拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ二段

冬…高1の双子弟。現在オセロ五段

蛍…高1の双子兄。現在オセロ四段







さて…わざわざ冬蛍の結果と自分の結果を分けて記事を書く意味があるのか…とも思ったんですが、自分にとっては今までで1番大きな出来事が起こったモノで(^_^;)


最近歳のせいか老眼の進行もモノ忘れも酷いので(汗)まぁ備忘録として書いてみようかと思います(長いです)


5月3日は冬蛍の引率で京都オープンの会場へ…


過去4年間、GWは京都オープンからの兵庫登竜門&スーパーリーグってのがお決まりのコースだったんですが、今まで京都オープンには参加した事がありませんでした


実力もスタミナも無いのに2日で13戦なんてムリぽ…って訳で毎年兵庫登竜門リーグにだけ参加していたんですが、今年は冬蛍が部活も入ったばかりなので2日連続で休みたくはないと早々にスーパーリーグ不参加を決めていました


この時点で選択肢は4つ



①冬蛍と一緒に京都オープンに参加
②京都オープンは引率のみで兵庫登竜門リーグに全力を注ぐ
③ムチャを承知で両方とも参加
④負けるのイヤやし両方とも参加しない



京都オープンの会場に行くまではどうするのか決めて無かったんですが…


2日間とも予約では埋まってないみたいやし、とりあえず参加してその後の感じでどうするか決めればいいか。。。


ってな感じで京都オープンに参加することにしました


結果は…


● vs K地四段
● vs H田初段
○ vs S石1級
○ vs E崎二段
● vs ちーず二段
● vs S部2級
○ vs I畠2級

3勝4敗 54位



結果としては負け越しだったんですが、対有段者でも対局を壊す様な悪手は無く、相手の方が途中で打つ色を間違えて着手して、対応で集中力を削がれて逆転負けを喫した6回戦以外はまあまあ満足出来る内容


翌日の参戦もスタミナが持つか心配で迷ったんですが、何人かの方から「出ましょうよ!!」って声を掛けてもらった事もあって京都オープン終了後に予約メールを送信(^_^;)


今考えるとこの決断がゴールデンオセロウィーク最大の絶好手でした(^o^)/



開けて5月4日は兵庫登竜門リーグに参戦


デビューの年から毎年欠かさず参加していた大会ではあるんですが、冬蛍の引率も運営も無いのにレート対象大会に出るのは実は初めてでした(^_^;)


今までの成績は…



2014 2勝4敗
2015 2勝3敗1不戦敗
2016 3勝3敗
2017 4勝2敗



少しづつ成績をアップさせてはいるんですが、なんせ前日の京都オープンでは2~6回戦が二段以下で3勝3敗だったので強気な事は言えませんよね(^_^;)


ただ1つ刺激を受けたと言えば、前日の京都オープンでT口パパさんが昇段した事


昨年の盤聖戦で昇段したロビンさん、T口パパさんが年下なのは知っていたんですが、同学年のN島パパ2級は…自分が1月生まれやから多分誕生日早いよな。。。


S藤パパ2級やあっくんパパは年齢は知らないけど自分が年下の可能性もあるし、確かな実力のあるパパオセラー達が昇段したら、伏石の権利が移動する可能性があるって事やよな(-_-;)


指導をしている子ども達が強くなって伏石をされるのは嬉しいけど、パパさん仲間にとなると話は違う…


大会前にN島パパさんに聞いてみると、ワタシより誕生日が半年早い


さらにS藤さんもあっくんパパも初段昇段した場合は伏せ石の権利が移動する事が判明


(モチベーションを上げるにはいいキッカケかもしれん…ちょっと明日から頑張って本気で二段目指そう)


そんな話をしてはいたんですが、まだまだ実力が足りてないのは分かってましたから、登竜門リーグの結果とは別の話…とこの時は思っていました



1回戦

vs タダヨッシー二段



初戦の相手は兵庫の小学生グランプリ予選チャンピオンにて小学生グランプリ入賞のM野二段


大会ではまだ1度も負けてはいないものの、オセロクエストや練習対局では負けていますし、前日の京都オープンや最近の大会でも強い方に勝ったり善戦しているのは知っていたので、初戦の相手としてはかなり厳しい(-_-;)


リラックスして対局に挑もうと思って、伏石で「上が…緑!」なんて小ボケをかましてから対局開始www


対局は白持ちで変形快速船から


●M野二段
〇拓初段





M野くんは「これは知ってる♪」と言いながら最善の進行で応じてきます


そしてやや良しかなぁ…という感覚をもって対局は進行し終盤へ…


盤面は黒石が多くて、果たして挽回は可能なのかどうか微妙な状況


明快な勝ち筋が見えなかったのでカウンティングを始めたんですが…


(マズイ…足りひんやん…)


最初の想定の手筋では足りなかったんですが、いくつか手筋を数えると3回目位に33石の手をみつけて「後はカウンティングが合ってるか…」と呟きながら着手


(あれ??何か数えて無かった斜めが返るぞ)


結果は…白37石(^_^;)


まぁ少なく数え間違える分にはオッケーやよなww


って事で初戦を37-27で勝利


なんとか初黒星は回避して2回戦に挑む事となりました



2回戦

vs H田3級


参加者は40名を越えていましたし、石数も稼げなかったからまだそんな厳しい当たりにはならんやろ(^_^;)と思っていた2回戦のお相手はH田3級


昨年の登竜門リーグで負けてはいるんですが、その後の明石チャレンジカップでは勝っていて、落ち着いて打てば勝てるだろう…と思っていました


対局は蝙蝠定石を変化して受けて進行


●H田3級
〇拓初段





中盤にはかなり優勢になってたと思うんですが、終盤近くになるとなんか雲行きが怪しい(-_-;)


差を詰められはしましたが、落ち着いて終盤を読み切って勝利して2連勝スタートとなりました



3回戦

vs M本和二段



2回戦を終わって全勝は11人


石数は最下位だったので、お相手は1敗トップの大阪支部長のM本二段に決定


この時点で1つ上のテーブルが小学生の級位者同士の対局だったので、3回戦を勝てれば順番通りに行けば4回戦は有段者とは当たらない…


(これ…もしかしてチャンスじゃね??上手く行けば二段リーチまでは行けそうかも…)


「可能性残ってるんで譲って下さい(^_^;)」なんて冗談で言ったら「イヤ普通に勝てるやろ」って返されたんですが、定例会では結構勝たせてもらっているものの、レート対象大会になると勝たせてもらえない感じで、相性は決して良くはないという印象


正直苦手意識もあったんですが、この日はリーダーズタイガーから中盤で有利になると、そのまま押し切って勝利


対局が終わると昨日も対局した兵庫のS石くんが私の所にやってきて「次、拓さんとです」と…



(そうか…予想通り次はS石くんか…)


次の対局で勝った方が二段にリーチをかけるって事になりました



4回戦

vs S石1級



4回戦は前日の京都オープンに引き続きS石くんとの連戦


前日は変形快速船→ブルドーザー定石という展開で…


●S石1級
〇拓初段





何とか押し切って勝ちましたが、練習会では蛍に勝った事もありますし、ワタシも何回も負けていますからね~


直近では名人戦小学生の部で、最終的には3位に入った中部の天才小学生S嶋二段に土をつけ、開幕4連勝を果たした大活躍が記憶に新しい兵庫のホープ


この日も二段の方に勝ってましたし、しかもブルドーザー定石を打って振り返りで種明かししてしまいましたから、今日はもう使えない…


伏せ石に勝ったので前日とは逆の黒番を選択して対局は始まりました


対局はリーダーズタイガーからビン定石で迎えたこの局面



●拓初段
○S石1級





前日対戦した中部のE崎二段もこの日のS石1級もここで上側の中辺に手を付けてきたんですが、こういう局面でb4に打つのって小学生オセラーにどう分かりやすく説明してあげたらいいんですかね。。。手数の考え方の説明は練習会でもいつも難しいと感じるところで、b4に打っても黒b3が残るから良く無い手に見えるって事だと思うんですが(´・ω・`)


しかし、ここから優勢を維持できずに終盤には厳しい状況になったんですが、偶数的に逆の手を打ってくれて互角の局面になると、そこから数手先にS石くんは最後連打される手順を読み切れずに隅を取ってしまい勝負あり


正直言って拾った対局でしたが、S石1級にとっても学ぶところは多くあった対局にはなったと思いますし、自分なりに説明はしたつもりなのでまぁ役目は果たせたかなと(^_^;)


これで…開幕5連勝が条件の二段にリーチ(((( ;゚д゚)))


ずっと全勝最下位で来ていたので、負ければ優勝は事実上不可能…ってことは昇段の為には次戦勝つしかないという事か…


大きく石数を稼げなかったので次は恐らく1敗トップとの対局


勝ち上がってきたのは…



5回戦

vs ゆーじ二段



二段の昇段試験官となったのはゆーじサン


生オセロでの対局は1回のみで先月の定例会で勝っているんですが、その時は…






序盤コレから始まりましたから全く参考になりませんよね((+_+))


前日の京都オープンで登竜門リーグにに誘ってくれたのもゆーじサンだったんですが、その理由が…


「拓さん来なかったら僕が優勝してもブログに書いてもらえないでしょう?」ってwwいや行かなくてもリクエストしてくれたら書くけど(^^;)


ただこの優勝宣言は決して大風呂敷ではなくてですね…先述の通り参加者中ランキングは2位ですし、冬蛍共に負けた事もあって、オセロクエストは六段で最高レートは2300超という実力者


そしてワタシとは…H杉二段、でってぃう二段らと共に関西喫煙オセラーズ仲間で、この日も対局の間はほぼ一緒にいました(^_^;)マサカココデアタルトハ…


対局前の会話は


拓「いくら払ったら負けてくれます??」


Yuji「じゃあイチでw」


拓「え?100円??」


Yuji「イヤイヤイヤww」


なんてアホな会話をしていたんですが、


Yuji「でも勝っても優勝厳しいでしょう…」


拓「ん?そんな事無いんちゃいます?今全勝が3人で上2人が直接対決…ゆ~じサン石数多いからここで勝ったら次たぶん唯一の全勝と直接対決やから…」


Yuji「そうか…よっしゃ!!!」


………シマッタ(-_-;)本気にさせてどうすんだ(汗


この逆転優勝のシナリオに関してもう一つイヤなデータがあってですね。。。ゆーじ二段は初戦でT口天ちゃんに盤面勝っていながら最後下辺一列を返し忘れて負けたってのが唯一の黒星


そして去年…関西の誇るイケメンコンビ(笑)の相方のかずを二段が同じく初戦で小学生相手に返し忘れをして敗れてからのサブマリン優勝を果たしていますから…


ただ私も、二段を目指そうって本気で思ったその日に昇段のチャンスが巡ってきたわけですから、かなり気合は入っていました


対局は私が黒で縦取りから虎へ…


5手目で早くも手が止まるゆーじ二段


●拓初段
〇ゆーじ二段





(素直に来ればリーダーズタイガーに…ここからの変化はイエス流かベルグタイガーか…)


以前に両方とも何回か生オセロで打たれた事もあってその時は研究していましたし、冬蛍と強い方の棋譜も何回か見ているハズなので、ゆーじサンが考えている間、必死に記憶を呼び起こしていました


そしてゆーじ二段の選択は…ベルグタイガー!!!







ここから数手先には双方未知の展開になったのは着手のスピードからも分かって、しかもかなり時間を使って慎重に読んで打ち進めている…


これを見て私は完全に頭を切り替えました


(下手の考え休むに似たりや!!実力的には負けて元々やし、終盤まで局面を崩さずに持って行ければ紛れがあるかも…大きなミスだけしない様に気を付けて、決断は早くしていこう)


さらに中盤には辺を取る形になったので、負けるにしてもゆーじサンは石を沢山返さないといけないから、このペースなら針落ちもあるかもなんてセコい事を考えていました(^_^;)


優劣は不明のまま対局は終盤へ…実際にはやや有利だったみたいですが、ワタシの棋力では正確に読み切れる筈もないですから差は無いに等しい状況


思惑通りゆーじサンの時間は1分ちょい…一方こちらは5分以上時間を残していました


時間に追われたゆーじサンは右辺にウイングを張る形になるC打ち


最初はウイングを攻める事を考えたんですが、じっくり盤面を見てみると…


これは…この形は…名人戦直前ジュニア練習会で子ども達に教えた形やよな??ウイングのお尻に付けて隅を犠牲にしつつ右上で手止まりを打てば次の着手を強制できる…隅に蓋をする手筋…


これでかなり中でも石稼げるし…勝てるんじゃ(((( ;゚д゚)))


そこからは流れで進んで最終盤…念入りにカウンティングすると…


足りる…これはどう…どう数えても全然足りてる(´;ω;`)


涙腺は緩み、石を返す手はブルブルと震えていたのが自分でも分かりました


そして終局…盤面はどう見ても黒が多い状況



Fotor_152587079527696



…勝った…二段?…マジで…うわあぁぁぁぁ勝った~


47-17での勝利で開幕5連勝!!二段昇段決定!!!


結果としては上記のC打ちが実質的な敗着で、最善を打たれたらその後メチャクチャ難しかった(^_^;)


ゆーじサンはその手も考えたらしいんですが、時間が無かったのもあって捌ききれる自信が持てなかったらしいので、まさに作戦がズバリとハマった勝利でした


あっくん、N島くんはじめ沢山の方が祝福の言葉をかけてくれて、さらに別室(登竜門リーグは2部屋に分けて行なわれていて上位はスーパーリーグと同室)に結果を持って行くとまた沢山の方がオメデトウって言ってくれて…


この日に頑張って二段を目指してみようと思ったキッカケを作ってくれた
T口パパとN島パパは「僕のお陰ですよね?」「イヤ私のお陰でしょう!」って(^_^;)


ずいぶん昔に大会にお誘いした時に「こんなに沢山オセラーがいるのに…」って言ったら「イヤ…私達オセラーじゃないです」って言われた事があったんですが、そんな事言ってたパパママさんが今やどっぷりオセラーになってますからねww


関西以外の方も含めてそんな保護者オセラーの皆さまの頑張りが間違いなく大きな刺激にはなりました♪


正直な所、もう二度と味わう事のない喜びかもと思っていたのでメチャクチャ嬉しかったです




6回戦

vs H二段


途中までは優勝しちゃうと登竜門リーグに出られなくなるから(二段以下限定戦ですが歴代の優勝者は出場不可)開始5連勝出来ればそれでいいなんて言ってたんですが、やっぱりここまで来れば勝ちたいよね…


しかしながら当然一度緊張の糸も緩めてしまっていますし、昨日から数えて13戦目…集中力も完全に切れてしまっていました


対局はリーダーズタイガーからだったんですが…



●拓初段
〇H二段



そんな時に限って何故か中盤でかなり優勢な局面に


(これ…勝てるんちゃうん??)


相手にg7のX打ちを強制したまでは良かったんですが、通っていたホワイトラインを切る構想が持てなかったので、安易に上側の中辺の壁を破ってラインを切りに行ってしまいます


これが局面を互角に戻す大悪手で、さらにそこからH二段に完璧に打ち回されて10石差の敗北(T_T)


やはり1度気持ちを緩めてしまうといけませんね…あまりにも勿体無い対局…


しかしながら5回目の兵庫登竜門リーグは過去最高の5勝1敗、開始5連勝で二段昇段という大満足の結果を残す事が出来ました


最終結果

5勝1敗 5位 二段昇段



まさか認定証を持って帰る事になるとは思いませんでしたし、この日は電車だったのでカバンも何も持って行ってなかったので封筒に入れてもらった二段の認定証を胸に抱えて家路へ…


途中何度もニヤけながら認定証の『二段』の文字を確認してたので…傍から見るとかなり変なオッサンと化していたと思います(汗)


まさか二段になってるとは思ってないやろうから冬も蛍もびっくりするやろうな…と思って家に帰り着くと、満面の笑みで迎えてくれた2人


Twitterチェックしてて昇段は知ってたらしくて「メチャクチャ嬉しそうに帰って来るやろなw」って嫁さんと3人で話してたらしい(^^;)相手が相手だったんで無理と思っていたらしくてびっくりはしたみたいですけどね~


翌日には実家に帰って父と母から冬蛍の入学祝いをしてもらったので、そこに便乗させてもらってついでに二段昇段祝いも♪



DSC_0725



DSC_0726



DSC_0727



DSC_0728


しかしながら実家の面々は…「冬と蛍は何段?五段と四段?じゃあ一番下やん!!」って比べる相手間違ってますから(^^;)


どうやったら二段も結構大変なんやってウチの家族に伝わりますかね。。。


…とそんなこんなでワタシのゴールデンオセロウィークはまさかの二段昇段という最高の結果で閉幕


Fotor_152587167361576



一緒に振り返りをした対局もあったから結構覚えてるかな??せかっくの記念やしな…と思って再現にチャレンジしてはみたんですが、昇段しても出来ないモンは出来ないという(-_-;)対局してくださった皆様もしよかったら…棋譜下さい(爆)


初段の時同様最大瞬間風速での昇段なのは自分でよくわかっていますし(何故か初めて昇段にリーチかけた時に初段も二段も決めてしまってマス…そんなに勝負強いわけじゃない筈なのに…普段が適当過ぎるのか悪運が強いのか…)少しづつでも二段に相応しい実力が身に付けられるように努力していかなければ…


2日間にわたり運営に尽力してくださった各ブロックの関係者及びお手伝いをして下さったジュニア保護者の皆様、お祝いの言葉をかけて下さった皆皆様、そして対局をして下さったのべ13人のオセラーの皆様、本当にありがとうございました


やった~!!!!!!!!!!!(=゚ω゚)ノ






毎年色々なオセロ大会やオセロイベントに参加している我が家のGW


冬と蛍が部活をあまり休みたくないという希望もあって、例年参戦している兵庫スーパーリーグには出なかったんですが、4月29日には東京で行われた第3回地区大会対抗戦に参戦しました


地区大会対抗戦ってのは大会規定を抜粋するとこんな大会

1. チーム

5人1チームとする。

5人の段位合計に関する制限は設けない。

チームを構成する5名は、ある同じ大会に1年以内に参加しているか、または3年以内に3回以上参加していなければならない。
ここで言う「大会」とは各地区で開催される普通の大会を指し、四段以上を認定できる大会(特別大会)を除く。

チーム名の先頭には、必ずその大会名を付けるものとする。

2. 対戦

対戦はチーム単位で行う。

チーム成績の近いチームで対戦。

大会当日、受付時に1番手~5番手を決定。 同じ番手同士で対戦する

3. 勝敗・ポイント

3人以上勝った方のチームを勝ちとする。
1番手が勝つと10ポイント、2番手が勝つと9ポイント、3番手が勝つと8ポイント、4番手が勝つと7ポイント、 5番手が勝つと6ポイント。 不戦勝チームは21ポイントとする。

4. 順位決定 以下の優先順位でチーム順位を決定する:
1. チーム勝数が多いチームが上位
2. ポイント合計が多いチームが上位
3. 1番手の成績が上位のチームが上位
4. 1つ前のラウンド終了時点での上位チームが上位


…とまぁこんな感じでのスイス方式6回戦の予定だったんですが、参加チームが6チームだったので総当たり5回戦&順位決定戦1回戦という方式で行われました


今回は初の2人での遠征だったんでドキドキしましたが、無事に会場に到着できたみたいで最大の難関だった0回戦を突破ww


Fotor_152501203092575


並び順をどうするのかってのは前の日から色々と相談していたんですが、結局段位通りに正攻法のメンバーになったみたい



1番手:あっくん六段
2番手:冬五段
3番手:蛍四段
4番手:N島二段
5番手:O西二段



参加した6チームは…



【りんかいCC 現役しばき隊】
麻布OB5名で構成された強豪チーム、実質平均段位は四段超


流山OP それはライトニングダボルトですか?いいえ違います】
だぼ五段キャプテンに四段4名をそろえた強豪チーム


【大阪耐久戦 あき冬蛍】
あっくん六段、冬五段の大阪の高段者2人が率いる平均年齢12歳のチーム拓選抜


【郡山名人戦 のんだらV】
もっか絶好調のW田四段を筆頭にS藤四段、I泉四段と女流有段者2人で構成された東北ブロック中心のチーム


【関東学生名人戦 常任理事国】
中学生名人戦ワンツーのN村倫四段、T見澤四段率いる麻布学園オセロ部の高1生五人のチーム


【品川シーサイドOP 中島先生&キッズオセラー】
中島八段とその愛弟子の小学生有段者4人で結成されたチーム


総勢30名の有段者が揃った中々の好メンバーでした



1回戦
【あき冬蛍】 vs 【それはライトニングダボルトですか?いいえ違います】



いきなりの強豪チームとの対戦で初戦から山場だったんですが、冬とあっくんの高段者2人が勝利!!


2勝2敗であとは蛍の勝敗…と言う状況だったんですが惜しくも引き分け負けで初戦は黒星スタート



2回戦
【あき冬蛍】 vs 【常任理事国】



平均年齢12歳と15歳と共に若いチームですが、優勝も狙えるポテンシャルのある両チーム


冬は過去負けの無いN村四段に勝利し、蛍もS治三段に名人戦中学生の部のリベンジを果たしたんですが、あっくんがT見澤四段に敗れ絶体絶命…


この窮地を救ったのは関西No.1小学生のN島二段でした(^^)/見事に勝利を挙げて3‐2で初勝利♪




3回戦
【あき冬蛍】 vs 【のんだらⅤ】



蛍がS藤四段との同段位対決に屈したものの、他の4人が全勝して2勝目



4回戦
【あき冬蛍】 vs 【現役しばき隊】



ここまで全勝の麻布OBチームとの対戦は決勝進出を狙うには絶対に負けられない天王山の大一番


蛍とN島二段が共に惜しくも2石差で敗れたものの、あっくんとO西二段が勝利し勝敗の行方は冬に託されるという事に…


盤面は優勢でお相手のS右田四段の残り時間は1秒…という確勝の状況だったんですが、盤面に集中していた冬は、アラームが鳴らないタイプの対局時計を見ていなくて針落ちしてしまうという痛恨の黒星…


ここまで全勝とチームを引っ張る獅子奮迅の活躍をしていた冬ですが、これはかなり悔しかったと思います…昨夏のオセロ甲子園のリベンジマッチでもありましたからね~( ノД`)


5回戦
【あき冬蛍】 vs 【中島先生&キッズオセラー】


あっくんが中島八段に敗れたものの、実績上位の他のメンバーが中島門下の小学生たちを凌駕し4‐1で勝利!!


順位決定戦
【あき冬蛍】 vs 【のんだらV】



あっくんがW田四段との天才キッズ対決に敗れ、蛍も再びS藤四段に屈したものの、他のメンバーが勝利し3位確定!!


最終結果
あっくん六段 3勝3敗 1番手3位
冬五段    5勝1敗 2番手1位
蛍四段    2勝4敗 3番手4位
N島二段   4勝2敗 4番手3位
O西二段   4勝2敗 5番手4位

チーム成績  4勝2敗 第3位



私は同行しなかったんですが、やはりチーム戦は面白そうですね~


冬は大活躍したものの悔しい負けもあって、蛍は納得のいかない成績だったやろうからどうだったのかな~とちょっと心配していたんですが…


Fotor_152549961919942



送って頂いた写真を見た限りはいい顔をしているので楽しかったのかなぁと(^_^;)


さて次は5月3日に京都オープンに参戦



私も初めて参加したんですが、私の事は置いといて…


冬五段
○ vs M本1級
● vs newk九段
○ vs T口パパ
● vs N尾六段
○ vs I倉五段
● vs でってぃう二段
● vs M本六段


3勝4敗 43位


蛍四段
○ vs M本初段
○ vs O村二段
○ vs hayateさん
● vs newk九段
● vs あっくん六段
○ vs T田三段
○ vs すりっぱ六段

5勝2敗 13位



冬は六段以上の方から勝ち星を挙げられずにでってぃうサンにも敗れて実に小6の時以来の京都オープン負け越し


蛍はすりっぱサンから念願の初勝利!!小学生チャンピオン経験者3連戦なんてめずらしい当たりだったみたい


久しぶりに関西の大会に出られたnewk九段と揃って当たれたのはよかったかなって所ですかね~


もう一つ面白かったのは、2人が当たった級位者、無級の方が3名…


この対局には全勝して貫禄を示した形となった冬と蛍ですが、偶然にもその後勝ち星を重ねて2人が二段に昇段


そしてもうお1人の田口パパも、3勝2敗2分でなんと初段昇段!!!



Fotor_152557103140336


ワタシと冬蛍、ロビン初段と僚初段に続きチーム拓からは3組目の親子有段者となりましたが、対局した級位者の方が全員昇段するという珍しいケースとなりました


なので全対局実質有段者だったって事でいいんですかね(^_^;)


この2大会の参戦で大会は終了し、ゴールデンオセロウィークも終了の予定だったんですが、今日もう一つちょっとした出来事が…


Fotor_152557289017525



オセロクエストで蛍が六段になりました(^o^)/





高校生になったらがっつりオセロモードが復活するのか?…と思っていたんですが、高校生ってホンマに忙しいデスね~(^_^;) 


学校は基本7時間授業で終わったら部活…帰ってきたら飯食って宿題に予習復習やったら風呂入って寝るといった生活が見た感じはずっと続いていて中々にハードそう


スマホ買ってから暫くはオセロクエストを打っていたものの、「やっぱり5分持ちのネット対局は自分たちには合わない」と言っていた冬と蛍は入学式以降は打っていない様で、空いた時間に研究や終盤はやっているのかどうなのか??ってな状況


ですがオセロを続けたいという意思は持っているようで、クラブ見学は日曜日が休みの水泳部、軟式テニス部、柔道部なんかに行っていたらしいんですが、先日水泳部に入部届を出したそうな…


水泳は小学校の時にスイミングに通っていたので一応4泳法全部出来るし、まぁ経験者って事になるんでしょうか??


さらに冬の担任の先生が偶然副顧問だったらしくて、一応オセロの事も話したらしいですが…今のところ今後どんな状況になるのかは全く未知数ですね~


そんな感じの冬蛍ですが、先週の日曜日には実に10か月ぶりに定例会に参加


DSC_0666



おなじみの風景だった1番テーブルの元ジュニア頂上決戦も久々だったんですが、大きく変わった事が一つ…


DSC_0665



そう、伏石の権利が移動しちゃったんですよね(^^;)


対局も終盤一瞬互角位の局面はあったみたいですが、最後はあっくんが完勝!!


冬と入れ違いで関西No.1中学生となった彼から伏石の権利を取り戻すのは中々に厳しいでしょうね。。。


しかしながら冬はこの黒星以外は全勝で準優勝と存在感は示した結果に


蛍は当たりもきつくて盤面2勝2敗1分でハンデは2勝3敗という結果でした


そしてワタシは盤面2勝3敗と負け越したんですが、ハイライトは初戦を完勝して挑んだ2回戦…お相手はM本六段でした


私が黒で初手を打った後、小考するM本さん…


縦、斜め、並び全部打たれるのでいつもの事なんですが、このビミョーな間がけっこうイヤなんですよね~(-_-;)


そして…






ついに来たよ…旅チュー使いでしかもメチャクチャ強いらしいってのは知ってはいたんですが、実際に打たれるのは初めて


ここで考えたワタシ…


(どうせ棋力も暗記も劣ってるんや…まともに打っても勝負にならんよねwならば…)






3手目d3(笑)


これには隣の1番テーブルで打っていた冬も苦笑い…他の周囲の対局者の方にも結構ウケたんですが…ってウケ狙いで打った訳ではなくてですね(^^;)


冬と蛍が小学生の時に参加したネットオセロの大会『オセロの架け橋杯』って大会のたしか決勝戦だったかで、同じく鼠使いの東北の超絶雑魚【雑魚流】四段の並び取りを相手の方がこれで受けて、解析してみたらほぼ互角やったって記憶があったんで…


とはいえ次白の最善がどこやったかすら覚えてなかったんですが、結構うまく打ち進められている気はしながら対局は終盤へ


(これ…勝てるんじゃ………)


ワタシの感覚ですからアテにはなりませんが、優位を感じながら最終番に突入


しかし、3手目で自分から未知の対局にしたこともあって持ち時間がない( ̄ロ ̄|||)


そして結果は…盤面勝っていたものの59手目で針落ち負け(p_q*)


次こんな機会がいつあるか分からないっていう大チャンスだっただけにメチャクチャ悔しかったんですが、私が4年前初めて定例会に来た時の初戦の相手がM本六段…


すなわち人生で初めて対局した無差別有段者がM本さんで、その時は全く相手になりませんでしたから、マグレだとしてもここまでの対局が出来たって事は嬉しかったですね~


この2回戦ですべてを使い果たした感じでその後はボロボロでしたが、久々に3人で参加した定例会はやっぱり楽しかったです♪


さて…忙しくしている冬と蛍ですが、今月参加が確定している大会がもう一つありましてですね


4月29日に品川で開催される、5人一組のチーム戦『第3回地区大会対抗戦』にメンバーとして参加します!!


チームメンバーは先日の姫嶋神社で多面打ちをしたこの5人


Fotor_152438475575088



平均年齢12歳と若いチームですが合計段位は19段(☆゚∀゚)中々面白いチームなんじゃないでしょうか♪


チーム名は…

【大阪耐久戦 あき冬蛍】


我が家は『拓冬蛍』西日本最強の高1トリオは『池冬蛍』昨年のオセロ甲子園3位のチームは『僚冬蛍』と今までもこのブログのタイトルにちなんだような呼び方をしてきた事はありましたが、今回ナゼ『あき冬蛍』って名前になったかというと…


Akihiro
Takaaki
Masaaki



名付け親はあっくんなんですが、イヤこれは気付かなかったですね~ww


彼らも高校生になりましたし、今後はメジャー大会に2人で遠征することも増えてくるでしょうから、その練習も兼ねて私は今回は同行しませんが、全員が実力を発揮できれば十分上位も狙える可能性があるんじゃないかと(^_^)v


0回戦突破できる=無事会場にたどり着けるかが少し心配ではありますが(笑)関西からチーム『あき冬蛍』の活躍を楽しみに応援したいと思います






新年度が始まって2週間…


オセロ以外の事が沢山、オセロ関係の事もちょこっとあって、まぁかなり忙しい日々を過ごしています(^^;)


4月1日に多面打ちイベントがあったのは先日書いたんですが、4月7日には冬蛍の高校の入学式


Fotor_152308764967042



DSC_0648


DSC_0650



その後には入学祝いでいつものピザ食べ放題へ


DSC_0655



お祝い続きで家族で一番運動していないワタシの体重が心配デスね(´・ω・`)


翌8日は冬蛍は大阪耐久戦第1部に参戦、私は同時開催の関西新人王戦の運営に


昨年のブロック予選以来、実に8か月ぶりの近畿北陸ブロックの大会復帰戦となった訳なんですが、共に今まで負けた事の無かったジュニア有段者に白星を献上するなど、冬4勝3敗、蛍3勝4敗と振るわず…


元々天才肌タイプではなく、コツコツと練習を積み重ねて実力をつけてきた2人ですから、ブランクの影響は思ったより大きいか…なかなか実戦と練習を積みあげていかないと結果は伴って行かないかもですね~


私が運営をしていた第4回関西新人王戦は、有力な級位者が軒並み昇段したこともあって、前回のトップ10は誰もいないというフレッシュな顔ぶれに


展開としては神奈川から遠征のD橋1級、初参戦の北摂オープンで好成績を残したK久保3級の2人に、兵庫オセラーズカップ・プチカップ準優勝のN井2級、小学生では実力上位のI上1級、ファミリーオセロ大会保護者トップのN島パパ2級あたりが絡んで行けるか…ってな予想だったんですが、、初参加の方も中々の実力者揃いでかなり面白い大会となりました


前半戦を終了した時点で全勝は3人だったんですが、その内2人はI上1級にI藤2級と練習会組の小学生プレイヤー


有力な小学生が軒並み昇段した中でも、こうして関西新人王戦でも上位を賑わすような子ども達がまた新たにどんどん出てきているってのは嬉しい限りですね~(^^)/


後半戦は、4回戦終了時で単独全勝となったD橋1級が5回戦で敗れて、最終戦を前に1敗が5人並び、石差的には全員に優勝の可能性があるという大混戦にΣ( ̄ロ ̄|||)


最終戦を制したK久保3級が石差で僅かにD橋1級を上回り、終わってみれば順当なワンツーだったんですが、K久保新初段に唯一分け勝ちで黒星を付けたのがN島ママ2級だったので結果としてはroseさん最強って事ですねww


今回もう1人注目だった級位者は、あえて関西新人王戦に出ず、級位者で唯一大阪耐久戦第1部に参戦した小学6年生のO田2級


まだ大会に出始めてから日は浅いんですが、名人戦直前練習会で練習対局した時には完敗(T_T)


ミニ大会でも準優勝するなどかなりの実力の持ち主ですが、さすがに昇段狙うなら関西新人王戦の方がいいんじゃね~の??優勝候補になるやろうし…もしや予約時に間違えたのかな?と思っていたんですが、本人に確認すると


拓「O田くん、耐久戦でいいの?」


O田「ハイ!!大丈夫です!」


拓「でも…級位者一人だけやで??」


O田「う~ん…でも耐久戦で!!」


その心意気やよし!!条件は7戦5勝なんで厳しいやろうけど頑張れ!!と思っていたら、なんと初戦あっくんに負けた後4連勝で6回戦で早くも昇段にリーチ(((( ;゚д゚)))


これは行くんじゃね~の??と期待が膨らんだものの、ここからO田くんの前に立ちはだかったのは兵庫名人のS生六段に兵庫準名人で名人戦小学生の部4位のO西二段…


惜しくも昇段はなりませんでしたが、もう時間の問題でしょうね~


絶対的エースのあっくんが抜けましたが、今年の近畿ブロックはN島二段、S藤二段、O田2級のトリプルエースといった強力布陣


この6年生トリオは小学生グランプリでもかなり期待できそうです♪


さてこの翌日9日から学校が始まって、10日には早速入学後最初のテスト、その翌日からは授業にクラブ体験があって帰ってきてからは予習復習と本当に忙しくしていて、結局日常的には受験前とオセロ出来ている頻度は変わらないという状態なんですが、今日は昨年の6月以来、実に10か月ぶりに3人で大阪支部定例会に参加予定


直近で一つ遠征の予定が入ったので、おそらくその前最後の実戦って位置付けになるんですが、まぁ日々忙しいので気分転換にオセロ楽しんでくれたらいいかなと…


今もブログ書いてる横でやってるのはオセロぢゃなく勉強ですからね(^_^;)


まぁ何にせよ、久々に親子3人揃っての定例会、メチャクチャ楽しみ♪


参加予定の皆様、よろしくお願い致します







今日は朝から冬と蛍を連れて大阪市内へ…


向かった先は大阪市西淀川区にある姫嶋神社


K村四段からのお誘いで、姫嶋神社で行われたお祭りで多面打ちをしてきました


会場の雰囲気はこんな感じ



Fotor_152258056531240



参戦したメンバーは…


Fotor_15225775764801
あっくん六段



Fotor_15225777456498
冬五段



Fotor_152257788352415
蛍四段



Fotor_152257798655964
N島二段



Fotor_152257807906751
O西二段



全員が小学生名人戦かオセロ小学生グランプリで入賞経験があって、今の関西ではこれ以上ないというまさにジュニアオセラーオールスターズ!!!


厳密にいうと冬と蛍は今日からジュニアでは無いんですが、まぁよしとしましょう(^^;)


盤は6面で、3面打ち×2人を交代で行いました


『天才キッズ全員集合!!』を見ていたとかで、あっくんの事を知っている方もチラホラ…


最初は子どもの挑戦者が多くて…多面打ちイベントで子ども相手にはあまり石を減らし過ぎると、親御さんがイライラしてくるので難しいなんて話も聞いたことがあるんですが、今回は打っているのも子どもですからねww


パーフェクトが出ると会場も盛り上がっていましたが、あっくんが子ども相手に3面全部全消しした時には、流石に対戦相手の子に「もう少し優しくしてよ」なんて言われていましたww


注目を集めていたのは、ジュニアオセラーの中でもひときわ小さい新小2のO西二段



Fotor_152258155527016




今日のメンバーでは唯一この日が多面打ち初経験だったんですが、流石はスーパー1年生という所を見せて、大人や上級生のお兄ちゃんお姉ちゃんの挑戦者をキリキリ舞いさせていて、たくさんの方から「凄いね~」と声をかけてもらっていました♪


中には何回も何回も挑戦してくれた子もいましたし、オセロ小学生グランプリ2018のチラシも配布したので、今日挑戦してくれたこの中からグランプリの予選に挑戦してくれる子が少しでもいてくれたら嬉しいですね~(昨年は多面打ちイベントがきっかけで予選に参加して、全国大会に駒を進めた子もいました!!)


お昼ご飯はK村四段のお母さまが作ってくれたお弁当を堪能♪


Fotor_152258244382696


超美味しかった!!ごちそうさまでしたm(__)m


午後になって盛況になってきてからは大人の方も結構参戦していたんですが…中には100円玉を積み上げて何度も挑戦する方も


更には「勝っても景品はいらないからハンデくれ!!」という方も出てきて…


まずは隅2個を与えて蛍が勝利!!


その後「じゃぁ次は…」と言ってワタシが隅3個に黒石を置いたんですが、冬は更に自ら1個石を追加して、なんと四隅黒でのハンデキャップマッチも…


Fotor_152257960852739




勝った方にはおもちゃや大回転オセロミニを景品として用意していたんですが…



Fotor_152258111885552




最終的には100戦超で上記5人+K村四段に、ワタシも1局だけ打って、上記のハンデ戦も含めて見事に全勝!!



Fotor_152258210296329



オセロ関係の方が来てしまうと趣旨が変わってしまうって事で告知はしない予定だったものの、見事に検索王と名高いShiganosukeさんのブログにすっぱ抜かれてしまって有段者の挑戦が無いかドキドキしましたが、誰も来ませんでした(^^;)


天候にも恵まれましたし、お祭り自体が大盛況だったので途切れることなく挑戦者の方がが来てくれて、メチャクチャ楽しかったですね~♪


今回お声をかけて下さったK村四段及び運営やお弁当作りでご協力くださったK村四段の御両親及び、運営に協力してくれた関西ジュニア保護者の皆様、多面打ちに挑戦してくださった皆様、そして5人の達人ジュニアプレイヤーのみんな、本当にありがとうございましたm(__)m




↑このページのトップヘ