拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中3の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中3の双子兄。現在オセロ四段






3日間に渡って行われたオセロ世界選手権


ユース代表として出場したあっくん五段は、予選快進撃でユースチャンピオン&決勝トーナメント進出決定!!って所までは前回書いたんですが…


その後12回戦も勝って予選1位通過を確定させると、迎えた予選最終戦


何と相手は昨年のユースチャンピオン決定戦をW田三段と争ったArthur Juigner選手


この選手がどの位凄いかというとですね…


記事リンク:世界にはとんでもない怪物が


この記事を書いた後に知ったんですが、名人戦小学生の部にも来日して出場した事があって、決勝まで進んで時間に追われた最終手を間違えて負けたらしい(相手は小中高の名人位を全て獲得したN岡四段)


昨年も予選ではW田三段に勝ってますし、今回も鉢サンに勝っていて、あっくんに勝てば決勝トーナメント進出の可能性があるという、彼にとっては負けられない大一番


いくらあっくんでもこれは一筋縄では行かんぞと思ってたんですが…


Screenshot_20171105-095633



終盤手前位で優勢になると、そこからは優位を手渡す事なく勝利!!


しかも特筆すべきは時間消費ですよね…14分足らずしか使っていない(-_-;)


対局終了後のJuigner選手の表情が非常に印象的だったんですが…おそらく対戦した全外国人選手が(何なんだこの少年は…)って思ったんじゃないですかねww


これでround2は全勝の12勝1敗で予選をトップ通過とという事に…


そして迎えた3日目


開始直前のあっくんからの報告では…


Fotor_150984534832442


余裕やなオイ(^_^;)


コンディションはかなりいいみたいやし、何よりいつも通りのあっくん(これが今回の快進撃の大きな要因だと思うんですが…凄く難しい事だと思います)やなと一安心(^^)d


これはイケるんやないかと思ったんですが…迎えた準決勝1回戦


Screenshot_20171105-104824



マジか…流石はディフェンディングチャンピオン(-_-;)


私はこの時仕事を終えた所で、初戦の結果を見届けてから家路についたんですが…


(次負けたら終わり…今あっくんはどれだけのプレッシャーと戦っているんやろう…)


そう思うと自転車を漕ぎながら涙がボロボロと。゚(゚´Д`゚)゜。最近歳のせいか涙腺がユルくなりすぎですね(汗)


でも…まだまだ…これで心が折れる程、僕らのスーパーエースはヤワじゃない!!!!!


そして迎えた準決勝第2戦


Screenshot_20171105-152915



帰宅途中に対局は始まっていたんですが、帰って来て局面見た時には優勢になっていたんで、とりあえず安心して見れました(^_^;)


これで1勝1敗


石差は初戦が8石差負けで2回戦は14石差勝ち


ドロー以上で決勝進出が決まるという状況に…


固唾を飲んで最終戦が始まるのを待って…いる筈だったんですが、この空き時間に中継をしていた司会のごはんサンと解説の三屋七段がやっていたスピードウェーブ対決が面白過ぎて大爆笑www


Screenshot_20171105-205801



緊張感からしばし解き放たれてほっこりしていたら「第3局がもう始まっています!!」ってオイ(^_^;)


しかし…第3局の局面が映った瞬間…


Screenshot_20171105-214121



ほっこりした気分は一瞬で吹っ飛んでいきました


あっくんは黒…これヤバくないか??打つ所かなり限定される様な(-_-;)


Live Othelloから棋譜を取得してShimaxに入力したのがここから数手先


Fotor_150989099350311



Σ( ̄ロ ̄|||)やっぱり…これはキツい…



頑張れ…あっくん…がんばれ!!!


ただ…ここからPiyanat選手はかなり時間を使って行って、さらに一手緩手があって差は詰まって行きます


そして…


Fotor_150989236009121



この48手目で遂に逆転


この瞬間、玄関先で煙草を吸いながら観戦していた私は「っしゃあああぁ!!逆った!!!」と大声を出してしまって前の家の方に不審な目で見られてしまいました(^_^;)


ただ…まだ僅差…後はあっくんが打ち切れるかどうか…


彼は天才と評される事も多くて確かにそうなのかもしれませんが、研究熱心で練習好きで、物凄い努力をしているのを私は知っていました


昨年の王座戦が終わった後、1日20問ピースケの終盤練習のHardを解けば1年でコンプリート出来るって計画を立てて、実際にやり遂げた漢ですからね…


あっくん…頑張れ…何の為に毎日終盤練習をコツコツこなしてきたんや??


全ては…全ては…全てはこの時の為に!!!!


そして…


Screenshot_20171105-234941



やった…やった…やりおった…



うわああぁぁぁ勝ったああぁぁぁ!!!


決勝進出やああぁぁ(T_T)


大阪の…いや近畿北陸の…いや日本の誇る12歳のスーパーエースが世界一をかけて、Four times Championの高梨九段と決勝戦を争う事が決まった瞬間でした


これで団体、無差別、ユースのチャンピオンは日本が獲る事が確定


後は女子の部のS原五段が決勝で勝てば日本の完全制覇という事に…


そして始まった決勝戦


Screenshot_20171106-000226



Screenshot_20171106-000257



強い………強すぎる(-_-;)


2局ともよく頑張ったものの、高梨九段の牙城を崩すまでには至らず、あっくんの世界選手権は無差別準チャンピオン&ユースチャンピオンという結果で幕を閉じました


更に女子決勝でS原五段が勝って、なんとなんと無差別、女子、ユース、団体とチームジャパンがオセロ世界選手権完全制覇!!


Screenshot_20171106-013044



本当に素晴らしい活躍で歴史的快挙を成し遂げたあっくん…ホンマに凄すぎる!!!


ただ、対局の中継やレセプションの様子を見ていて少し違和感を覚えました


時折悔しそうな様子は見せるものの、やりきった感じの笑顔や様子に見える事が多くて…何か違う…と思っていたら、今日になって外国の中継の方で対局直後のインタビューを見つけました


Screenshot_20171106-003429



そこには、笑顔だった日本語の配信のSkype中継とは全く違って、対局の緊張感を保った厳しく、そして憔悴した表情の高梨九段と必死で涙を堪えるあっくんの姿が…


やっぱり…そうやよな…あの負けず嫌い王のあっくんが、いくら世界選手権の決勝と言えど負けてやりきった、満足と思う筈がない…


それでも大好きなオセロを世界選手権の決勝まで楽しめたという思いで対局後には笑顔を見せたと答えていたあっくん。゚(゚´Д`゚)゜。


やっぱりキミは凄いよ…あっくんのチャレンジと伝説はここから始まる…そんな気がします


このインタビューを見て初めて全て納得して世界選手権を見終えたと思えました♪


あっくん、世界選手権準優勝&ユース世界チャンピオン&おめでとう!!


じゃんぷサン、V5おめでとうございます

なすサン、女子チャンピオンおめでとうございます

鉢サン、栗田サン、団体戦優勝&入賞おめでとうございます


日本チームの皆さん、沢山の熱い対局と感動をありがとうございましたm(__)m


世界選手権には後ちょっと続きがあってですね…本選の翌日にイベントとして行われたブリッツ大会…この大会に出るからって直前練習会でブリッツもやったんですが…


IMG_20171106_005858



28名参加の予選9回戦+上位4名にる決勝トーナメントという方式で行われたこの大会で、あっくん五段は、準決勝でドイツのベルグ選手、決勝でデンマークのヘンリック選手に勝って優勝したらしい(^_^;)


IMG_20171106_005914


マジで凄すぎるwww


第41回オセロ世界選手権:最終結果

【無差別】
優勝:高梨九段
2位:あっくん五段
5位:ぷふぁ鉢七段
7位:栗田七段

ユースチャンピオン:あっくん五段
女子チャンピオン:S原五段

団体戦優勝:日本(29勝)

ブリッツ大会優勝:あっくん五段







遡る事2週間前…


あっくんの最終調整となった直前練習会から、色々とブログに記事をアップして行こうと思っていたんですが…


先週の火曜日に38℃を越える発熱(-_-;)


仕事を休めない状況だったんで無理をしたのも祟って、ずっと体調が悪くて世界選手権前の気分を盛り上げていく…ってな状況にありませんでした(T_T)


30分持ち7回戦とブリッツ5回戦で行われた直前練習会には、冬蛍は当初は参加しない予定だったんですが、少しだけ時間が取れそうだったので「あっくんに声だけでも掛けに行くか?」と誘ってみると、2人とも1試合だけ打つという事になって会場へ向かいました


初戦の指名対局、あっくんは冬と蛍の対局カードを引いて、引き当てた冬と対局する事に…


そして…二人ともが残り時間1分を切るという激闘の末…


DSC_0380


最高の形でエールを送る事となりました


DSC_0381



その後、『天才キッズ、君ならデキる!』の2回の放送もあったりして、いよいよあっくんは世界選手権の舞台舞台となるベルギーへ


その旅立ちの日…あっくんはTwitterに今まで共に競い高めあって来たジュニアのライバルの保護者のアカウントを招待してグループを作って、その後今日まで近況を報告してくれるという粋な計らいを♪


IMG_20171102_231449



IMG_20171102_231511



IMG_20171102_231519



IMG_20171102_231530



そしていよいよ始まった予選Round1


Screenshot_20171101-200515



あっくんは4回戦まで見事に4連勝すると、5回戦ではシード選手を破り、6回戦ではぷふぁ鉢七段との日本人対決を制して何と開幕6連勝!!


最後の全勝対決となった7回戦で高梨九段に敗れはしましたが、6勝1敗という素晴らしい戦績で1日目2位で折り返し


私は6回戦終了後にこんなツイートをした後…


Fotor_150963373528560



7回戦の結果を見届けてから布団に入ったんですが、翌朝起きてみるとあっくんから返事が…


Fotor_150963430136251


あっくん………・゚・(ノД`;)・゚・


今日のRound2は強豪との対局が続くから厳しい戦いになるやろうけど…がんばれ…頑張れよ!!


所が…いざ2日目が始まってみると…


9回戦では高梨九段に土をつけたChun Wan Li選手、10回戦では鉢サンと栗田八段を破っていたDavid HAND選手、そして11回戦では昨年の世界チャンピオンのPiyanat選手と強豪を次々と、しかも完勝で撃破し、10勝一番乗りの超快進撃!!!


Screenshot_20171103-000659



そしてこの時点で…決勝トーナメント進出&ユースチャンピオン決定!!!!!という事になりました\(^o^)/


もう既に伝説となる様な戦績を残しているんですが、明日の更なる伝説を見届ける為に今日はもう寝ます(^_^;)アシタモシゴトナンデ…



とりあえず…

あっくん、決勝トーナメント進出&ユース世界チャンピオンおめでとう!!



明日は泣いても笑っても世界選手権最終日


悔いの無い様に目一杯大好きなオセロを楽しんで下さい♪


まだ…まだ満足してないよな?スーパーエース!!!



 




何度か告知していた、TV朝日の『天才キッズ~君ならデキる!!~』のオセロ対決


遂に昨日放送日を迎えました♪


対決するのは小学生グランプリ2017チャンピオン、第12期小学生王座のあっくん五段と、第44回オセロ全日本選手権覇者の長野七段


オセロ界では既に二人とも超有名人なんですが、両名をよく知らない方の為にちと解説をするとですね…


まずは天才キッズとして出演したあっくん五段なんですが、彼がオセロを始めたキッカケは2年前、小4の時のオセロ小学生グランプリ予選


この時の最終戦あと1つ勝てば全国大会出場という所で、番組でも写真の出ていたN島二段(オセロ小学生グランプリ2017・第38期名人戦小学生の部共に3位)に敗れて全国大会出場を逃してから、悔しくてオセロの勉強を始めたそうです


1年間実力を蓄えた彼は、翌年のオセロ小学生グランプリ予選を制すると、その勢いそのままにオセロ小学生グランプリで3位入賞を果たします


更にその後の第11期オセロ王座戦で、レート対象大会(ランキング対象となるオセロの公式戦)初参加で三段昇段という離れ業を演じて衝撃のデビューを果たすと、その後も目覚ましい活躍を見せてオセロ界にその名を轟かせていきます


それから更に1年後のオセロ小学生グランプリで、前身番組の『なら≒デキ』のオセロ対決に出演したF地五段を激戦の末僅差で降し、悲願の小学生タイトルを獲得


今年9月に行われた第12期オセロ王座戦では、史上2人目となる小学生での五段昇段を果たして小学生王座を獲得したまさに天才キッズ…収録時には日本ランキング10位に入っていました


一方の長野七段は関東のプレイヤーで、関西在住だと対局の機会も中々無いんですが、強豪が集うリバーシアプリ『リバーシ大戦』で長きに渡りランキング1位に君臨し、メジャー制覇(名人戦、全日本選手権、王座戦をオセロの3大メジャー大会と言い、優勝すると世界選手権代表となります)に最も近い有力プレイヤーという印象を持っていました


そして昨年の全日本選手権で決勝戦に進出すると、先述の『なら≒デキ』でF地五段と対局した高梨九段を破り悲願のメジャー大会初制覇を果たします


更にその後の世界選手権では予選全勝で決勝トーナメント進出を果たすなど、日本屈指の若きスーパープレイヤー…めちゃくちゃ強い方です(^_^;)


そんな2人の対局の収録が行われたのは9月


その後に大阪支部定例会にも取材が入りました


Fotor_150816426433086


番組の中で流れたスタッフの方との対局やインタビューはこの時に撮影されたモノですね~


ちなみにワタシもインタビュー受けたんですが、見事に全編カットwww


一応あっくんの紹介の時にかろうじて後ろに写りこんでいましたが…


Fotor_150816463908559


誰だか分からん(T-T)


さて肝心の対局の方ですが、玄人向けの解説は長野七段がブログに書いてくれたのでそちらを読んで頂くとして…


リンク:黒引き分け勝ち


こちらでは分かりやすく解説出来ればと思います


まずは序盤ですが…


オセロにも定石というのがあって、序盤はある程度研究されているんですが、当然有名な手筋は知っている人も多いので、あえて最善手(1番良い手)を外して、相手も知らない展開に持って行くという事がよくあります


今回の対局ではまずあっくんが仕掛けました


DSC_0373



長野七段の序盤の研究にハマらない様にと言っていた言葉通りに放ったこの一手


オセロの研究用のソフトで解析してみると…


Fotor_150816689473436



TV画面に合わせて数字が横向きになって見にくいですがご容赦下さい(^_^;)


この数字(評価値と言います)の意味はですね…以降白黒共に最善手を打ち続けると、その数字の石差通りに決着するという事を意味しています


この時点であえて不利になる手を打ったという事になりますが、人間対人間の対局であればあって無い程の差とも言えますかね…


ちなみに冬蛍とあっくんの過去の棋譜をみてもこの手を打っていた事はあったので(その時はあっくんは敗れています(^o^)v)彼にとっては研究の範囲内


その後対局は進行し、解説の中島八段が「こういう手をサクッと打つ」と評したこの局面


DSC_0374


ここで長考した長野七段なんですが、あっくんが作ったくぼみに打つのが良いと分かっていたみたいなんですが、研究にハマるのも嫌なのでという事で他の所に着手したらしい


すかさずあっくんはそのくぼみを潰しに…


DSC_0375



相手が打ちたい所…相手の好手に先に打ってしまおうという「先着」という考え方…これも良く打たれる手筋ですが、モノ凄い高度な駆け引きが行われていました


前半戦で最後に映ってた盤面での評価値はこんな感じ




Fotor_150824381404259



黒の天才キッズことあっくん五段か優勢でした


これ以降、長野七段は相当に苦しくなって、一時は評価値的にはかなり大差になってたんですが、その局面はTVには映って無かったので割愛します(^_^;)



それでもそこから勝負が紛れるのがまた面白い所…そしてその紛れが生まれる局面に持っていくというのも凄いですよね…流石は全日本チャンピオンといった所


長野七段が頭を抱えたと言われた直後に局面は互角に戻って…


ここで長野七段は勝負のX打ち


DSC_0376



X(エックス)というのは隅の斜め横のマスのことで、普通はそこに置くと隅を取られてしまうんですが、この互角の局面では…


Fotor_150817610987150



斜めが白1色になっているので、黒は簡単に隅は取れないという、まさに絶妙手!!


しかし…その時点で長野七段の持ち時間は1分ちょいで、空きマスは14個


これはいくら日本最強クラスのプレイヤーでも相当に厳しい条件


そして長野七段の残り時間が30秒を切った所で…


Fotor_150817658868078



ここで左下の-12の所に打ったのが敗着となりました


●あっくん五段
○長野七段





対局終了後に印象に残ったのは、小学生グランプリの決勝動画や今年の王座戦の対局を見てても思ったんですが、対局終了後に相手の前で喜びを表情に出さなくなったなと…


デビュー戦の王座戦の時には勝ち確定になったら対局中にガッツポーズしてて、パパさんに「あれはやめさせましょう(^_^;)」って話した覚えがあるんですが、大舞台やトッププレイヤーとの対局をたくさん経験して、もちろん相手へのリスペクトもあると思いますが、王者の品格というか風格みたいなモノが身に付いてきた感がありますね~


さて見事に天才キッズことあっくん五段が勝利した訳なんですが、歴代の小学生チャンピオンであればみんな全日本チャンピオンと互角に戦えるかと言えばそうではありません


今のジュニアオセロ界では強い中学生も沢山いるんですが、その強豪たちを差し置いて中学生以下でランキング上位にいるのが、ともにこの企画に出演したあっくん五段とF地五段の2人の小学生


史上初の小学生五段となったF地くんと、遅れる事半年で史上2人目の小学生五段となったあっくんは、過去の小学生トップオセラーと比べても飛びぬけて強いと言えます


今後こういう企画があったとしてもこの2人以外で勝利の可能性があるかというとその確率はかなり低いかと…


そういう意味では番組冒頭の『オセロ界の藤井四段』という表現もあながち大げさではないかもしれません…ワタシは関根勤サンが言っていた『阪田三吉』の方がイメージ的にピッタリ来ますけどね~


彼はこの後、10月末からベルギーで開催されるオセロ世界選手権にユース代表として参加します


現在のオセロ世界選手権優勝の史上最年少記録は谷田七段の15歳なんですが、その記録を更新する可能性もあるんじゃないか…(ちなみに今も現役プレイヤーの谷田七段はボーイングの機長で、今回世界選手権行きの飛行機の操縦桿を握るなんて言う漫画のような話があるそうですΣ( ̄ロ ̄|||)) 


そんな期待を膨らませてしまうほどのとんでもない逸材ですから、今回この番組を見てオセロに興味を持った方は、ぜひ彼の世界選手権での活躍にも注目してみてください!!


そしてこの番組でのオセロ対決は、どうやら来週もあるみたいですよ~Σ(・ω・ノ)ノ


http://www.tv-asahi.co.jp/tensaikids/







昨日は第28回関西選手権大会に行ってきました


と言っても、冬は受験勉強でお休み


蛍は…


Fotor_150751441199940



青年団には入らないらしいので、今年で最後となるだんじり祭りに参加


そしてワタシは運営に専念と、誰も参戦はしなかったんですけどね~(^^;


A級は35名、B級は20名の合計55名と沢山の方が参加してくれました♪



Fotor_150751485281152



今回はA級は世界選手権代表の2人を中心に高段者の争いになるんじゃないか…って予想はついたんですが、B級は東北、関東、九州からも遠征の方がいて、実力拮抗の好メンバーがそろってかなりの混戦で、予想の難しい面白い大会になりそうやな…と思っていました


一昨年順優勝のM島1級、東北から遠征のF田1級女史、関東から遠征のO野1級、関西新人王戦上位のenjoyplayer2級、九州小学生のエースI木1級、兵庫のスーパー1年生O西1級、ここにN島パパ2級や定例会常連のH野2級、兵庫のI畠2級女史に小学生グランプリ代表経験者のI本1級、T口天1級なんかが絡んで行けるかって展開だと思っていたんですが…


当日の朝にtwitterで初参加の方のツイートを見かけたら、どうもリバーシ大戦赤レートらしくて、しかも全勝優勝宣言されてるじゃないですかΣ( ̄ロ ̄|||)


これは益々分からない…誰が初段の権利を獲るんやろう??


会場について話を聞くと、もう一人の初参加の方も友達でリバ大もやってるというカオス状態(((( ;゚д゚)))


さらにドタキャンが一人いて奇数になったので、T口パパが満を持しての(?)レート対象大会初参戦!!


さらにデビューが近いと聞いていたI本1級のパパさんも参戦とパパさんオセラーNo.1争いも楽しみにしていました


初戦からenjoyplayer2級 vs M島1級なんていう注目のカードが有ったんですが、3回戦を終わった時点で3連勝は、先述の初参加のNaokiサンにM島1級と強い所がしっかりと勝ってきたな…という印象だったんですが、もう1人の全勝はスーパー1年生のO西1級


まだムラはある印象なんですが、前回初段以下限定戦でも開幕3連勝で、今回の級位者限定戦でも開幕3連勝と、このクラスに入るとやはり強いですよね…


しかもねぇ…対局見てるとどの対局も5分も使ってない。。。早い対局だと2分とか感性だけで打っている感じでこの強さww


あっくんもtwitterでママさんにアドバイスしていましたし、私もイロイロと話はしたんですが、この日は、今は楽しく打つ方がいいかもしれないですねって話をしていました


多分…まだ壁に当たってないんですよね…負けたとしてもみんな大人か年上


関西では同世代で勝負になる子は今のところ恐らくいませんから、地元開催となる名人戦で、2学年上の東北のW田千二段や、1学年上の相当強いと噂の中部のS島1級といった全国の同世代の強豪と対戦して(今のままでは多分敵わないので)負ける経験をして、悔しい…彼らに勝ちたいという思いを味わったら変わってくるかも…


この金の卵が大化けするかどうかは、冬蛍にA井二段がいた様に、あっくんにN島二段がいたように、そしてそのN島くんにはT口美二段がいたように、切磋琢磨出来るようなライバルの出現がカギかもしれません。。。まぁ今のままでも小学生の全国大会で入賞する位の力は普通にありますケドね(^^;)


話を大会に戻して…全勝対決を制したのはNaokiさん


O西1級は1敗トップのF田1級女史に敗れたので、これで4回戦を終わってNaokiさんが単独の勝ちっぱなしに


ここから初段を賭けた潰しあいが始まったんですが、5回戦でO西1級、I木1級の小学生2人にM島1級が、そして6回戦でNaokiさんの連れのSoraさんが脱落して、迎えた最終戦


既に昇段を決めたNaokiさんの全勝優勝阻止と唯一1敗で残っていたF田1級女史の昇段ストッパー役となったのは、兵庫の誇るスーパー1年生のO西1級と、九州の雄I木1級の小学生プレイヤー2人!!


DSC_0369



かなり健闘したんですが、2石差と6石差と大人の意地を見せたお2人が初段昇段となりました(^^)/オメデトウゴザイマス


注目のB級のパパさんNo.1争いは、開幕2連勝したI本パパさんが序盤はリードしたんですが、その後混戦に


そして最終戦で、名人戦小学生の部の3位決定戦を争ったT口、N島両二段のパパ同士が激突!!


この対局を制したT口パパさんが4勝でパパオセラーNo.1となりました♪


今回大会に初めて参加してくれたNaokiさんとSoraさんの2人が台風の目となった今回のB級ですが、2人とも感じのいい好青年でしたし棋力もかなりのものだったので、また近畿に新しい風が吹くかなと…是非今後も大会に参加して欲しいですね~


B級メインで運営をしていたのでA級はほとんど見ていなかったんですが、6回戦であっくんと鉢サンの世界選手権代表選手が1敗と全勝で1番テーブルで激突!!


ここでも大人の貫録を見せた鉢サンが7戦全勝で優勝となりました



第28回関西選手権大会 最終結果

A級
優勝 ぷふぁ鉢七段
2位 宮崎七段
3位 あっくん五段→ジュニアトップ賞

B級
優勝 Naoki新初段
2位 F田新初段
3位 M島1級

小学生トップ I木1級:5位
パパトップ  T口パパ:7位



ここでインフォメーションを2つ程…


1つ目は会場でも案内したんですが、10月22日(日)に、住吉大社 吉祥殿にて虹色二段の結婚式が行われるそうです♪


一般参拝客として行く事が出来るそうなので、お時間許す方はぜひ足を運んでください(^^)/14:15くらいに行けばいいみたいです



2つ目はリンク先の動画をば…



http://www.tv-asahi.co.jp/tensaikids/#/





ご無沙汰しています(^_^;)


冬と蛍は王座戦を最後にオセロはお休みで受験モードに突入


先日の土曜日に部活も最後の試合を終えて、今日、2年生のキャプテンの選出があって引退と言う事らしい 


そして秋の風物詩のだんじり祭は昨日が試験曳きだったんですが…


DSC_0342



ことしはがっつり参加は蛍だけで、冬は勉強メインで当日にちょっと曳くだけにするみたい


全くオセロネタがないので当然ブログに書く事もないんですが、近畿北陸ブロックの秋のメインイベント、関西選手権があと2週間と迫ってきました


昨年は定員オーバーになるんじゃないかという55名の参加があったので、今年はブロック長及び大阪支部のスタッフの皆様と相談して、
事前予約優先制という事に


今日現在で予約はA級が17名、B級が22名の総勢39名…まだ2週間前なのに盛況です(^_^;)アリガトウゴザイマス


予約しなくても参加はして頂けますが、定員オーバーの場合は予約者を優先という事になりますので、参加をご検討されている方はぜひ早めのご予約をお願い致します♪


参加予約は下記リンク先の申し込みフォームから↓↓

大会案内:第28回関西選手権大会




私は一応運営に専念しようと思っているんですが、予約がマックス行かなくて奇数だったら出る・・・かもしれません


そしてこの秋にもう1つ予定しているのが、世界選手権に参加するあっくん五段の壮行練習会


案内はこちら↓↓
http://www.othello.gr.jp/topics/9351


こちらはなんと30分持ち7回戦で行う予定Σ( ̄ロ ̄|||)世界選手権の予選Round1と同じ試合数をこなすって事になります


あっくんは大会の時は練習対局も含めると1日で10対局ぐらいやってる時もあるのでスタミナ的には大丈夫かなと思うんですが、30分持ちの経験自体がなかなか出来ないですからね~



スタミナを温存して最後まで集中して対局出来る様に、少しでもペースを掴む手助けになればと思って企画しました


あと世界選手権ってのは各国の代表が集まるんですが、過去の棋譜を見る限りその実力には結構バラツキがある感じなので、よほどの初心者でない限り誰との対局でも練習になるのかなと…


30分持ちでの世界(=日本で問題ないよね…)トップクラスの方との対局は品川スーパーリーグにお任せして、めったにない貴重な30分対局の機会をあっくんには経験にしてもらって、参加者の皆様には楽しんでもらえればいいかな~と思っています


あと、これをレート対象大会にしなかったのは理由があって、30分持ち7回戦だとかなり時間が長くなってしまうので、大会にして途中退出や途中参加OKって訳には行かないので気楽に参加してもらい難いかなと…


おそらくはあっくんにエールを送る世界選手権前最後の機会にもなると思いますので、棋力や時間の事はあまり気にせずに、是非お気軽に会場に足をお運び下さい


ちなみにあっくんは指名対局OKって事にしているので、どんなメンバーが参加してくれてどんな7人を指名するのかも楽しみですね~


「世界に行くなら、俺を倒してから逝けぃ!!」という屈強な(?)オセラーさんの参加もお待ちいしていますww


こちらは私も参加する予定なんですが、最後の生オセロ対局でワタシがあっくんに勝っている事をずっとネタにしてたら、この前の定例会で「当たりたいわ~」って恨めしそうに言われてしまっているので…


まさかワタシごときを指名しないよな(汗


今Othello! JAPANのブログ集からのリンクが切れてしまっているので、告知が行き渡らなさそうなのは不安なところではありますが、ぜひぜひ2つの大会への沢山の方のご参加をお待ちしています


リンク切れの件については何人かの方からお問い合わせも頂いたんで状況を説明しておくと、HPを更新した時に自動更新で何かトラブルがあってリンクが切れてしまって、王座戦の時にも中島八段にお伺いしたんですが、原因が分からないらしい


Twitterで書き込みを見かけた関西ジュニアへのライバル心の表れという事や、ややこしい複雑な事情が有る訳ではないのでご安心下さい(笑)その内対応して頂けると思います



↑このページのトップヘ