拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中3の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中3の双子兄。現在オセロ四段







いよいよ迫ってきた第38期オセロ名人戦


今日は早目に帰ってきて冬と蛍と旅程の最終確認と準備をしました


今回は飛行機で当日入りの予定で朝が早いので、明日は早寝


という事で、今日が実質最終調整という事になりますね


image



もう直前ですから、冬と蛍が選択したのは実戦練習


おそらく盤を使っての本番前最後の対局になる兄弟対決の結果は…


 image


33-31で冬の勝利!!


私もじっくり練習に付き合っている時間が無かったので、二人には「悔いの無い様に」と伝えていたんですが、色々と工夫しながらみっちりオセロに取り組んでいました


やれるだけの事はやった…あとは本番で力を発揮するだけです


今までに出場した世代の全国規模の大会の中では、今回が1番本命に近い立場だと思うんですが、彼らの姿勢を見ている限りは今回もチャレンジャーですね♪


杜の宮仙台で、果たしてどんなドラマが繰り広げられるのか…


女子の部はdevico初段、高校生の部はS村初段、中学生の部は冬と蛍、そして小学生の部にはあっくん三段、T口美二段、N島初段と土曜日の各部門にはいずれも近畿北陸ブロックから有力候補が出場


そして無差別の部では冬五段、なぎりん七段、すりっぱ六段、蛍四段と近畿北陸名人戦のベスト4始め、たくさんの近畿北陸勢が全国の強豪に挑みます


私にとっては近畿北陸ブロックのスタッフになってから初めてのメジャー大会なので、みんな揃っていい結果だったら、嬉しいなぁ~


 




昨日は名人戦小学生の部がメンバー揃っているというような事を書いたので、凄いメンバーと思っている中学生の部は例年と比べてどうなんだ??と思って調べてみました


名人戦中学生の部が始まったのは2013年の第34期から・・・まだ歴史は浅いんですね~


第34期名人戦中学生以下の部

①N岡 三段 (兵庫)  R1195 優勝
②H間 初段 (東関東) R1193 2位
③S藤 四段 (東京)  R1146 3位
④M地 初段 (神奈川) R1074 
⑤O坪 初段 (中部)  R1020 
⑥K原 初段 (神奈川) R 985 
⑥S谷 1級 (中部)  R 985 
⑧I坂 二段 (茨城)  R 966 
⑨N尾 初段 (東京)  R 900 
⑨T山    (神奈川) R 900 
⑪M山 1級 (東京)  R 840 
 
 平均レート     R1018.5
 トップ5平均レート R1125.6


第35期名人戦中学生以下の部

①N岡 四段 (兵庫)  R1250
②T田有三段 (近畿北陸)R1217
③K野大四段 (北関東) R1192 優勝
④S藤 四段 (東京)  R1190 2位
⑤I上 初段 (九州)  R1074
⑥S原諄三段 (東京)  R1072 3位
⑦S原諒三段 (東京)  R1058
⑧O坪 初段 (中部)  R1024
⑨N方 初段 (神奈川) R 953
⑩S藤    (近畿北陸)R 900

 平均レート     R1093
 トップ5平均レート R1184.6
    


第36期名人戦中学生以下の部

①K野大四段 (北関東) R1319
②N岡 四段 (兵庫)  R1229 2位
③K橋 三段 (東関東) R1209 優勝
④S藤 四段 (東京)  R1196
⑤U野 二段 (東京)  R1184
⑥S原諄三段 (東京)  R1136
⑦K野拓三段 (北関東) R1120 3位
⑧S右田三段 (東京)  R1112
⑨W森 1級 (中部)  R1039
⑩M輪    (東京)  R 900
⑪F川 3級 (中部)  R 870

 平均レート     R1119.45
 トップ10平均レート R1144.4
 トップ5平均レート R1227.4




第37期名人戦中学生以下の部

①K橋 四段 (東関東) R1353 優勝
②K野大五段 (北関東) R1302
③K野拓三段 (北関東) R1238
④N良 三段 (茨城)  R1224 3位
⑤Y崎冬三段 (近畿北陸)R1211 2位
⑥I田 三段 (中四国) R1180
⑦Y城 二段 (茨城)  R1150
⑧Y崎蛍四段 (近畿北陸)R1135
⑨O原 初段 (新潟)  R1055
⑩F井 初段 (東京)  R1029
⑪K抜 1級 (北関東) R 905
⑫F川 3級 (中部)  R 848

 平均レート     R1135.83
 トップ10平均レート R1187.7
 トップ5平均レート R1265.6




第38期名人戦中学生以下の部

①Y崎冬五段 (近畿北陸)R1399
②T見澤二段 (東京)  R1379
③K橋 四段 (東関東) R1374
④N良 三段 (茨城)  R1307
⑤Y崎蛍四段 (近畿北陸)R1290
⑥K野拓三段 (北関東) R1248
⑦I田 三段 (中四国) R1195
⑧S治 二段 (神奈川) R1151
⑨N村倫二段 (神奈川) R1132
⑩K池 二段 (茨城)  R1073
⑪M永 二段 (東北)  R1040
⑫O原 初段 (新潟)  R1031
⑬K藤 二段 (神奈川) R1009
⑭F畠 初段 (東関東) R 945
⑮N村圭初段 (北関東) R 917
⑯A部 初段 (東京)  R 895 

 平均レート     R1149.06
 トップ10平均レート R1254.8
 トップ5平均レート R1349.8




今年はヤバいでしょマジで。。。


年々レベルが上がっているんですが、レートだけで見ると今年の上位陣は際立っています


最上級生となるK橋四段、K野拓三段のタイトル経験者2人も下げている訳ではないんですが、中2世代の躍進がそれを凌駕しているという流れですね~


それでも、大本命は3連覇を狙うK橋四段


経験では文句なしにNo.1…彼の壁を超えない事には中学生名人獲得は無い事は冬も蛍も十分わかっているハズです


対抗は最高段位でランキングトップの冬という事になるかと思いますが、成長力ではNo.1のT見澤二段の勢いは物凄いですし、昨年3位のN良三段は当然強い…そして麻布中2世代の二段勢はみんな侮れないですし、灘校から唯一の参加となるI田三段の強さはもう十分知ってますし、小中名人2冠へラストチャンスのK野拓三段も上位を脅かす力は十分…中1エースのM永二段も地元開催の名人戦に並々ならぬ闘志を燃やしているハズ…


しかし蛍は上に名前を挙げた誰にも劣ることのない潜在能力を持っている…名人戦とは冬の方が相性がいいですが、小学生王座、フリークラス準優勝とメジャー大会で飛び飛びに覚醒を見せている蛍…順番的には今回が覚醒の番とも言えるんでね~


今だ果たせていない彼らの夢、兄弟決勝戦の可能性は、間違いなく史上最高メンバーの今年の名人戦中学生の部でも十分にあると思います


5回の大会から冬と蛍に有利なデータが何かないか探してみたんですが、一つだけ見つかりました


それは…


image



image



image














去年ランキング1位と5位で決勝戦やったから、多分今年もそうなるんやないかな(笑)





さて先日ジュニア練習会が終わって、頼もしい関西ジュニアたちの姿を目にしたばかりなんですが、それでも今年の名人戦小学生以下の部は甘くありません


どれくらいかというのを分かりやすくする為に、2年前…冬蛍を含む黄金世代が6年生で出場した時の第36期と比べてみたいと思います 


第36期         第38期

①T四段   R1387  ①F地四段  R1478
②F地三段  R1301  ②T橋三段  R1309
③H二段   R1164  ③W田三段  R1130
④蛍二段   R1133  ④F屋敷二段 R1114
⑤N良1級  R1093  ⑤A立蒼初段 R1085
⑥N岡初段  R1054  ⑥T口美二段 R1076
⑦冬二段   R1053  ⑦K池初段  R1055
⑧W辺初段  R1040  ⑧K村1級  R1034
⑨Y城二段  R1037  ⑨H本初段  R 981
⑩A井初段  R1027  ⑩Y口1級  R 974
⑪O原初段  R1010
平均     R1128.9 平均     R1123.6
出場平均   R1091.2




トップ10のエントリー選手の平均では36期が上回っていますが、T四段が出場しなかったので、出場平均では 今年の方が高いという凄いメンバー


36期の出場メンバーには後の地区名人が3人、ブロックチャンピオンが1人、フリークラス優勝に準優勝、中学生の部入賞が2人とこの後も活躍を続ける子どもたちがいますし、38期のF地くん以外のトップ10選手も4人出場していますから強豪ぞろいの印象が強いですが、小学生時を比べると遜色ないと言えるかと思います


そして第36期のベスト8はトップ10から出ていますから、今年もこの10人が入賞の有力候補なのは間違いないかと…


練習会ミニ大会のトップ3だった関西の3人には自信になるデータなんじゃないかなぁ??


第35期から3年連続で複数の入賞者を出していて、トップ3にも1人は関西勢が入っていますから、今年も期待したいですね~


後今年の特徴としては、レート1000オーバーの女子選手がT口美二段にK村1級の2人…これも例年には無い事ですかね~


女子トップはこの2人に加え、グランプリ5勝のN田1級の3人に、1年生ながら凄いメンバーを抑えて神奈川小学生名人になったT中1級の争いになるでしょうか??


T口美二段に続き、王座戦に出場する女子小学生も出るかもしれません


女子小学生オセラーが史上最強メンバーなのは間違いなさそうデス(^_^;)


image



image






先週も仕事が多忙で、平日は全くジュニア練習会の準備は出来ず 


こりゃヤバいな…と思っていたんですが、土曜日は冬と蛍は部活がたまたま休みだったのでその日に詰め込めば何とかなるか…てな感じデシタ


そんな時、初代灘校オセロサークル長のS村初段から無事に受験クリアの連絡が


受験が終わったら去年と同じように練習会をしようという話も、ジュニア練習会を手伝ってくれるという話もしていたので 、急遽前日に練習会&打ち合わせをセッティング


冬・蛍、S村くんに、練習会があったら声かけると話していた選手兼コーチのあっくんも参加しての開催となりました


S村くんは盤で打つのはかなり久しぶりでカンが鈍っているとの事で最初はワタシと打ちたかったそうなんですが、練習会の準備があったので辞退ww


いや~準備が無かったら是非打ちたかったんですけどね~(大嘘)



DSC_0396



たぶん大阪で1番オセロが強い小学生と中学生と高校生が我が家に一堂に会したって事になりました♪


ワタシは明日の練習会の準備…と思ってPCに向かっていたんですが、横で対局してたらやっぱり気になりますよね~


という事で練習会の間はほとんど準備ははかどらず


ちなみにこの4人の対局での勝ち頭は最年少のあっくん…表裏1局づつ打って4勝2敗という…いや強過ぎますね。。。


さて練習会が終わってからは頑張って手伝ってくれていた冬蛍が寝てからも、準備は終わらず…


資料作成は丑三つ時までかかって、印刷は翌朝とギリギリながらなんとか間に合いました


DSC_0397



余裕を持って車で家を出て、会場の高槻市総合学習センターへ到着


開場は11:00で開会は12:30からだったので、それまでは昼食を食べたりフリー対局をしたり…


なぜか開会直前にはピアノタイル練習会になってましたがww


さて練習会本番、まず最初はカウンティング練習


今までは終盤問題をみんなで解いて、分かった人から手を上げて、せ~のでみんなで石数を言うって方法でやっていたんですが、もうちょっと楽しく出来たらな~と思って今回はオンラインオセロ教室の詰めオセロレースにヒントを得たカウンティング大会を開催


やり方は…



①問題用紙を裏向けて全員に配る

②「用意スタート!」の掛け声で全員が時計を押して問題を解く

③石数が分かったら答えを書き、時計を止めて消費時間を書く

④時計を止めてから手順を書く

※制限時間は空きマス×1分
※時計を止めてから間違いに気付いても修正は出来ない
※最善手順のみ正解。勝てる筋でも最大石数で無ければ不正解
※石数が合っていても手順が間違っていれば不正解
※正解数が同数の場合は、正答問題にかかった時間の短かった方が上位



…とまぁこんな感じで、慣れてもらうために練習問題を2問した後、3個空き、4個空き×各4問、5個空き、6個空き×各1問の全10問で大会スタート


参加は10名の小学生に、ゲスト参加でS村初段、T口パパ、N島パパ、S藤パパ、N島ママ&K畑パパ混合チームの総勢15名


1問終わるとランダムで誰かを指名して、ピースケの終盤練習かDroidshimaxを使って模範解答をしてもらうという形でやりました



image
模範解答に群がる参加者達


数えるのが抜群に早かったのはゲスト参加のS村初段とあっくん三段だったんですが、共に序盤でミス


その中で堅実に正答を重ねていったのはA立蒼初段とN島初段の2人だったんですが、N島くんが正解の筋は合ってたのに、もう1つのドローの筋を同数での勝ちと数え間違えて手順を2つ書くという痛恨のミスでA立蒼くんが単独トップに


しかし蒼くんも次の問題で間違えて、トップ争いは混沌


集計には時間がかかるので、順位は出さずに次の盤面解説に移行しましたが、子供たちは大盛り上がりでみんな楽しそうにやってました(^o^)/


結構勝手読みで回答をしている子も多かったんですが、カウンティングのスピードと精度を上げて、全ての筋を数えて答えるようにすれば、勝てる形が見えてくるようになるそうな(冬蛍談。今も5個~7個空き位で毎日やっています)


あと今日高梨九段がこんなツイートをされていたので参考までに


image



兄弟がいない子はお父さんやお母さんと一緒に…って言いたいところですが、このカウンティング大会に大苦戦だったのが保護者チーム


ワタシもカウンティングは大の苦手なんですが、「あぁ~数え間違えた~」とか「うわぁ~手順が違う~」という大人の悲鳴にも似た叫びがあちらこちらで頻発


中には時間内に数え切れなくて「分かりません」という潔い回答を書いていた方も…


今の関西ジュニアのパパママは、子供が興味を持つのと同時にオセロをするようになった方ばかりなんですが、正確に数えられないのはワタシだけぢゃなかったってちょっとホッとしましたが…子ども達の為にも一緒にガンバリマショウ(^_^;)


栄えある保護者トップはN島パパさん!!正答数は
なんと○○問(自重


さてその次の盤面解説は前回と同じくまずは問題を解いて、その後その着手について冬が解説、そして選手兼任コーチのあっくんにも、考え方の分かった問題は解説をしてもらうという形式


今回は盤面を不利にした緩手や、敗着を打った局面を取り上げて、手の比較という事も念頭において講習をしてもらいました


昨年の小学生グランプリ直前の練習会では、冬にアドバイスして盤面解説の局面を比較的分かりやすいモノを多めに用意させたんですが「思っていたよりもみんなレベルが高かった」と言ってたので今回は冬にお任せ


比較的易しい局面だった最初の2問くらいは大丈夫だったんですが、その後は級位者の子ども達はほとんど置いてけぼり状態に。。。


級位者の子たちも確実に強くなっているんですが、今は上位陣の成長が凄いので実力の幅は広がってきてるんですよね~


次回からは参加は選択できるようにして、2部制にしようと思います(資料作りは大変ですが…)


さて最後はミニ大会


初戦は有段者同士、兄弟姉妹の対局は避けるようにして、あとは本番の予選と同じくスイス方式5回戦10分持ち引分け有りで行いました


image



image



盤面解説がかなり難しかったので、下位のテーブルに講師陣3人についてもらって、対局の振り返りや解説をしてもらってフォロー


有段者4人は級位者には全勝で、有段者同士の対局の勝敗で順位が決まるという事に




全対局が終わってからは表彰式


カウンティング大会の結果は…

優勝は8問正解トップのN島初段
2位は同じく8問正解のあっくん三段
3位は6問正解のA立蒼初段という結果に
※1位は8問正解のS村初段もゲスト参加の為


表彰式で話をしたカウンティング練習を取り入れたきっかけの記事はコチラ
リンク:伊藤七段インタビュー
(記事後半 オセロが強くなる方法は?に記載があります)



ミニ大会5回戦の結果は…

優勝は5戦全勝のT口美二段
2位は単独4勝のA立蒼初段
3位は3勝トップのあっくん三段という結果でした


結果詳細

リンク:近畿北陸ブロック公式ブログ



今回のジュニア練習会参加メンバーの中で、名人戦小学生の部に参加するのは8名(病欠の1人含む)


ここまで小学生オセラーの駒が揃っていて、しかもみんなが集って練習をしているなんてのは関西だけですから、この8名には自信を持って仙台に乗り込んで、オセロを楽しんで大暴れしてくれる事を期待したいですね~


そして残りの3人は次の大目標はオセロ小学生グランプリ2017の地区予選って事になりますが、予選後にまたジュニア練習会を開催したいと考えています


大阪も兵庫も予選は中々に厳しくなりそうですが、グランプリ前の練習会にブロック代表として参加してくれる事を期待したいと思います



頑張れ!!関西ジュニアオセラーズ!!!!


そして毎回の事ながら保護者の皆様には運営や片付けのご協力、そして子供たちと一緒にオセロを楽しんでくれた事に感謝申し上げます。ありがとうございましたm(__)m


最後にリクエストのあったカウンティング大会の解答を載せときます


※右下のAIボタンを押すと評価値が表示されて、試し打ちもできるようにしてあります(自動では打ってきません)



練習①



練習②



問題①



問題②



問題③



問題④



問題⑤



問題⑥



問題⑦



問題⑧



問題⑨



問題⑩

 




今日は3人で、来週の第38期名人戦直前 ジュニア練習会 に向けた教材作り


image



超強力メンバーの中学生以下の部に、躍進を狙う無差別の部と冬と蛍も大勝負が控えてるんですが、毎度の事ながら嫌な顔1つせず協力してくれます(^o^)


練習会に参加する小学生オセラーの棋力はだいたい分かってますから、彼らにどんな内容を伝えたらいいのか、その為にはどんな局面を使ってどんな説明をしたらいいのか…


そういう事を考えるのも冬と蛍の糧になると思ってお願いしているんですが…ホンマ有難いですね~


前回は思ってたよりもみんなのレベルが高かったって言ってたので(私がちょっと内容の難易度下げさせた部分はあったんですが…)今回は結構ハイレベルかも…


そんな心配をしていたんですが、あっくんのTwitterから飛び込んできた速報では…


image



まぁあっくんに関してはもう冬蛍と互角以上に渡り合ってますから、元々教えるレベルぢゃないし…今回の練習会でも一部講師側に加わってもらおうかなんて相談も3人でしてましたから(笑)


そして、中部名人戦で昇段したF屋敷二段に今回のH本初段と連続昇段(二人とも昇段おめでとう!!)で勢いの出てきた中部勢もやはり強敵になりますね~


さらには高知オープンの結果がアップされたのを見ると、T口美二段が優勝したK上三段の全勝を止めての勝ち越しで2位


もう1人の有段者、近畿北陸小学生名人のN島初段も、たまたまリバーシ大戦の対局をTwitterにアップしてる方がいたんで見たら、いつの間にかレートめっちゃ上がってるやん(((・・;)


こないだまでワタシとそんなに変わらんかった筈なんですが…名人戦までに赤レートに届きそうな勢い


なんかみんな凄いなぁ。。。


この3人に兵庫ブロックのA立ツインズを加えた5人の無差別有段者はもちろんの事ながら、他の面々もほとんどが小学生グランプリで4勝を挙げてますから、まぁ心配いらなさそうですね(^_^;)


今日現在で申し込みは10名


今後当日までに+αの参加があるかは分かりませんが、来てくれた皆が少しでも何かを得て次の大舞台に挑める様な練習会にしたいですね~


練習会参加者名簿を見ていて気付いた事が一つ…


今予約が入っているメンバーの中で、未対局の1人を除く全員に負けた事あるわ(T_T)



↑このページのトップヘ