拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ二段

冬…高1の双子弟。現在オセロ五段

蛍…高1の双子兄。現在オセロ四段







実は…ジュニアオセラーの聖地、BANDAI本社に入ったのはこの日が初めて 


オセロ小学生グランプリは毎日新聞本社、オセロ甲子園は麻布学園で開催された時に出場しているので。。。


初めて甲子園に足を踏み入れたって感じやったのでもっといろんな所写真撮っとけばよかった((+_+))


まぁ実際にはそんな事は全然考えつかないほど緊張していたワタシ


なんせ今回は監督ですからね…しかも一度経験しているのでその重要性も分かっています(-_-;)


他のチームも続々と会場入りしてきましたが、中でも気合が入っていたのが愛知県から参戦のTUBE-OSG-OBチーム

DSC_0343


おおぉぉぉぉ!!カッコいい(^^)/


今回は三段格のF屋敷二段をチームリーダーに、M川初段とH本初段で脇を固めた中学生の好チーム


翌日のオセロ小学生グランプリに日頃切磋琢磨している有力小学生が沢山出ているので、いい成績を残してバトンを繋ぎたいってのはウチと同じでしょうからね~


余談ですが、この面子の内2人がまだ小学生だった頃に、ブログで TUBE FANTASTIC 4として紹介記事を書いた事があって…


名付け親はF屋敷パパなので、今回のチームのネーミングが横文字なのもそこからの流れなのかなぁ(^_^;)


もう1校のOSG OBチームの土浦第一高校は、先日の王座戦で高段者となったN良五段、Y城三段と、ジュニア時代に冬蛍としのぎを削った同学年コンビに1学年下のM川初段というこれまた好チーム


この2チームには「今回は元小学生オセラー vs 麻布オセロ部の図式もあるので頑張りましょう!!」ってエールを送って、いよいよ運命の抽選会


キャプテンのあっくんが一番くじで引き当てた番号は8番


Fotor_156518470090179


ここから他のチームが順番にくじを引いていく形


「相手が引き当てるんやから、どこと当たってもあっくんのくじ運のせいやないなw」なんて笑いながら話してはいたんですが、内心はドキドキ(^^;)


麻布学園Aがクジを引くときには、ワタシを含め何人かが(来るな~!!!)ってな感じで手を合わせていましたが…


Fotor_156518691480251



結果はセーフ(^_^;)


その後も初戦では当たりたくなかった土浦第一高校はTUBEチームと、そして麻布中学は麻布学園Bとの同門対決となり、晃冬蛍の初戦の相手は武蔵高校に決まりました


Fotor_156527051248576



大舞台には慣れてるメンバーやし緊張とかは大丈夫かな。。。と思ったんですが、エースのあっくんの負担を軽くしたいというのは考えていたんで、まずは2番手の冬に発破


拓「チームリーダーの大変さは前回で身に染みてるやろ??冬」

冬「??そうやっけ?」

拓「イヤ…アンタ前回2-3で負け越してるやん」

冬「…そうやったっけw覚えてない」

拓「なんでやねん笑 O原くんに分け負けでK島くんにも負けてS右田くんにも負けたやんけ」

冬「…あぁ、S右田くんに針落ちしてもうたやつな」

拓「イヤそれ地区対抗戦な。オセロ甲子園は盤面で負けとるわ笑」


いきなりの冬の大ボケ振りに一同爆笑


拓「なんにせよあっくんがいるから、相手は冬と蛍には勝たなって思う訳やからな…そこでキーマンはお前や蛍」


蛍「………うん」


拓「格的には一番下のお前がここでメチャメチャ活躍したら超カッコええで!!!」


ニヤリと笑みを浮かべ頷く蛍


(うん…ええ感じにリラックスしてる…これなら…)


1回戦
晃 冬 蛍(大阪) vs 私立武蔵高等学校(東京)



まずは1回戦ですが…武蔵高校の情報は、チームリーダーK島初段が昨年も武蔵中学チームを率いてオセロ甲子園に参戦しているという事と、もう一人のメンバーが一度だけ大会にエントリーしているという事だけ


まずは確実に3-0を獲るのが大事だったんで、万全を期すならチームリーダーのK島初段をスーパーエースで潰しに行くという事を考えたんですが、2回戦以降の事を考えるとセオリー通りのオーダーで臨む方が作戦が考えやすい…


その事をメンバーに話すと、キャプテンのあっくんからもここはセオリー通りでという意見が出たので、オーダーは

1番手 あっくん七段
2番手 冬五段
3番手 蛍四段



と実力順に並べる事に


この結果、相手のエースのK島初段は冬との対戦となりました


あっくんと蛍が早々に勝利を挙げ、チームの勝ちは決まったんですが、やはり最後まで残ったのは有段者同士の2番テーブル


対局を見に行ってみると…あぁこれは流石に勝負はついてるなという局面


●K島初段
○冬五段





最後は見事な連打ショーでまずは初戦をオール圧勝の3-0で完勝!!


キャプテンのあっくんは「さすがに石数も1位やろ!!」と言って戻ってきたんですが…


「いや…麻布Aはもっと獲ってんで」「マジで?」


1回戦
晃冬蛍   3-0 167石
麻布学園A 3-0 180石!!!!!



ひゃ…ひゃくはちじゅっせき…だと!!!??


という事は2回戦は。。。






遡る事2年前…2017年


第1回全国学校対抗オセロ選手権【オセロ甲子園】開催決定!!!


その時…スーパーエースあっくんこと高橋七段はまだ小学6年生でした


テスト



この時は彼の推薦もあったK畑僚初段が第3メンバーに名乗りを上げてくれて、第1回のオセロ甲子園に参戦


しかし…


DSC_0221



フリーの部のチャンピオン・準チャンピオンという参加者でもトップクラスの実績をひっさげて挑んだWエースは、同学年の新潟2強に共に敗れ、早々に決勝進出が霧散するという甲子園の魔物に飲み込まれる結果に


結果は麻布高等学校Aチームが優勝


そして…冬蛍と同学年の3人がチームを組んだ麻布中学校が準優勝


大阪代表の僚冬蛍はサブマリンの3位と、なんとか麻布チームの123を阻止するのがやっと…悔しい悔しい初参戦となりました


そして時は過ぎ2018年は、予定通り純粋に学校対抗戦として開催


高校1年生となった麻布中学校チームの面々は、麻布高等学校Cチームとして先輩チームをなぎ倒し優勝


この年は4チーム出場した麻布学園が当然の様に上位を独占


麻布オセロ部、強し!!!


それを全国の中高生に印象付けた形となりました


そしてそこからさらに1年…まさかの同一都道府県でのエントリーが復活した第3回全国学校対抗オセロ選手権


前回の記事で書いた通りで学校内でメンバーを見つけるのは難しい状況で、正直もう縁のない大会だと半ば諦めていたので、参戦決定までにも色々あったんですが(^_^;)


何はともあれ遂に…遂にこの瞬間が…もう見る事は無いと思っていた念願のドリームチーム結成の時がやってきました


Fotor_156052190052996



あっという間に時は流れ8月2日…


前日に確定したエントリーは以下の通り


昨年の覇者『麻布高校A』、昨年3位の『麻布中学校』、高2世代の第2チーム『麻布高校B』


オセロ小学生グランプリ決勝大会進出経験者で構成された『晃冬蛍』『土浦第一高等学校』『TUBE-OSG-OB』


そして昨年も参戦していた『武蔵高等学校』に、初参戦の『武蔵中学校』


麻布オセロ部 vs 元小学生オセラー vs 武蔵という第1回に近い構図になりました


(麻布勢のここ最近の充実度は凄い…けど、このチームで惨敗したらそれこそ監督の責任問題やよな…出来る事はやらないと)


出場校とメンバーが判明するのが前日という事は前回の経験から予想していたので、さっそくデータ分析を開始


Fotor_15651321340970


全選手の連盟レート・最高レート・晃冬蛍との対戦成績を一覧表にしてオーダー構成の為の資料として用意しました


やっぱり麻布Aは強敵…次いで麻布中・麻布Bか…


かっての茨城4強を中心とした土浦第一も、一昨年から更にメンバーが強化されたTUBEチームも侮れない


武蔵高校は連続出場で、大会参戦が少ないながらもキャプテンはオセロクエストでそこそこのレートがあったのは確認してますし不気味な存在


武蔵中は分かんないな…


出来上がったのは前日夜遅くで、そこからせわしなく翌日の準備をして就寝


とまぁそんなこんなでバタバタと当日の朝を迎えました


安い新幹線を押さえたので早朝に出発して9時過ぎには浅草に到着


DSC_0341



。。。。暑い(-_-;)


時間があるんで浅草寺やらスカイツリーやら人力車やら観光でもと思っていたんですが、あまりの暑さに体力を温存する事にして会場近くのファーストフード店で待機


そして…


いよいよジュニアオセラーの聖地 BANDAI本社に、ドリームチーム見参!!!


DSCPDC_0001_BURST20190803110447499_COVER


この中の誰が欠けても、現在の関西ジュニア黄金期は無かったと言っても過言ではない、まさにレジェンド!!!


真夏の祭典で一夜限りの夢の競演が、いよいよ幕を開けます!!!






オセロ甲子園の終わった後で、Twitterに『学校対抗と言えないのでは、、、、』という意見が届きました


この事については意見を述べる機会が欲しいと思っていたのでtwitterでも長文で返答させてもらったんですが、オセロ甲子園の記事を書くに当たっても書いておいた方がいいと思って、その内容を再編集&追記して書いていきます


『学校対抗オセロ選手権の大会名で都道府県対抗戦をやっちゃいけない』


『参加者が集まりにくいからという理由で出場枠を拡大したら、当初の目的を見失う』


オセロ甲子園の出場枠が再度拡大されたことに関しては様々な意見がある事は承知しています。そしてそれはもっともな意見だという事も感じています 


第1回は今回と同じルールで実施されて9校


第2回は学校縛りで8校


今回は1回目と同じルールで8校とまだまだ参加チームも少ない状況で、運営にも苦労がある事を開会前にも言われていました


『じゃあ全国都道府県対抗中高生オセロ選手権にしたら良いんじゃね?』という意見もあると思いますが、この大会のルールは、理想を言えば学校対抗で出来る方が絶対に盛り上がります (毎試合オーダー制の3人の団体戦はメンバー読み合いの要素も加わって本当に面白いです)


将来的な理想としては都道府県対抗よりは学校対抗が良いという事は参加してみての実感…都道府県対抗にしちゃうと学校でチームを組む努力はしなくなっちゃいますからね


私は近畿北陸ブロックでジュニアの育成もやっていて、中高生にも裾野を広げて行く努力もしているつもりでいますが、それが実を結んで行くにはまだまだ時間がかかると感じています


更に…オセロ甲子園に出場するにはとてつもなく高い高い壁が存在します


これはどういう事か…ウチの様に学校に2人有段者がいたとします


『それならあと一人オセロに興味を持つ子を探せば出場できるやろ』と思うかもしれませんが、それはちょっと違う


例えばあと一人オセロに興味を持つ子が見つかったとしましょう


関東圏なら『今度こういう大会があるから一緒に出てみよう!!』で話は終わります


しかし関東圏以外ではそうはいきません


何万円もする東京への往復の運賃、状況によっては宿泊費等の旅費が必要になります


当然中高生には簡単に出せる額ではありません


我々オセロの世界にいる者にとっては小中学生が大きな大会に遠征してくる風景は当たり前ですが、全く知らない保護者の方から『オセロの為に東京まで行くの??』なんて言われた経験はジュニアの保護者ならば一度はした事あると思います


残念ながらまだまだこれが一般的な認識


そういった方が突然子供がオセロ大会に出たいから東京に行きたいと言ったら、簡単にお金出しますかね(^^;)よほどの熱意、相当の熱量を持って説得しないと出しませんよね


中高生にとっては生半可なくハードルが高いんですよ。。。


関東圏以外からオセロ甲子園に仲間を見つけて出場するという事はそれだけ大変な事で、実際に都道府県でチームを組めるようになっても出場できていない子も沢山います


関西でいえばジュニア有段者スーパーリーグに参加してくれている中学生、N島五段は奈良、S藤二段が大阪、O田初段は滋賀とバラバラ


ここ数年は全国では随一と言えるほど小学生大会で実績を残している関西でこの状況ですからね。。。


オセロ甲子園が出来るまでは中学生以上の全国的な大会は名人戦しかなくて、もっと中高生にも活躍の場を作って裾野を広げていきたいという思いで連盟が立ち上げてくれたオセロ甲子園(これは直接某理事の方から聞きました)


この大会に関西のジュニアを引っ張ってきた冬と蛍がまずは出る事に意味があると第1回の時に私は考えました


DSC_0235
第1回でも2校の混合チームで3位入賞


第2回の時に学校対抗になった時にはいろいろな思いもあって時期尚早だという意見を言いました


テスト



今回は苦渋の決断だったのかも知れませんが、オセロ甲子園を存続させるために(これが一番大事)連盟も英断してくれたと個人的には思っています


第3回を迎えた今回でも、麻布オセロ部の参加が無ければ大会自体が成り立たないような状況なのが現実


そういった中で部内同士の対局が多くなるにも関わらず、毎回複数チームのエントリーをしてくれている麻布学園オセロ部の皆さんには、ジュニア育成担当をしている者として本当に感謝しています(つまらないから辞めるってなってしまっても責められない状況にある…と思います)


今回のエントリーにも、全く躊躇が無かったかと言えば嘘になります。。。最初に書いた様な批判があるのは、晃冬蛍の3人がチームを組んでくることも想定したものだと思いますから


だからこそ今回のこの3人の出場を意味のあるものにして行かなくてはならない


いつか本当に学校対抗で何十校も参加しての大会が行われる時が来る様に、種を撒いていく責任はあると考えています


今回の彼らの姿を見て、晃冬蛍の後に続きたいと思ってくれる子がいてくれること


中高生がオセロを楽しめる事が出来る場を増やす取り組みを継続すること


そこにつながる小学生の強化や楽しくオセロが強くなれる環境を作っていく事


そういった事を彼らやその後に続くジュニアの子ども達と共に続けていく事が、いずれはオセロ甲子園を盛り上げ、彼らを育ててくれたジュニアオセロ界への恩返しになると私は考えて、今大会へのエントリーを子ども達に薦めることを決断しました


決して『お?これであっくんとオセロ甲子園出れるやんウェ~イ』的な軽いノリでエントリーをしたんで無い事


どんな形になるかは分からないがオセロ甲子園は今後も続けていければと開会式で連盟の方からアナウンスがあった事


そして近畿ブロックのスタッフとしてそれをサポートして行き、今後もオセロ甲子園を盛り上げていきたい気持ちがある事は、記事を書く前にここに書き添えておきたいと思います



では…第3回全国学校対抗オセロ選手権~オセロ甲子園~怒涛の本編いよいよスタートです(^^)/






関西最強の小学生オセロプレイヤーは誰だ??


オセロ小学生グランプリ大阪予選の前哨戦という位置付けにしたいという思いで始めたこの大会


269de045


昨年は23名が参加して、共に兵庫ブロックと九州ブロックからOSG決勝大会進出を決めていたM野二段とI木初段(現二段)の間で決勝戦が争われました


改めてメンバーを見てみると、その後の大阪予選で初代表を勝ち取る選手や、OSG本戦や翌年の名人戦小学生の部で決勝戦に進出したり、入賞を果たす選手たちも出場


ここから1年以内に有段者となる小学生も6人が出場と、そうそうたるメンバーが参加してくれています



そして今年も…やはり7月15日(月・祝)のオセロ小学生グランプリ大阪予選に向けての前哨戦という位置付けになるという大会


予選が終わった他ブロックの選手も、大阪予選に挑む子どもたちもぜひぜひ参加してくださいな~

お申し込みは下記リンク先のお申し込みフォームより
リンク:第2回関西オセロ小学生カップ

小学生カップポップ画像2



さらに今年は、関西では初となる世代別の大会として、U-23カップマスターカップを同時開催


マスターカップっていう名前にしちゃうと、今年は名人戦でマスターの部があった兼ね合いで40代以上って印象になっちゃいがちですが、25歳以上くらいから参加できます(^^;)


実際にお子さんは小学生カップ、パパさんはマスターカップってエントリーも複数来てるので、それだけでやってよかったなと


そして実質的な関西版の学生選手権と位置付けているU-23カップは、関西では今一番動きの活発な世代ですから、面白い戦いが期待できるんじゃないですかね~


是非是非たくさんのオセロプレイヤーのご参加をお待ちしています






今年になってから沢山の人に「最近ブログ更新しませんね~結構待ってる人いると思うんですけど」なんて言われることが多くて、ホンマかいな…と思いつつもそう言って下さるなら書いてみようかなと思いまして


フツーの告知記事はまた近畿北陸ブロックの公式ブログに書こうと思いますが、とりあえず今年もやります夏の小中学生オセロ合宿!!!


昨年は有志での開催で7月に和歌山でやったんですが…


記事リンク:夏の小中学生オセロ合宿 in 和歌山 参加レポート


まぁホンマにこれがメチャクチャ楽しかったんすよ


キャプチャ①


キャプチャ②


キャプチャ③


キャプチャ④


キャプチャ⑤


キャプチャ⑥


キャプチャ⑦


キャプチャ⑧



なので今年は夏休みの後半に2泊3日でやっちゃおうという事に(^^)/


昨年は急だったんで有志という形でやったんですが、今年は大阪支部の主催という形でオセロ連盟のホームページにも掲載してもらっています


リンク:夏の小中学生オセロ強化合宿 in 奈良を開催します


詳細は↑↑のリンクを見て欲しいんですが、今年の合宿地は奈良県は生駒国定公園内、くろんど池の畔にある、観光旅館 くろんど荘


実はこのくろんど池という所、ワタシの実家のある枚方市民には非常に馴染みのある所でして…というのは京阪交野線の私市駅から府民の森を経由して行けるお手軽なハイキングコースになっていて、小学校や子ども会の遠足とかで必ず行く感じの場所


実は今日、会場の下見に行ってきたんですが、せっかくなのでウン十年ぶりに私市駅から歩いて行ってみる事に


電車で来る予定の方で金曜日有給休暇取れたよ(働き方改革で消化しないと罰則って事になったので頑張って取ってくれたら嬉しいですw)ってな方は、暑い時期ですが川沿いを歩くそれほどハードぢゃないコースなので私市駅からハイキングで会場入りってのも楽しいと思いますよ~


まずは京阪私市駅からスタート
DSC_0054


駅前のこの看板を頼りにくろんど池を目指します
DSC_0056


こんな感じのフツーの住宅地を進んでいくんで不安になってきますが合ってますww
DSC_0129


しばらく行くとこの看板が右手に…以降看板は適度な間隔であるので、くろんど池と書いてある方向に向かっていけばまぁ道を間違える事は無いかと
DSC_0057


保護者の方と一緒なら小学生でも問題なく行ける感じの径です
DSC_0059


くろんど池に行くにはここを上がっていきますが、下に行くと…
DSC_0062


月の輪の滝があるのでここにはぜひ立ち寄って欲しいですね~
DSC_0126


川沿いの森の中を歩いていくので平地よりも涼しいとは思いますが、開催は8月なので熱中症には十分気を付けて
DSC_0081


写真をいっぱい撮りながらトイレ休憩も挟みながらでかなりゆっくり歩いても、1時間半もかからない感じでくろんど池に到着
DSC_0083


池の畔にあるこちらの旅館が今回の宿泊先
DSC_0107


入り口はこんな感じです
DSC_0100


旅館の前にはバーベキュー場もあるのでみんなでワイワイバーベキューとかも楽しそう
DSC_0086


宿泊&練習のメイン会場となる大広間
DSC_0092


いろんな形のレイアウトが出来るそうなので人数が多くなっても対応できるそうです(^o^)/
DSC_0091


宿泊が大部屋はちょっと…って方は個室も相談可(数には限りがあるのでお早めに)
DSC_0089


昼食の心配もなさそうな
DSC_0097


キャンプ場も併設なので結構色々と充実してそう
DSCPDC_0001_BURST20190518130523631



DSC_0099


最終日にはこちらの会議室で20分持ち6回戦のレート対象大会を開催!!(参加費は合宿費用に含みます)
IMG_espjbs


水辺で標高も高いので夏でも涼しそうやし、環境は最高かと
DSC_0087


とまぁこんな感じ!!!直接見た感想としてはもうこれ以上ない環境かと♪


子ども達は2泊3日でがっつりオセロが出来ますし、引率の保護者の方も森林浴を楽しみながらゆっくり出来ると思います


そして…昨年もゲストでジュニア以外のプレイヤーが数名参加してくれたんですが、大人の方でももちろん参加していただくことが出来ます


たくさんの小中学生オセラー、そして全国的に増えてきた保護者プレイヤー、全国最強クラスのスーパージュニアとがっつりオセロを楽しみたいというゲストの方のご参加を是非是非お待ちしています!!!!


詳細、お申し込み方法等はこちらをクリック
リンク:夏の小中学生オセロ強化合宿 in 奈良を開催します


道中で撮った草花
Fotor_15581748440715



↑このページのトップヘ