拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ二段

冬…高1の双子弟。現在オセロ五段

蛍…高1の双子兄。現在オセロ四段







いよいよやってきた関西の小学生オセラーにとっては大勝負の決戦の日、オセロ小学生グランプリ大阪予選


事前の情報から午前には最大の7枠と同数かそれを超える練習会や定例会参加組の選手がエントリーしている事は分かっていたんですが、参加者の名簿を見てみると…


昨年の代表
N島二段
F見初段
S石1級
I藤1級
I井2級
M口2級

その他の練習会や定例会参加組
O田1級
Y下2級
K口3級
O崎3級


ざっと見て名前を知っているだけでこれだけのメンバーがエントリー


会場に1番乗りで現れたのは優勝候補筆頭のOSG2017、第38期名人戦小学生の部共に3位のN島二段だったんですが、緑のオセロTシャツを着て現れた彼の背中には…



IMG_20180703_214437


あかん…これアカンやつや。゜(´Д`)゜。


決して天才肌タイプではない彼と初めて出逢ったのは、OSG予選に初参加した直後の3年前


予選を突破して、本選でも4勝を挙げたんですが、当時の茨城トップクラスの小学生オセラーにパーフェクト負けを喫した…というのが彼がオセロにのめり込むスタートでした


翌年はからずも当時の小学生の1日のレート上昇記録を樹立して早々に有段者になったものの、当初は実力が追い付いておらず苦労もして、OSG入賞では学年が上の同地区のライバルに先を越されもしました


強いライバル達と切磋琢磨しながら着々と力を積み上げてきた彼にオセロの神様が微笑んだのは去年…名人戦とOSGで連続3位と大爆発し、一気に全国区の小学生トップオセラーへの階段を駆け上がったN島くん


しかし今年の名人戦小学生の部では、力をつけてきた同じ関西の同学年のライバルに開幕から連敗…


ホンマに山あり谷ありで、その中でコツコツと努力を積み重ね、少しずつ力を蓄えてきた彼と、その御両親の最後のオセロ小学生グランプリに懸ける並々ならぬ思いにもずっと接して来ましたからね…


それだけにこのTシャツのバックプリントを見たときは心にグッと来たというか…語彙力がなくてその時の気持ちを的確に文章に出来ないのが悔しいんですが…なんせまぁとてつもなくカンドーしました。゚(゚´Д`゚)゜。



そんだけの実績があったら予選突破は楽勝やろ…と思うかもしれませんが、大本命ではあるものの決して楽な状況とは言えない…それほどまでに関西の小学生のレベルは上がってきています


N島二段の対抗となるのが同じ6年生、最初で最後の小学生グランプリ出場を目指すO田1級


背も高くて見た目小学生には見えないんですが、その棋力も大人顔負けで、昇段のチャンスにこそ恵まれないものの無差別大会で何度も勝ち越している実力者


この2強が頭1つ抜けてる感じではあるんですが、4年連続代表を狙うS石1級、昨年の本戦以来の大会出場というブランクが気になるものの、無差別有段者のF見初段、それから昨年小1で代表を勝ち取り、その後の成長著しいI藤1級などが2番手グループ


最近定例会や大会によく出ているY下2級、K口3級あたりも大きな差は無いですね~昨年の代表権獲得から1年間頑張ったI井2級らと共に上位に入れる可能性は十分に有る


昨年の予選覇者の1人M口2級は本戦以降大会に出ていませんが、1年間でどれほど力をつけているか…それは今年の初めから大会に出始めたO崎3級にも言えることなんですが、彼に関しては対局を見たこと自体がほとんどないので。。。


10回に1回の波乱が起きるのがOSG予選ですし、1つの大きなミスをした時にそれを咎めるだけの実力のある選手は揃っていて大激戦の予感…


更に、一緒にスタッフとして参加していたあっくん六段から厳しい情報が…


「拓さん…今エントリー78人で代表枠は5人だそうです」


5人!?


これだけの面子が揃ってるのに、たった…たったの5人???


マジか………(T_T)



Fotor_153078901350592


あっくん六段の挨拶の後、いよいよ激戦の大阪予選が幕を開けました!!


初戦から2戦あった有力候補同士の激突…昨年の代表同士の対戦となったM口2級 vs I藤1級戦はI藤くんが勝利。


そしてF見初段はK口3級に勝利したんですが…私はK口くんかなり強いと思っているので接戦になるんと思っていたんですが、対局はF見初段の完勝Σ( ̄ロ ̄|||)強い…


この2人に土がついた以外は初戦は全員が白星スタート


特に2強のO田1級はパーフェクト勝ち、N島二段も63石獲ったんで当たるのか…と思ったんですが、もう1人パーフェクトが居たみたいでいきなりの2強対決は回避


N島二段には、通称『小2トリオ』の1人、成長株のY下2級が挑戦する事となりました


2回戦はF見初段とS石1級という昨年の代表同士の2戦目の激突


私は初戦負けた方のテーブルに居たので最初はM口2級の対局を見ていたんですが、昨年練習会に参加してくれた事でやはり打ち筋は変わってしっかりとした手を打っていて、途中難しい局面にもなったんですが読み切って勝利


初戦が黒引き分け勝ちで1敗のトップと当たっていたI井2級の対局も見れて、こちらも最後連打を読み切って完勝!!


サブマリンの方が与しやすい相手と当たる可能性が高いのがOSG予選ですからこの辺もまだまだ分かりません


そしてやはり最後まで残っていたのはS石1級 vs F見初段とN島二段 vs Y下2級の2戦


先にN島 vs Y下戦を見に行ったんですが………これN島くんヤバくないか(゚ロ゚;)


今の高学年があっくんに引っ張られて強くなった様に、今の低学年はO西二段という規格外の存在に引っ張られて強くなっているって印象で、実際Y下くんもかなり強いんですが…それにしても。。。


これで勝ちきれたら凄いよな…と思って見ていたんですが、結果はN島二段の僅差勝ち


形勢がびっくり返ったのは最終盤だったそうです


もう一方の対局は…終始有利っぽく見えたS石1級が最後は完勝!!


S石くんが強いのは分かっていましたが、1回戦でF見初段の強さを目の当たりにしていただけに…レベル高い(-_-;)



昨年の予選で直接対決の勝敗以外は完勝で1-2フィニッシュだった有段者2人がこんだけ苦労するとは…やっぱり今年は半端ない!!


そして激戦を繰り広げる有力候補を尻目にスタートダッシュを決めたのはO田1級


2戦で獲得石数は………ひゃくにじゅうはちwwww


「これはやり過ぎやろ(笑)」って言ってたんですが、大きなアドバンテージを得て3回戦に向かう事となりました


3回戦はおそらく有力候補同士の対局は無かったと思うんですが、私が見ていたのは先程N島二段と接戦を演じたY下2級の対局


途中で自分の石が多くなった時に相手の子が「今は有利やな!」なんて言っていて(^^;)かなりの実力差があって実際相当有利だったんですが、終盤にミスがあっていろんなラインが通って種石が無くなってしまう状況に。。。


(マズい…これ多分まともに打たれたら負けるぞ…)


しっかりと時間を使って勝てる可能性のある手を打ったY下くん


その後相手のミスもあって互角に近い状況に…


最後数えたら33石あったんでホッとしたんですが…OSG予選はままあるんやよなこのパターン。。。


冷や汗をかいたものの何とか希望をつないだY下2級


他の有力候補の子ども達も1敗までに踏みとどまって、後半戦に駒を進める事となりました


……………黎明編につづく




オセロ小学生グランプリの大阪予選を迎えるに当たって、いろいろと考えていた事がありました


年々狭き門となっている印象のあるオセロ小学生グランプリ決勝大会


『オセロ小学生グランプリは夢のある大会であって欲しい』と某ジュニアオセラーの保護者の方がTwitterに書かれていたんですが、近年ホンマに予選通過が厳しくなってきています


以前はどのブロックでも1敗までは大体拾う感じで各ブロック7~8名の代表が選出されていたんですが、予選通過者が三分の一になったなんてブロックも。。。


今オセロを続けているジュニアオセラーの中には、下位で拾われて全国大会に出られたことがオセロにハマったきっかけ…ってな声もよく聞きますが、各ブロックが本腰を入れて強化に乗り出したことと相まって、そういう類の出場はどんどん厳しくなっていっていますね~


特に大阪予選は、今年が初めて上手く行っても普段から頑張っている子がみんな揃って決勝大会に行くのは難しいというまさに群雄割拠の戦国時代に突入しました


4勝1敗の成績で乗り切った子がみんな決勝大会に出られていた時代は終わった…ならば…出来るだけ運の要素を排除して本当に強いベストメンバーを全国大会に送り出せる様な方式したい…


ブロックの保護者の方からも色々と相談は受けていたんですが、馴染みの子どもたちが出やすい様にという事は全く要素としては考えない。本当に強いメンバーが予選を突破できる方法だけを考えるという事は機会があって公言もしていました


大阪予選にはオセロ連盟のスタッフの方が来られますので、ブロックの面々は運営のお手伝いのみで、今までは選抜方法を考える事は無かったんですが、今回は意を決して連盟の方に選抜方法を進言するメールを送信


近畿ブロックの強化担当としてワタシが出した答えと言ってもいい進言メールの内容は以下の通り



今晩は。山崎です。もう大阪に入られているでしょうか??

明日のOSG大阪予選、宜しくお願い致します

明日の予選の実施方法についてですが、2点提案をさせていただければと思います

一点目はグループ分けについてです

OSG予選はほぼ素人、無差別で通用する有段者、子ども会無敵レベルなら蹴散らす級位者と幅広い力の選手が一堂に会する特殊な大会

抽選のブロック分けで予選内でのレベル差が大きくなるのは如何なものかと思います

昨年の予選でもそういうブロックがあったんですが、本選での各ブロックの結果は…

○11勝
○11勝
○12勝
○7勝(2人)
★4勝

この現実はブロックで子ども達の指導強化に当たっている人間としては見逃せない所です

今年は昨年以上に大会や定例会に出て頑張っている子が多いので、偏りが大きければよりこの傾向が強くなると考えます

強化担当としては当然出来るだけ力のあるメンバーを代表に選びたいと考えていますので、グループ分けに1級もしくは2級以上のシード制を導入させてもらえないでしょうか?

名簿には段級位は記載されていると思いますし、申し込み後に昇段昇級した子も、1級以上であれば関西の子は全て把握しています

そのメンバーに別に分けたくじを引いてもらえばある程度戦力の均衡化は図れるのではと考えます

二点目は時間切れの取り扱いについてです

針落ちは64-0というルールなんですが、これは1敗全員が予選通過しないのであれば予選結果に与える影響が大きすぎると思います

負けた子はしょうがないのですが、盤面負けていても針落ちで勝った子に64石が追加されるとなると、実力とは関係ない所で予選通過の可否に与える影響が大きすぎると…

兵庫予選では組み合わせにも時間切れにも独自ルールを導入していますので、大阪予選にもブロックの意見を取り入れていただければと思います

ご検討を宜しくお願い致します


とりあえず手間のかかる大きな変更になるような事は出来るだけ省いてという事も考えた内容ではあったんですが、当日会場にて全スタッフ共有をするとのお返事で、当日会場に入ってから色々と説明を聞きました。


まず15人に1人という基準は全国での募集人数が1500人で決勝大会のキャパが100人という事からだそう


そして参加人数の少ないブロックでも1人代表は出さないという方針…これは全国各ブロックから誰かが参加して欲しい…プラカードを持つ人がいないブロックが出ない様にという措置との事


そして予選通過者数のバラツキはやはり解釈を間違ってしまったブロックがあったそうです


続いて大阪予選に関してですが、去年一昨年とブロックを分けて予選を実施していましたが、予選通過者が半端な数になった時の選抜方法が難しいので、今年は1ブロック制で予選を実施するとの事


これはメールを送った事とは関係なく決定事項だった様(ちなみに同石数になった場合は+1で通過というのも今年は決めていたそう…聞いた訳ではありませんが昨年大阪予選で行われたプレーオフはあまりにも酷だという事もあったのかもしれません)


そして私が送った提案のメールも、運営に来られていた連盟スタッフの方全員でメールの内容を共有して検討して下さった結果、4回戦までは通常のスイス方式で行い、5回戦は全国大会に行ける可能性のある全勝と1敗の選手は同勝数の上位と下位を当てていくという代表決定戦方式を採用する事に!!


実績のある子が権利を掴むのか、新たに力をつけてきた子がそれを凌駕するのか。はたまた2年前のあっくんやS藤くんの様に、のちの有段者にまで成長するような超新星が現れるのか…


これなら…この方法なら本当に強い選手が全国大会に行ける可能性はかなり高い筈………


そしてもう1点の時間切れの取り扱いに関しては、兵庫で独自ルールを採用しているのは把握しているものの、大会に出ている面々に針落ちしない様に打つようにという意味も込めているので今回はこのままで実施させてほしいという事に


これで舞台は整った…辛い事ではあるけれど、みんなで仲良くバンダイ本社に行こうという時代は終わった


ならば真に実力のある、誰もが納得出来る力を示した選手を代表としてオセロ小学生グランプリ2018決勝大会に送り出そう!!!


全ての問題が解決されたわけではありませんが、私としては納得の出来た形で予選開幕を迎える事となりました


………本編に続く




いよいよあと2週間を切った夏の小中学生オセロ合宿


Fotor_152790769396897



リンク:告知記事第1弾

リンク:告知記事第2弾



現在参加予定のジュニアプレイヤーは六段~3級までの中学生2名、小学生7名


ゲストプレイヤーは五段~二段の有段者4名


保護者オセラーも大会参加歴のある方が初段~2級格まで5名いますから、現時点で既に打てるメンバーが18名、引率の保護者の方も含めると20名を超える参加者がいるという状況です(^^)/


イヤこれは楽しくなりそうだ♪


Fotor_152793956015059



全日本選手権前に大会をやって欲しいという声もありましたし、今年の全日本選手権の無差別代表が3名、フリー代表が1名、それ以外にも全日本選手権に出場経験のあるメンバーが3人いますから、どうせなら締めの大会はレート対象大会にしようかという事になりまして…


リンク:大会案内 第1回南海オープン


んで北摂オープンが出来たので大阪南部でも大会やりたいなぁ。。。なんて企画を温めていた南海オープンの第1回にという事に


『南海オープン』って名前にしておけば私の拠点の堺市でも定例会やってる七道でも、岸和田市とか和泉市とか泉南とかりんくうタウンとか…それこそ今回みたいに和歌山でも難波以南ならどこでも開催できるかなと!!


今回合宿をする紀伊見荘やそれこそ高野山の宿坊とか白浜とかで『南海オープンスペシャル』をやっても面白いかもなんて話にもなりまして、とりあえず企画が全部出来た訳ではないんですが第1回をやってしまおうという話になりました♪


合宿への参加はちょっと難しいという方はぜひ第1回南海オープンだけでもご参加ください♪


温泉入ってランチ食べて南海オープン参戦って日帰りプランも可能かと思いますよ!!



もちろん合宿へのジュニアの参加やゲストプレイヤーの参加もまだまだ募集しているんですが、タイムテーブルの概要が決まりました


【1日目】

10:00 開始

10分持ち5回戦(リーグ分け戦)

12:30~13:20
昼食

13:30~15:00
リーグ1※10分

15:00~15:30 チェックイン、荷物搬入 セッティング

15:30~18:00
リーグ2※20分

18:10~20:00
夕食・入浴

20:00~21:30
オセロ企画(ドラフト制チーム戦他)

22:00
子ども達就寝 大人の飲んだら杯 麻雀大会?

Fotor_15279426045758



【2日目】
6:00 起床

06:30-07:45
オセロ企画(XOTBLITZ×5回戦)

08:00~9:00
朝食

9:00~11:30
リーグ3※20分

11:30~12:20
昼食

12:30~18:00
第1回南海オープン


Fotor_152793901985154


一応メインは麻布学園オセロ部の合宿に倣ってクラス別の入れ替えありリーグ戦って形にしようと思うんですが、概要は以下の通り



リーグ戦概要】

A~Dまで4名×4リーグ

ジュニア+ゲスト 12名+保護者4名位(現時点・人数によって調整)

総当たり3回戦

最上位と最下位は入れ替え

持ち時間はOSGに合わせた10分と通常の20分で計3リーグの予定



………とまぁこんな感じでやろうと思っていますが、なんせ初めての試みですのでこんなに上手く行くかは分かりません(^_^;)

でも楽しい合宿に出来たらいいかな~


一応合宿の申し込み期日は6月27日(水)に設定していますが、以降キャンセル料がかかるってだけで人数を増やすのは前日金曜日の3時までに言えば可能だそうなので、ゲストの参加もジュニアの参加もまだまだお待ちしています


詳細はコチラのPOPか上の告知記事をご覧ください


リンク:夏の小中学生オセロ合宿in和歌山POP






先週の日曜日に開催されたオセロ小学生グランプリ2018の兵庫予選


今年はスタッフとしては参加の予定はなかったのですが、関西オセロ小学生カップと小中学生オセロ合宿の告知も兼ねて見学に行ってきました


昨年は確か40名程度の参加だったと思うんですが、リストを見てみると予約の時点で参加者は74名Σ( ̄ロ ̄|||)


当日のキャンセルもあったんですが、それでも昨年よりもかなり多い63名にて決勝大会への切符が争われました



Fotor_152812731892785



参加者は20名ほど増えてはいたんですが代表枠は昨年と同じ4枠(-_-;)


これはかなり厳しい戦いになる……


激戦となった兵庫予選に参加していた主なメンバーは昨年の代表からはM野二段とA立陸1級の二人


さらには兵庫名人戦で小学生二段を2名降したK尾3級


そして名人戦直前練習会に参加してくれたT3級とM田君といったあたりが有力候補で、おそらく最初に名前を上げた3名を中心に代表争いが展開されるであろうという予想をしていました


兵庫予選は全勝組の上位グループトップと下位グループトップが当たるという独自の組み合わせ方式を採用しているので、有力候補の潰し合いを避けるためにはしっかりと石数を稼いでいくことが重要になります


誰がこの流れに乗っていけるのかという事をまずは注目していたんですが、前半戦で貫禄を示したのは、 ディフェンディングチャンピオンのM野二段



Fotor_15281253002158



初戦の圧勝で早々に上位テーブルに進出すると2回戦3回戦も全く危なげない圧勝


A立陸1級、K尾3級の上位を狙う2人も全勝で続いていました


M田君とT3級は前半戦で共に黒星を喫したものの、石数は稼いで1敗上位に


1敗組の上位に名を連ねた有力候補は、3回戦までは全く当たらないと言う本戦を狙うにはほぼ理想的な流れ


そして4回戦でまずはA立陸1級とK尾3級が全勝で激突します


ここでこの2人がぶつかった事で、かなり難しい展開が生まれるんじゃないか…おそらく大差はつかないので、もしかすると勝った方が1番テーブルのM野二段と最終戦に当たる可能性もある(((( ;゚д゚)))


僅差で負ける方が予選を突破はしやすいような展開になるかも…


A立ママさんとそんなことを話していたんですが、この対局はK尾3級が勝利


4回戦を終了した時点で、全勝のM野二段がダントツの石数を稼いでいて、 最終戦パーフェクト負けして1敗トップがパーフェクト勝ちしても石数が届かないという状況になり、早々に予選突破を確定!!


一方、 K尾3級を含む残りの全勝3人は、最終戦敗れてしまうと、1敗トップに石数でまくられる事はほぼ確実ノ( ̄0 ̄;)\


予選突破のためには勝つしかないという状況に…


さらに1敗上位組は、石数が拮抗していてかなりの人数に予選突破の可能性があるという混戦模様


その中にA立陸1級、T3級、M田くんも名前を連ねていました


まずはA立陸1級の対局を見ていたんですが、前半戦から局面を有利に進め、中盤に入った頃には相手はほとんど打つ所がない状態に


学校行事と重なって大阪予選にエントリーしたものの途中から見学に来ていたO西ママさんと一緒に観戦していたんですが…


(この形… 打つ所少ないし、相手の子あそこに打つんじゃなかろうか)


そして…思った通りの着手


(陸くん…さすがに知ってるよな…練習会でも教えたはず)


陸1級は小考の後………ボスコフスウィンドル発動!!!


「っしゃ!!ボスコフや!!!」予選突破に後はがない緊迫した状況でしたし、思わず声が出てしまいました


(これは決まった!もう間違いないやろ…後はどれだけ石数を稼げるか)



そう思ってその場を離れ、次にM野二段の対局を見に行きました


M野二段の相手はK尾3級


4回戦時の予想通りの組み合わせとなっていて、勝つしか決勝大会進出の道がないK尾3級に対して、負けても予選突破は決まっているM野二段


局面はK尾3級が優勢で、棋譜をつけながら観戦していたM野パパさんは、私が近づいていくと「惨敗です…」と言われていたんですか…


厳しいとは思うけれどそこまで悪くないような…


「これ、そんなに負けてます??」とは言ったものの、それでも難しい…と思ったんですが…


●K尾3級
○M野二段




この4個空きの局面でK尾3級の着手はg8


(ん??そっち先か???)


結局この1手が逆転の敗着となり、K尾くんは昨年の代表クラスに勝利しながら決勝大会進出は絶望的となってしまいました(´д`;)


対局終了後、K尾3級4個空きで打った手が敗着だった事を伝えると、彼は結構負けん気が強いのか 「色々読んだけどあそこしかなかった!」と強気の弁(^^;)


「だから数える…そういう練習を練習会でしてるから!!よかったら練習会に来て」って声はかけました


後から棋譜を見てみると、M野くん相手に序盤に裏大量にハマって不利になりながら、中盤盛り返して優勢に立った実力は相当なものだとは思うんですが、対局を見ていたぷふぁ鉢王座も「4個空きだけの問題ではない」と言われていた通り、終盤に相当崩れています


ストナーをあえてかけなかったのか手筋を知らなかったのか…そして最終盤も勝ち筋は1本道で読みやすい展開…g8e8と読んだとしてもe8g7の方が石数は多いですから…


そして一方のA立陸1級の対局を再度見に行くと…(((( ;゚д゚)))残り時間がない。。。


しかも局面も厳しくなってる…後で兄のA立ツインズに聞いた所によると、中盤に大きなミスが2回くらいあって、かつ陸くんには読み切るのが難しいような局面も出現したとの事


そして…まだかなりの空きマスを残した状態で無念の針落ち負け…


こちらも独自ルールで64-0とはなりませんでしたが、盤面も明らかに劣勢でしたからこれはもう言い訳は効かないですね。。。


昨年は最終戦兄弟対決という絶体絶命の状況で本戦出場を勝ち取り、本戦でも4勝と陸くんにとっては躍進のグランプリでしたが、今年はここで終戦となってしまいました(T_T)


共に本戦出場に片手を掛けるまで行きながら、決勝大会に進めなかったK尾くんと陸くん


くしくも同じ小学4年生の二人…本当に悔しかったと思いますが、実力的には本戦出場者に引けを取らないものはありますから…


僅かに…ホンの僅か届かなかったその差を埋めて、来年のグランプリで躍動できるようにこの1年間の努力を期待したいですね!!


最終戦が終わってからは、対局カードの順位付けや戦績記入のお手伝いをしていたんですが、その中でT3級の対戦相手の石数が9石との記載


すげぇ。。。これは決まりなんじゃないか…と思ったら見事に3位!!!!


さらに4位はM田くん…なんですが、学校行事と重なっているので本戦は出られないって言ってましたよ??なんて話が


N西ブロック長がママさんに確認に行くと、おそらく名人戦直前練習会で代表クラスの子たちの実力を肌で感じて、本戦に出場できるとは思ってなかったんでしょうね。。。


思わず絶句した後に「何で今年………」って言葉がママさんの口から出ていましたが、本人にも確認を取った上で辞退という事に


林間学校と被っているそうなんですが、ママさんも本人も本当に残念そうにしいて「練習会に参加させてもらってから本人も熱が入った」って言われていたので、OSG直前練習会にはお誘いしましたが…来てくれたらうれしいなぁ


最終結果は優勝は予選連覇となったM野二段、2位はもう一人の全勝のN村4級で、3位がT3級、4位がM田くん(本戦辞退)そして5位に入った子が本戦に出場という結果でした!
決勝大会進出おめでとう(^o^)/


昨年は4名全員が、今年は4名中3名が練習会組という結果となっているんですが…


cc8e60cc


3月の名人戦直前練習会に初めて初級クラスに参加した2人が見事に予選突破相当の成績を修める快挙!!


一応決勝大会進出者の4人には直前練習会の案内はしたんですが、今の所まだエントリーは半分(^_^;)


もしここを見た時の為に(笑)↓↓
リンク:OSG2018直前 小学生強化練習会のお知らせ


今回予選を通らなかった子でも『オセロが強くなりたい!!』というやる気と熱意を持った子は歓迎します!!




先日告知した夏の小中学生オセロ合宿


今日は会場の下見に行ってきました


会場は和歌山県橋本市にある
『紀伊見温泉 紀伊見荘』 


Fotor_152794211560122


堺市から車を飛ばして小一時間、河内長野市から紀見トンネルを越えてすぐ、和歌山県に入ったところの山の中にある旅館です


実はワタシは13年前に行ったことがあってですね…




IMG_0200


まだ冬と蛍がこんなちっちゃい時でした


13年振りに訪れた紀伊見荘の入り口


Fotor_152793845946442
前に行った時は冬だったんですが、今は新緑がキレイです


Fotor_152793866672986
旅館の入り口


Fotor_152790769396897
宿泊&チェックインからチェックアウトまでの練習会場となる大広間


4部屋に仕切る事が出来るので女性の方も安心して宿泊頂けます


Fotor_152793901985154
チェックイン前とチェックアウト後に練習会場となる会議室


広さ的には十分じゃないですかね~


Fotor_152793931006429
食堂

食事はここで食べる事になるみたい


Fotor_152793956015059
温泉(男湯)

露天風呂とかはないですが景色は良かったです


Fotor_152791595064656
温泉(女湯)


phが高いアルカリ性の泉質で…


Fotor_152793998309550
美人の湯として有名で女性のリピーターも多いらしい…ワタシも入りましたが温泉はかなりオススメです(^^)d


アクセスはお車でも電車でも大丈夫


Fotor_152794038618532
駐車場もかなり沢山ありますし…


Fotor_152794056627697
難波から40分位の最寄り駅、南海高野線紀見峠駅からは坂はありますが徒歩5分位で着きます


Fotor_152794117021998
今日のランチ


Fotor_15279413530070
このデザートが付いて…


Fotor_152794152142584


Fotor_152794157560291


Fotor_15279416430550
サラダ、ご飯、味噌汁、ドリンクはおかわり自由♪オレンジジュースもありますww


これに入浴が付いて1,350円ですから、付き添いのみのママさんは2日目の昼はランチを食べてのんびり温泉に浸かってってのもイイんじゃないですかね~


IMG_20180602_212723



Fotor_15279426045758



Fotor_152794330330057


さて肝心の参加メンバーなんですが、ジュニアプレイヤーではあっくん六段、T口美二段、N島二段、T口天1級、I藤1級


そしてゲスト参加で冬五段、蛍四段、拓二段


保護者プレイヤーとしてT口初段、N島パパ1級、N島ママ2級、あっくんパパ(2級格)の参戦が決定!!


関西トップクラスのジュニアオセラー達と、1泊2日でがっつりオセロを楽しみませんか??


申し込み方法等詳細はコチラ
合宿ポップ画像



もしくは下記の告知記事第1弾を参照して下さい↓↓

記事リンク:夏の小中学生オセロ合宿 開催!!


沢山のジュニアプレイヤー&ゲスト選手のご参加をお待ちしていますm(__)m


↑このページのトップヘ