拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中3の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中3の双子兄。現在オセロ四段




冬と蛍が初めてオセロを打ったのは確か幼稚園の頃。
最初は「お父さん相手に10石残す」ってのが彼らの目標でした(今ではボコボコにされてますがあせる)

でも勘がいいのかすぐに子供なりにはそこそこ強くなりました♪

きっかけとして大きかったのは、2年生の時に蛍が「堺市子ども会将棋・オセロ大会」の校区大会で優勝し、学校の代表になった事でしたグッド!

参加者を5ブロックに分けてトーナメントを行い、優勝した5人が代表になるってシステム

この時はメンバーにも恵まれ、その後のブロックオセロ大会、中央オセロ大会ともに団体戦優勝!!

5人中3人が勝てば勝利なのですが、蛍は個人戦こそ奮わなかったものの、団体戦は無敗で優勝に大きく貢献しましたグッド!

その後蛍は4年生の時にも代表になり(団体戦は蛍は勝利したものの2勝3敗でブロック初戦敗退)、冬は実力はあるのに校区大会を勝ち抜けない事が続きました…

ただこの頃は今ほど熱心ではなく、前記の大会の前にちょこっと練習する程度

そして迎えた5年生の校区大会

なんと蛍と冬は5年目で初めて同じブロックに入ってしまいました(;∇;)/~~

順調に勝ち上がった冬と蛍は、決勝で激突!!

ここで冬が勝利し、見事初代表の座を手にしましたニコニコ

もちろんオイラは子供の頃に父親に遊びで打ってもらったりした事はあったんですが、そんなにオセロが好きな訳でも強い訳でもありませんでした。

冬と蛍が初めてオセロに接したのは…産まれる前ですかね(笑

彼らは双子なんで、出産までも色々と大変で、母親は長期間入院していました

んで暇潰しになる様にって、マグネットオセロを買って持って行ったんですね~

つまりお腹の中にいる時からオセロに接していたという訳です♪

この事が今の彼らの快進撃に繋がっている…かはわかりませんがね(笑

オイラの嫁は超負けず嫌いなんで、妊娠中にオセロで負けるとお腹が張るって言って結局あんまりやらんかったし…

3人とも強くなった今では全くやろうとしないあせる

定例会とかに3人で行くと、「奥さんも一緒にしたらいいのに」って女性オセラーの方からはよく言われるんですけどね汗

家族皆で楽しめたら嬉しいんで、嫁さんを引き込む名案があれば誰か教えて下さいm(__)m

オセロ…誰でも知ってる白と黒の石を使って挟んだ石をひっくり返すゲーム



最初は子供の遊びと思っていたんですが…



実は何とも奥の深いゲームでしてあせる



「覚えるのに1分、極めるのに一生」なんて言葉もあるそうです♪



今やすっかりオセロにはまってしまったオイラ(拓)と、双子の息子(冬と蛍)のオセロに関する事をこれから徒然に書いていこうと思いますグッド!



眠くなってきたので今日はここまで…ぐぅぐぅ

↑このページのトップヘ