勝・第2回オセロ甲子園優勝(3回とも同メンバー)



【晃 冬 蛍】

あっくん七段
現無差別名人&王座&中学生名人 元世界ユースチャンプ&世界2位 近畿の誇る不動のスーパーエース

冬五段
全日本フリーの部優勝、王座戦入賞相当2回など、小学生から現高2の黄金世代を引っ張ってきた双子弟

蛍四段
現世界チャンピオンの小学生三冠を阻んだ元小学生王座。全日本フリー準優勝。現役の高2世代で最初に四段になった双子兄


決勝戦前の作戦会議冒頭…

Fotor_156558216729322

「ボクは絶対T見澤くんとやりたいです!!」

「(当然やわな…負けず嫌い王のあっくんがこのままでいい訳がない)うん。作戦は予選の時と同じや…T見澤くんとあっくんをぶつける」

「T見澤くんのオーダーは①①③②…S治くんに聞いたら予選の時は彼はあっくんと当たりたいって言ってたらしい…終盤問題を仕掛けると」

「また1番手の可能性もありますかね?」

「でも決勝戦やからな…負けたら次はないし、麻布中みたいに裏をかいての三番手かも…」

「逆にここでは冬とN村くんは当てたく無い気もするな…絶対勝ちたいって思ってるやろうし…」

「………どうする………どうすれば………」

「………う~ん………」

「いっその事、小細工無しで行くか…」

この小細工無しで…というのを最初に言ったのはあっくんパパやったと思うんですが、それを聞いてメチャクチャ迷っていた気持ちが何故かスーっと落ち着きました

(そうか…オーダーが外れたら少なからずメンタルにもダメージもある…ならば…)

「どう転んでも、結果がどうなっても……1番後悔しないのは真っ向勝負やで!?」

しばしの沈黙の後、無言で頷く3人………

「よし…それでいいか??」

今度は3人ともがしっかりと頷きました

「じゃあ小細工無しで行きましょう!!」


キャプテンのあっくん、そして冬蛍、参謀で加わってくれたあっくんパパにT口パパ、そして監督のワタシ…


チーム晃冬蛍の全員で出した最後の作戦は…小細工無しの真っ向勝負!!!

Fotor_156558219355030


(さて…最後の仕事やな)

オーダー表をキャプテンが提出した後、私はメンバーを集め口を開きました


「………麻布オセロ部は強い………」

「相手は昨年のチャンピオンで、こっちは予選でも負けてる…」

「でもな………一度負けた相手にまた負けるか??」

とたんにみんなの表情が厳しく引き締まります

「負ける訳にはいかんわな。。。」

力強く頷く3人…

「よし…相手は去年のチャンピオン、こちらは挑戦者…」

「そして、オーダーは小細工無しの真っ向勝負や!」

「気持ちは冷静に…そして指し手は熱く…」

「真っ向勝負で……」


全力で叩き潰せ!!!!」


普段はいつもニコニコしていたり、あまり気持ちを表に出さなかったり、シャイでちょっと不愛想だったりするこの3人


しかしその奥底にはいずれも負けず嫌いで、熱い気持ちが滾っている事を私は知っていますから…


その彼らに対して、必要以上に緊張させず、かつモチベーションに火をつけるような言葉を選んで、精一杯の想い…私だけじゃなく応援してくれている皆の思いも乗せて最後の指示を伝え、送り出しました


後から考えるとちょっと乱暴な言葉のセレクトになっちゃいましたケド(・・;)まぁ良しとしよう(汗


そして発表になった組み合わせは…


あっくん七段 vs T見澤五段
Fotor_156559372012133


冬五段 vs N村五段
Fotor_156559376545192


蛍四段 vs S治五段
Fotor_156559388577133


まさに双方小細工無しのガチンコ勝負で決着をつける事に


がんばれ…あっくん!

がんばれ…冬!!

がんばれ…蛍!!!


決勝戦はLive Othelloで対局の様子を見る事が出来たんですが、冬 vs N村五段の対局が中継が途切れてたので、蛍の対局を見る事に


Fotor_156562075862223



見た瞬間に厳しいんやないか??と思ったんですが、そこから盛り返して来たような…と思っていた所で、その報はT口パパから突然もたらされました

「冬くん、確勝局面です。圧勝ですよ!!」


●冬五段
○N村五段



中高の名人を獲っているN村五段ですが冬とは相性が悪くて、以前に麻布学園オセロ部ログに「一度位は勝ちたい」と書いていた程の因縁の相手……


それだけに並々ならぬ決意で対局に挑んでいるやろうし、苦戦は必至…と思っていただけに、にわかには信じられなくて、私の所から盤面も見えなかったんですが、冬の表情を見て勝利を確信



(勝った……あっくんは??)


あっくんの対局は1番テーブルで盤面が見える所だったんですが…


●T見澤五段
○あっくん七段



(これは…凸型連打になる…間違いなく…間違いなく勝つ!!!)


対局が終了した瞬間、あっくんパパとガッチリと握手


やった…優勝!?後は……


蛍、勝て!!!


この日唯一麻布勢に勝ちの無かった蛍


●蛍四段
○S治五段



終盤有利な局面から一瞬互角…分け勝ちは相手やったんで敗勢にはなったんですが、それを読み切るだけの残り時間はS治五段には残されていませんでした



勝った………やった………やりおった………


完全優勝や!!!!!!!!


この瞬間、チーム晃冬蛍の面々は喜びが爆発(^o^)


歓喜の輪が広がる中、戻ってきた選手達をハグして、そこかしこで握手また握手そしてガッツポーズの嵐


まぁ正直記憶が途切れ途切れで、どんな形で表彰式に向かったのかもよく覚えて無いんですけどね(^_^;)



最終順位
Fotor_156562315844716


表彰式
DSC_0358


DSC_0361


3位の土浦第一高校チームと
DSC_0365
全勝賞はN良五段と冬五段


記念撮影①
Fotor_15648256975156


記念撮影②
Fotor_156562423610625


優勝賞品&参加賞
Fotor_156562431074055



みんなで勝ち獲ったこのオセロ甲子園の優勝は本当に嬉しかったんですが、同時に翌日のオセロ小学生グランプリ2019に挑む関西勢に勢いのつく結果になったというのも私としては非常に嬉しかったですね~


長く関西ジュニアの目標となってきたこの3人が優勝した事には、今後の関西ジュニアの更なる発展やオセロ甲子園をより盛り上げていく上でも大きな意味がある…


意味のあるものに出来るように頑張らないといけませんね


こうして、ドリームチームで挑むおそらく最初で最後となる全国学校対抗オセロ選手権【オセロ甲子園】は幕を閉じました


色々と大変な事のある中で、全国学校対抗オセロ選手権の開催と運営にご尽力いただき、中高生に活躍の場を与えて下さった日本オセロ連盟関係者の皆様に、この場を借りて感謝申し上げます


そして…麻布学園オセロ部の皆さん


今大会を通しても、対局が終わると顧問の村上 健九段の教えを請い、しっかりと対局を振り返る姿を見て、麻布オセロ部がここまで次々と強い選手を送り出している理由を垣間見た気がしました


今回は紙一重で勝つ事が出来ましたが、ほとんどの選手が中学からオセロを始めているにも関わらず、中高のオセロ界を席巻しているその強さは間違いなく本物でしたし本当に素晴らしかった。


今後も中高のオセロ界をリードし、オセロ甲子園での大活躍も続く事になると思います



最初にも書きましたが、何よりまだまだ参加者も少なく発展途上のこの大会に、部内の対局が多くなるにもかかわらず、最高の中学生チーム、高校生チームを送り出してくれた事に、心から感謝申し上げます


ワタシもジュニアの育成を担うスタッフの一人としてまだまだ力不足ではありますが、中高生になってもオセロを楽しんで、麻布オセロ部の皆さんを目標にオセロ甲子園に挑んでくれる子どもたちがより増えていくように、近畿北陸ブロックで尽力していきたいと考えています


そして最後になりますが、【チーム晃冬蛍】を応援して下さった全ての方に感謝申し上げます


本当にありがとうございました


第3回全国学校対抗オセロ選手権

チーム晃冬蛍:4勝1敗 優勝
あっくん七段:4勝1敗
冬五段   :5勝0敗 全勝賞
蛍四段   :3勝2敗






3回戦を終わって、麻布学園Aと麻布中学校の全勝対決は麻布学園Aが2-1で制し、単独全勝へ


そして順位は… 


DSC_0351


2位なんで決勝進出に一番近い所にいますが、直接対決はもう終えているので麻布学園がAvsBの同門対決


晃冬蛍は4位の麻布中学校との対局となりました


Fotor_156541766456772



さて大事な大事な作戦会議…なんですが


前戦のTUBEチームの予想大外れショックがあって私の思考は法崩壊気味(笑)


「これ分からんなぁ~どうしたらええねん??ウチのチームもTUBEみたいに前戦から1コずらしたオーダーで行くか??」

「カントク…読みがテキトーになってますよww」

「アカンアカン…大事な試合やもんな。。。真面目に考えんと」

麻布中学校も晃冬蛍やTUBE-OSG-OBと同じチーム構成で、王座戦で昇段して絶好調のN瀬四段がエースで、実力者の三段2人が脇を固めるという布陣

という事は、エースのN瀬四段をあっくんで潰すというのが勝つ確率が高くなる…しかも対戦成績3-0と相性もいい

「これ難しいけど…N瀬くんは今までは1~2番手にしか行ってないねんな。。。」

「その通りに来るか裏をかいてくるか…」

「どうする…キャプテン」

悩んだ末に今までN瀬くんが3番手に行っていない事を重視して、1番手あっくん・2番手冬という布陣にしたんですが…



①あっくん七段 vs M根三段
②冬五段 vs K原三段
③蛍四段 vs N瀬四段



またも采配は不発(´・ω・`)ショック


「…どのみち勝たな次は無いんや。行こう!」


と言って3人を送り出してから気付いたんですが…次戦晃冬蛍が勝った場合


※麻布Aが勝つ…単独3勝
※麻布Bが勝つ…麻布A・Bとも個人勝ち数の最高8で、晃冬蛍の最低の9を越えない



って事で勝ったら100%決勝進出だったんですが、その事が試合前に分かっていなかったのが、かえって良かったのかもしれません


結果はあっくんが早々にしっかりと勝ちを決めたものの、冬蛍とも遠めに見るとやや盤面が重いように見える…


と思ったのはワタシの棋力不足だったようで、実際には冬はほぼスキのない内容だったみたいですね~(^^;)



Fotor_156544666350079



「蛍くんはちょっと厳しそうやけど、冬くんは多分大丈夫です!」とあっくんが報告に来てくれて、まずは一安心


「麻布の対局はどうなんですかね??」とやはり気にしていたので「気付いて無かったけど、個人勝ち数の関係でどうなっても勝ったら決勝進出は大丈夫やねん」って伝えるとスーパーエースも安堵の表情♪


結果は蛍は敗れたものの、2-1で昨年3位の麻布中学校を撃破!!!


…………遂に………遂にここまで来たか(-_-;)


そして、4回戦を終了しての順位発表で…


Fotor_156544797464770


何と3位決定戦は、前戦下位と当たっていた土浦第一高校とTUBEチームで争われることに


この結果…

・決勝に初めて麻布以外のチームが進出
・3位までの入賞に麻布チームが1校のみ
・全勝賞の対象から麻布オセロ部のメンバーが消える


この3つの事が確定するという結果に



(これは…最終戦、麻布Aチームは意地でも勝ちに来る。。。ホンマに最後の大一番になるで…)


いよいよ最後の決戦…いざ、刻は来たれり!!!!



2回戦を終わって…


 Fotor_156539318843160


厳しい状況にはなったもののここまでは想定内


初戦3-0と2回戦の冬の1勝が大きい


ここからはチームとしては負けられないのはもちろん、順位の決定においては個人勝ち数>石数なので、なんとか3勝を上積みしたい所


3回戦
晃冬蛍(大阪) vs TUBE-OSG-OB(愛知)



相手は初戦でOSG-OB同士の対決を見事に制しい勢いに乗るTUBEチーム


作戦会議の冒頭…


あっくん「ボクはF屋敷くんとやりたいです!!!」


やよな(^^;負けず嫌い王のあっくんの事やからそう言うと思ってた


というのは直近の名古屋オープンの対戦で負けてるんですよね~


そして、チームとしても似ているTUBEチームと晃冬蛍…強いエースを筆頭に実力者で脇を固めている構成で、個々の力では上回っているので、3‐0を獲れる確率はおそらくエース同士をぶつけるのが一番高い


「TUBEチームは1回戦・2回戦とも全く同じオーダーやわ…①M川②F屋敷③H本」

「動かしてくるかな??」

「F屋敷くんの性格的には動かしてこない気がする…5戦ともこのオーダーで行く!!位腹決めてんちゃうかな?」

「確かにな…ただ、前回もAOBちゃんとか冬と対戦したいって1番手来たから、F屋敷くんがまたあっくんと打ちたいって思う可能性も捨てきれん…」

「よし…じゃぁオーダー変えないと読んで2番手あっくん。んであっくん2回戦とも1番手やから、あっくんと打ちたいならF屋敷くんは1番手来るからここに冬を置いて3-0獲りに行こう…蛍も直近F屋敷くんに負けてるしな…」


力的には上回っているのは間違いないんですが、前回も同じ状況で新潟チームに負けていますからここは慎重に…


あっくん、N島くん、S村くんを負かしたF屋敷くんの名古屋オープンでのインパクトには凄かったし、直近負けてる蛍の不調ってのも頭にありました。なんせ今年レート対象大会の勝率5割切ってるんで。。。


そしてオーダー発表


①冬五段 vs H本初段
②あっくん七段 vs M川初段
③蛍四段 vs F屋敷二段



見事なまでの大外れwwwwwwww


「。。。。オーダーなんか関係ない(^_^;)ここは全員勝たなあかんw」


なんて無茶な事を言って3人を対局に送り出しました


拓「これはちょっと…どういう事なんか全く読めん」


あっくんパパ「やられましたね」


田口パパ「たぶん策を練ってるのH本パパかなぁ?策士やわ…」


拓「終わったらどういう意図のオーダー編成なのか聞いてみましょうか」


さて肝心の対局の方なんですが…M川くんはオセロ自体久しぶりと聞いていたものの、あっくん相手に善戦していましたが順当に勝ち


そして冬


●冬五段
○H本初段





対局を一緒に見ていたT口パパ


「ドSやわ……全然カワイくない(^^;)」


人のお子様を捕まえてなんてこと言うんでしょうかね全く…マァ私もまったく同じ感想でしたが(笑)


ちなみに48手目f8打って来たら、左下最後連打になるって事その時点で見えていたらしいんですが。。。私レベルではちょっと理解できないwww


そして最後に残ったのはやはり、蛍四段 vs F屋敷二段


Fotor_156540028903098



●蛍四段
○F屋敷二段





………ツヨイ(-_-;)


最後の詰め方を見ていてえげつないなと…ちょっと蛍の事を見くびってましたね


戻ってきた蛍に「不安…みたいな事言ってスイマセンでしたぁ~!!」って言ったら苦笑いしていましたが、何はともあれここで3-0で勝てた事で決勝進出に向けてかなり前進!!という事になりました



試合後H本パパさんにオーダーの真意を聞いた所、横にいたH本君が笑顔で


「1・2回戦のオーダーを何となく上に1個づつずらしただけデス」


………マジか(笑)指揮官としては完敗や(^_^;)



さぁいよいよ甲子園の熱闘は佳境…運命の4回戦へと突入していきます





2回戦
晃 冬 蛍(大阪) vs 麻布学園A(東京)



共に3-0で圧勝のスタートとなった優勝候補の2チームが早くも2回戦で激突


まぁこれはしょうがないですよね…順当に行けばこうなるってのは予測していましたから


ここで勝てば当然決勝進出をぐっと引き寄せる形に


一方負ければ後が無くなるという大事な一戦


今年の麻布Aは強い…もしかしたら2年前のチームよりも強いかも…


そんなプレッシャーもあったので、テンパったワタシはこんなことをやらかしてまして(^^;


時間は遡る事開会前…


会場に来られた麻布学園オセロ部の顧問、村上九段にご挨拶に行った時の事


お話をさせて頂いたなかでワタシは村上さんにこんな事をブチ上げました


「私は…言葉に出す事でそれが運を引き寄せると信じているので、失礼を承知で言わせて頂きます」


「今日は………麻布を止めさせて頂きます!!」



冷静に後で考えると何てムチャクチャな(^^;)と思いますが、たぶんテンション上がりきってたんやろうな~と(滝汗


実際なぜにこんな無茶な事を言ったかというと、たぶんこの麻布学園Aチームとの対局にかなりの危機感を覚えていたからやと思うんですよね~


チームの平均レートでは上回っている物の、それはあっくんのレートが高いからであって、レート的には冬でトントン、蛍は段位的にも成績的にも格下というのは数字を見ても明確で、3人との対戦成績も1勝3敗


麻布チームに勝つには最低限冬と蛍のどちらかが勝つ必要が有る訳で…


という訳でオーダー決めの作戦会議も熱を帯びます


Fotor_156532176028756


「前の試合は①T見澤②S治③N村か…」

「S治くんは知将のイメージあるし、そんなに素直には来ない気がする」

「向こうだってこっちに拓さんがいて色々考えて来ると思ってるやろうし…」

「冬自身は打っててN村くんに相性の良さは感じるんか??」

「イヤ…たまたまやと思う」

「1回戦素直に行ったから、逆にボクを2〜3番手に置いてくると思うかも…」

「確かにな…よっしゃ!それで行こう!!」


白熱した議論の末に決まったチーム拓冬蛍のオーダーはこう


①あっくん七段
②蛍四段
③冬五段



T見澤五段が1番手に来ると読んだオーダー編成でしたが、相手は…


①T見澤五段
②N村五段
③S治五段



よっしゃ!読み通り!!!


オーダーが読み上げられた瞬間にキャプテンとグータッチしていよいよ2回戦開始


メジャー大会ではいつもの事なんですが、途中緊張感で見ていられない感じになって一度は退出しようと思ったんですが…


(アカン…今回は保護者やなく監督やからな。。。見届けんと汗)


結果は…冬が勝ったもののあっくんがよもやの敗戦


1-1となって最後に残った蛍 vs N村五段の対局に勝敗は委ねられることになったんですが…


これ分からんぞ…際どい…もう時間もない…


そして終局


29、30、31、32…ドロー!!??…分け勝ちは??


2回戦結果
晃冬蛍 1-2 麻布学園A

あっくん…負け
冬…勝ち
蛍…分け負け(´;ω;`)


さすがに落胆した様子で帰ってきた3人


あっくん「あ~…勝ってた~」


●T見澤五段
○あっくん七段(分勝)




蛍「………勝ってた(-_-;)」

●蛍四段
○N村五段
(分勝)



冬「マジで(笑)俺負けてた(^_^;)」

●冬五段
○S治五段





それぞれが敗着を打った局面…これもオセロの面白い所なんですが、時間が無かったとは言え蛍の敗着は3個空きですからね。。。


内容は紙一重ですが結果は雲泥の差(-_-;)


一気に負けられない厳しい状況へと追い込まれてしまいました






実は…ジュニアオセラーの聖地、BANDAI本社に入ったのはこの日が初めて 


オセロ小学生グランプリは毎日新聞本社、オセロ甲子園は麻布学園で開催された時に出場しているので。。。


初めて甲子園に足を踏み入れたって感じやったのでもっといろんな所写真撮っとけばよかった((+_+))


まぁ実際にはそんな事は全然考えつかないほど緊張していたワタシ


なんせ今回は監督ですからね…しかも一度経験しているのでその重要性も分かっています(-_-;)


他のチームも続々と会場入りしてきましたが、中でも気合が入っていたのが愛知県から参戦のTUBE-OSG-OBチーム

DSC_0343


おおぉぉぉぉ!!カッコいい(^^)/


今回は三段格のF屋敷二段をチームリーダーに、M川初段とH本初段で脇を固めた中学生の好チーム


翌日のオセロ小学生グランプリに日頃切磋琢磨している有力小学生が沢山出ているので、いい成績を残してバトンを繋ぎたいってのはウチと同じでしょうからね~


余談ですが、この面子の内2人がまだ小学生だった頃に、ブログで TUBE FANTASTIC 4として紹介記事を書いた事があって…


名付け親はF屋敷パパなので、今回のチームのネーミングが横文字なのもそこからの流れなのかなぁ(^_^;)


もう1校のOSG OBチームの土浦第一高校は、先日の王座戦で高段者となったN良五段、Y城三段と、ジュニア時代に冬蛍としのぎを削った同学年コンビに1学年下のM川初段というこれまた好チーム


この2チームには「今回は元小学生オセラー vs 麻布オセロ部の図式もあるので頑張りましょう!!」ってエールを送って、いよいよ運命の抽選会


キャプテンのあっくんが一番くじで引き当てた番号は8番


Fotor_156518470090179


ここから他のチームが順番にくじを引いていく形


「相手が引き当てるんやから、どこと当たってもあっくんのくじ運のせいやないなw」なんて笑いながら話してはいたんですが、内心はドキドキ(^^;)


麻布学園Aがクジを引くときには、ワタシを含め何人かが(来るな~!!!)ってな感じで手を合わせていましたが…


Fotor_156518691480251



結果はセーフ(^_^;)


その後も初戦では当たりたくなかった土浦第一高校はTUBEチームと、そして麻布中学は麻布学園Bとの同門対決となり、晃冬蛍の初戦の相手は武蔵高校に決まりました


Fotor_156527051248576



大舞台には慣れてるメンバーやし緊張とかは大丈夫かな。。。と思ったんですが、エースのあっくんの負担を軽くしたいというのは考えていたんで、まずは2番手の冬に発破


拓「チームリーダーの大変さは前回で身に染みてるやろ??冬」

冬「??そうやっけ?」

拓「イヤ…アンタ前回2-3で負け越してるやん」

冬「…そうやったっけw覚えてない」

拓「なんでやねん笑 O原くんに分け負けでK島くんにも負けてS右田くんにも負けたやんけ」

冬「…あぁ、S右田くんに針落ちしてもうたやつな」

拓「イヤそれ地区対抗戦な。オセロ甲子園は盤面で負けとるわ笑」


いきなりの冬の大ボケ振りに一同爆笑


拓「なんにせよあっくんがいるから、相手は冬と蛍には勝たなって思う訳やからな…そこでキーマンはお前や蛍」


蛍「………うん」


拓「格的には一番下のお前がここでメチャメチャ活躍したら超カッコええで!!!」


ニヤリと笑みを浮かべ頷く蛍


(うん…ええ感じにリラックスしてる…これなら…)


1回戦
晃 冬 蛍(大阪) vs 私立武蔵高等学校(東京)



まずは1回戦ですが…武蔵高校の情報は、チームリーダーK島初段が昨年も武蔵中学チームを率いてオセロ甲子園に参戦しているという事と、もう一人のメンバーが一度だけ大会にエントリーしているという事だけ


まずは確実に3-0を獲るのが大事だったんで、万全を期すならチームリーダーのK島初段をスーパーエースで潰しに行くという事を考えたんですが、2回戦以降の事を考えるとセオリー通りのオーダーで臨む方が作戦が考えやすい…


その事をメンバーに話すと、キャプテンのあっくんからもここはセオリー通りでという意見が出たので、オーダーは

1番手 あっくん七段
2番手 冬五段
3番手 蛍四段



と実力順に並べる事に


この結果、相手のエースのK島初段は冬との対戦となりました


あっくんと蛍が早々に勝利を挙げ、チームの勝ちは決まったんですが、やはり最後まで残ったのは有段者同士の2番テーブル


対局を見に行ってみると…あぁこれは流石に勝負はついてるなという局面


●K島初段
○冬五段





最後は見事な連打ショーでまずは初戦をオール圧勝の3-0で完勝!!


キャプテンのあっくんは「さすがに石数も1位やろ!!」と言って戻ってきたんですが…


「いや…麻布Aはもっと獲ってんで」「マジで?」


1回戦
晃冬蛍   3-0 167石
麻布学園A 3-0 180石!!!!!



ひゃ…ひゃくはちじゅっせき…だと!!!??


という事は2回戦は。。。




↑このページのトップヘ