拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中3の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中3の双子兄。現在オセロ四段







第29回京都オープン
日時 : 2017年5月3日(水・祝)
会場 : 京都市北文化会館 第1・第2会議室
試合 : 20分持ち, スイス方式7回戦,引き分け有り




京都オープンの1回戦は基本関西の方とそれ以外のブロックの方が当たるようにするんですが、1回戦の組み合わせで遠征の方が全員名前を呼ばれるまで冬と蛍の名前は呼ばれず…


初戦は2人とも定例会常連組同士の対局となりました


1回戦
冬五段(大阪) vs K井初段(大阪)
蛍四段(大阪) vs U田二段(大阪)



1回戦で嫌な相手を引いたなぁと思ったのは蛍


レート対象大会での対局数は冬の次に多いんですが、対戦成績は2勝6敗

今年に入ってからも1勝1敗の五分ですし、定例会でも結構負けているイメージがあって、苦手な印象が強いんですよね~(-_-;)


一方の冬はK井初段


こちらは最近ほとんど負けてないですし、まぁ大丈夫かな~と思っていたんですが、盤面を見た時にはこんな局面



●K井初段
○冬五段




ナゼか指定打ちのこの局面でK井さん長考してたんですが、これはもう大丈夫…でも中盤まではほぼ互角の内容だったみたいですね~


一方蛍の局面は怖くて見に行けず…


対局カードを持って立ち上がったのを見て勝ちを確認したんですが、後で棋譜を見ると内容的には完勝!!


この後U田さんは5連勝の快進撃で三段にリーチって所まで行ったので、それだけに蛍の強さが際立った対局でした




2回戦
冬五段(大阪) vs O村二段(岡山)
蛍四段(大阪) vs T口美二段(京都)


共に初戦は+16で勝ったので物凄く嫌な予感がしたんですが…上手くズレてくれて兄弟対決は回避


1回戦でF屋敷くんとのジュニア二段対決に+18で初勝利したT口美ちゃんが、冬と蛍のどちらかと対局するという状況に…


53名の大人数で同石差の方もかなりいたので、組み合わせはワタシとすりっぱサンでランダムに決めて行ってたんですが、たまたまその場に美ちゃんがいたのでどちらと対局するか引いてもらうことに…


美ちゃんに「対戦相手、冬か蛍でくじ引き(^_^;)」と言うと「ぇ~~~」と頭を抱えていたんですが、引き当てたのは蛍


今までに多面打ちで一度敗れた事はあるものの、大会ではまだ負けていないんですが、最近の美ちゃんの充実ぶりは凄いですからね…


組み合わせが決まった後、T口パパとこんな会話をしていたんですが…


拓「そろそろ負けそうやな~」


T口パパ「そろそろY崎家に勝たないとね!!」


拓「………Y崎家には勝ってますよ…」


T口パパ「あっ(^^;)…Y崎兄弟ww」


拓「………( ノД`)ヒドイ」


ワタシが眼中にないのは置いといて…本当に強くなってるんで、またしても蛍が嫌な相手引いたなぁ…と思ったんですが…


中盤に盤面を見に行った時にはもう蛍がかなり優勢で、終盤も24個空きから全最善と完璧な打ち回しを見せて大勝!!いや強い…


一方冬のお相手は岡山のO村二段


関西にもよく遠征に来られるO村二段ですが、ナゼかよく当たるんですよね~

 
数えてみると4年間18回の関西遠征で我が家との対局は12回(^_^;)


その中でも冬との対局が一番多くて今回で7回目なんで、O村さんにしたら(またか…)って心境だったかもしれませんが、こちらも今まで負けの無い冬の大勝


2回戦は揃って圧勝で、共に開幕2連勝となりました!!



3回戦
冬五段(大阪) vs M本六段(大阪)
蛍四段(大阪) vs ぷふぁ鉢三段(兵庫)



またも石差が近かったので兄弟対決の危機だったんですが、何とか回避…


1番テーブルと2番テーブルで共に高段者との対局と、最初のヤマ場を迎える事となりました


DSC_0043




冬も蛍もまだレート対象大会では一度も勝っていないお2人との対局


蛍は多面打ちで勝った事があるだけなのでかなり厳しいか…と思っていましたが、今回も完敗(-_-;)やはりなかなか勝たせてもらいませんね~


毎回の事なんですが、初戦の小学生の女の子との対局の後も、蛍との対局の後も振り返りと指導をしてくれていた鉢サン


本当に欠かす事なく毎回なので素晴らしい…関西ジュニアの保護者の中では当たれたら超ラッキーってな感じになってますから( ^^) イツモアリガトウゴザイマス


冬や蛍や関西のジュニアオセラーが大人になって、その時にオセロを続けていたら、また次の世代に返してあげて欲しいですね♪


一方の冬はレート対象大会では勝ててないんですが、昨年は練習会や定例会での対局しかなくて、多分全部勝っていた筈なので、こちらは期待して見ていました


対局は終盤…



●M本六段
○冬五段





観戦していて(h2打てばその後白f8もあるし悪くないんじゃ…)と思っていたんですが、冬の着手はh6


時間も使って考えてたので、ワタシには読めないもっと凄い筋があるんや…と思ったんですが、これが痛恨の分け着となり引き分け


本人も悔いの残る対局だったみたいで、まぁ勿体無かったですが、負けでは無いしまだ上位は狙えるよな…


前半を終わって冬は2勝1分、蛍は2勝1敗と優勝争いからは一歩後退となりましたが、まだまだ上位を狙える位置で折り返しの4回戦を迎える事となりました


………voi.3へつづく





京都オープン当日…


今回は電車で行く予定にしていたので、開場時間位に着くように枚方の実家を出発


ゴールデンウィークの割には電車も空いていて、予定通りに会場に到着しました


今年で4回目の参戦となるこの大会は毎年遠征者の方も多くて色々な方と打つ事が出来ますし、冬と蛍の無差別大会デビュー戦でもありますから2人とも思い入れもあって楽しみにしている大会


今年も参戦して下さった遠征の方で、過去に冬蛍と京都オープンで対戦していただいた事がある方は…


山川七段  第27回蛍×
N尾六段  第28回冬○
I倉五段  第26回蛍× 第28回蛍× 冬○ 
K地四段  第28回蛍×
G藤四段  第27回蛍○ 第28回蛍×
K川三段  第27回冬○
F屋敷二段 第28回蛍○  
O村二段  第27回冬○
S部女史  第26回冬×


この9名以外にも他の大会で対戦した方もいますし、拓冬蛍の3人の誰かと一度も対局した事が無いって方は大会初参加と久々の参加となる方3人だけというメンバー構成


当たった事の無い方と多く打てる大会ってイメージだったんですが、それだけ沢山の方にいろんな大会で対局していただいたって事ですね~♪


参加者は53名中高段者が10名、三段以上まで含めると20名(いずれも格含む)と、関西の大会としてはかなりのハイレベル


そしてジュニアトップ賞に挑むのは9人…その中でも有力候補となる有段者は中学生が冬五段、蛍四段、T口美二段の3人、小学生があっくん三段、F屋敷二段の2人で計5人


全員が無差別段位でレートも1100越え、王座戦出場経験もあるという、間違いなくこの4年では最激戦のジュニアトップ争いが繰り広げられそうな凄いメンバーが揃いました


過去の戦績は冬が2.5勝、4勝、5勝と順調に勝ち星を伸ばしているのに対して、蛍は3年連続3勝4敗と苦戦していますが、果たして…


冬と蛍の中学3年生のオセロヒストリー開幕戦となる第29回京都オープン、いよいよ始まります!!



DSC_0042






疲れ過ぎて寝落ちしたので昨日になっちゃいましたが、冬と蛍が三段以上限定戦の兵庫スーパーリーグ、私が二段以下限定戦の兵庫登竜門リーグに参加してきました


兵庫スーパーリーグは参加者8人


S生六段、ぷふぁ鉢三段の六段格のお2人に、京都支部長のU野三段、昨年の兵庫登竜門リーグを制したでってぃう二段(登竜門リーグの歴代優勝者は二段以下でも出場可)と大人が4人


この4人に、冬五段、蛍四段、あっくん三段、I田三段の西日本ジュニア4強が挑むという形


このジュニア4強の中で輝きを放ったのは昨日の京都オープンに引き続きまたも蛍

DSC_0056



開幕からI田三段、あっくん三段、冬五段と強力なジュニアのライバルをなんと3連破(((( ;゚д゚)))


トップタイが4勝2敗という大混戦だったんですが、石数合計で僅か2石及ばず惜しくも準優勝でした


冬は蛍、I田くんと同学年のライバルに黒星を喫し苦しい展開でしたが、ランキング上位の六段格のお2人に勝って混戦を演出し、3勝3敗の打ち分けという結果


私は4勝2敗と登竜門リーグ4回目の参戦にして初の勝ち越しで10位♪


級位者に黒星があったものの対有段者は1勝1敗だったので、まぁ良しとしましょう(^_^;)


登竜門リーグもスーパーリーグも「こんな事あるんか??」ってなドラマチックな優勝争いが繰り広げられて、ネタになりそうな事は沢山ありましたが、詳細はまた後日書けるかな??


我が家のゴールデンオセロウィークはこれにて終了


2日間に渡り、3人と対局して下さった皆様、お声をかけて下さった皆様、運営に携わって下さったスタッフの皆様、ありがとうございましたm(__)m


DSC_0058


 




中学3年生になってから初のレート対象大会参加となった第29回京都オープン


冬と蛍は順当に開幕2連勝し、3回戦では1・2番テーブルに


DSC_0043



共に高段者格の方との対局となったんですが、蛍はぷふぁ鉢三段に屈し、冬はM本六段とドロー


しかし蛍はここからS生六段、N尾六段に勝利するなど3連勝し、最終戦は1番テーブルへ…


お相手は全勝のりばー七段


DSC_0051



勝てば優勝者が入れ替わる可能性が高く、自身も入賞の可能性大という大一番だったんですが、ここは地力の違いを見せつけられて完敗


しかし、ジュニアでは唯一の5勝を挙げ、6位に入って初のジュニアトップ賞を獲得と大健闘でした(^o^)/


DSC_0052



冬は阪大オセロ同好会長のMIUさん、3位に入った虹サンの二人の強豪オセラーに苦杯を舐めたものの、初対局となったG藤四段との最終戦を勝って4勝2敗1分、12位という成績


悪くはないんですが当然納得はしてませんね(^_^;)


明日は冬蛍は兵庫スーパーリーグ、私は兵庫登竜門リーグに参戦予定


蛍は更なる躍進を、冬は巻き返しを賭ける形となりますが、果たしたどうなる事やら…


今日に引き続き参戦の方も、明日のみ参戦予定の方も、よろしくお願いいたしますm(__)m




 




いよいよ昨日からゴールデンウィークに突入


前半の土日は関西では大会は無かったんですが、東京オープンではジュニアオセラーが大活躍だったみたいですね~


まずは名人戦小学生の部で旋風を巻き起こしたK島2級が、ハイレベルなメンバーの中、5勝1敗というとんでもない戦績で初段昇段


成績は三段相当で勝ったメンツも相当ヤバいんですが、通常の大会では2段階までしか昇段出来ないので…


ジュニアの級位者がいきなり三段相当の成績ってのはここ最近では記憶に無いぞ…と思ったんですが、兵庫オセロの勉強会2015春を全勝優勝した蛍がそうでした(^_^;)ワスレテタ


更には関東最強女子のK山初段が4勝で二段昇段、昨年の名人戦小学生の部で年長さんで入賞を果たしたY口1級が3勝で初段昇段と、3人のジュニアオセラーが昇段


ちなみにY口パパさんも3勝で初段昇段で、K島新初段は七段のご子息ですから、一気に2組の親子有段者が誕生したって事になります


関西のパパオセラーズもこれに続きたい所ですね~


関西では大会は無かったものの、名古屋オープン、犬山オープンと中部ブロックの大会を連戦したあっくん三段が、土曜日の名古屋は3位、そして今日の犬山オープンでは全勝優勝で連覇達成したそうなΣ( ̄ロ ̄|||)


image



もう今更驚きはしませんが、これで無差別大会優勝は3回目で、2日間トータルでレートでも冬を抜いて両方とも関西ジュニアではトップに立つという事になりそう…


直接対決のありそうな3日4日の京都オープン、兵庫スーパーリーグでは関西ジュニアのトップを賭けて最強小学生と最強中学生が雌雄を決するって事になりますかね~(-_-;)


犬山では3位にもあっくんと揃って開幕4連勝だった中部のF屋敷二段が入り、ジュニアオセラーが大活躍だったゴールデンウィーク前半


後半は3日に京都オープン、4日に兵庫スーパーリーグと登竜門リーグと関西でも大会が開催されます


京都オープンは既に満員御礼で予約は締め切られていますが、兵庫の方はまだ大丈夫なんじゃないかな??


毎年遠征の方も多い両大会ですから、いろんな方と対局してもらえたら嬉しいですね~♪



↑このページのトップヘ