拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m


拓…父親にしてオセロの師匠(一応)現在オセロ初段

冬…中3の双子弟。現在オセロ五段

蛍…中3の双子兄。現在オセロ四段







今週末の日曜日、8月27日に、有志での王座戦直前練習会が開催されます


【第12期オセロ王座戦 直前練習会】


主催:S村初段

日時:平成29年8月27日(日)
   10:00~16:30(出入り自由)

会場:西淀川区民ホール第4会議室

参加資格:どなたでも(王座戦に出場しない方でもOKです)

定員:25名程度(会場定員の都合により)



今回はウチは夏期講習の為参加出来ませんが、参加可能な方はコメントかメッセージ下されば主催者のS村初段にお繋ぎします


8月~9月は関西では大会の予定が無いので、お時間許す方は是非是非参加してくださいな(^o^)/


Fotor_150349220118277






まず受付で学生証を提示するという学校対抗戦ならではの風景から始まったオセロ甲子園


受付後に抽選があって、冬が引いたのは5番


番号の席に案内されて…会場前の黒板には6番のチームと対戦するという事が書いてあったので、その席にどのチームが座るのかという事がまず気になったんですが、6番の席に座ったのは麻布中学チームΣ( ̄ロ ̄|||)


マジか…でも…やるしかない!!と思ったんですが…


Fotor_150339837332554



開会式で「まだこれが組み合わせじゃないですよ」とアナウンスがあってホッと一安心(-。-;)


その後の抽選会…甲子園の組み合わせ抽選会風の、こんなボードが用意されていたんですが


Fotor_150341204177419




これが前に9枚伏せて置いてあって、予備抽選1番を引いたチームのキャプテンから番号順に引いていって、それが1番、2番と組み合わせ表に配置されていくという抽選システム


おぉ…いきなり甲子園っぽい演出…これは面白い!


まずは第一試合

大谷馬中学校(埼玉) vs 白新中学校(新潟)


そして第二試合

汐路・守山・八幡中学校(愛知) vs 清真学園高等学校(茨城)


いきなり麻布学園との対戦は避けたいですから、麻布以外の学校がコールされるたびに、コーチのロビンさんと「ここで来い!」「呼ばれろ~!!」なんて言ってたんですが、麻布チームも大阪チームもコールされず


………ヤバい(; ̄Д ̄)………マズいぞこれは…


そして第三試合…コールされたのは

筑波大学付属駒場中学校(東京)


…マジか…あと残ってるのウチと麻布だけやん…呼ばれてくれ…


しかし、ここで呼ばれたのは…

麻布中学校(東京)


Σ( ̄ロ ̄|||)…マジか…もう不戦勝でいいよ…


第四試合…先に呼ばれたのは

麻布学園高等学校B(東京)


そしてその対戦相手は………

深井・夕陽丘中学校(大阪)!!!


Σ(・ω・ノ)ノヨバレテシマッタ…


この瞬間麻布学園チームからは拍手が沸き起こりました(^_^;)そりゃいきなり身内対決は避けたいですもんね~


と言う訳で、初戦からいきなり麻布学園オセロ部との対決となりました



1回戦
深井・夕陽丘中学校(大阪) vs 麻布学園高等学校B(東京)



Fotor_150341237672192


まずは大事な大事な初戦のオーダー決め


拓「どうする?キャプテン!?」


冬「う~ん………」


麻布高校Bチームは前部長のO抜初段、今年の名人戦中学生の部で冬と灘校オセロサークルのエース、I田三段を破ったN村圭初段、そして過去に戦績の無かったS木くんというチーム構成


話は逸れますが、今回オセロ甲子園に出場しなかった灘校オセロサークルは、実はエントリーはしていたんだそうです


ただ、事情で1人のメンバーが参加できなくなって、メンバー変更が間に合わなかったそうな…


記念すべき第1回大会に参加できなかったのは残念なんですが、来年以降の活躍を期待したい所です


さて本題…麻布高校Bチームの有段者2人は当然強敵ですし、S木くんも戦績が無いので実力は未知数ですが、チームがチームですからね…強敵と思った方がいい…


キャプテンの出した結論は…


冬「分からんwランダムで(^^;)」


拓「…………(^_^;)マァソレモアリカ」


という事で対局カードをシャッフルして冬に引いてもらい、順番を決めることに


その結果
1番手:僚初段 2番手:冬五段 3番手:蛍四段


という並び順に


一方の麻布高校Bチームは
1番手:N村圭初段 2番手:O抜初段 3番手:S木選手


というオーダーで対局が始まりました



Fotor_15034051280346



Fotor_150340509235638



Fotor_150340519334252



村上九段に「最初から強敵だけど…」と声をかけられて、O抜くんは「初戦がキモなんで」と答えていた通り、双方にとって厳しい当たりとなった初戦だったんですが、監督の見立てでは組み合わせとしては勝つ為にはベストに近い当たり


そう思った理由なんですが…まず麻布高校Bチームで一番怖いのはN村圭初段


名人戦中学生の部で冬は敗れ、蛍は勝ったんですがずっと劣勢だったので2人との相性は良くなさそうでしたが、力では劣るものの打ち筋から僚初段なら暗記にハマる事は無さそうやし、一発の可能性はある


後の2人はWエースでガチンコ勝負ですが、戦績から考えれば棋力は勝っているハズ…


まず最初に見ていたのN村圭初段と僚初段の対局だったんですが、研究していた手筋に持ち込んでとりあえずは悪くはなさそう…


次に蛍とS木選手の対局を見に行ったんですが、こちらは明らかに蛍優勢


そしてキャプテン対決の冬とO抜初段は形勢的にはやや良さそうやけど、まだ分からない…


まずは一番手ですが、対局を見ていて他を見に行く時に次はココやな…と思っていた手を打たなかった様で、結果は大敗


振り返りをしてN村くんも指摘していたんですが、明らかな手損だったんで…まぁしょうがない


蛍は完勝!!ロビンさんが村上九段に聞いたそうなんですが、S木くんはチェスとか他のボードゲームをやっていてオセロはまだ始めてそんなに経っていないとの事


1勝1敗となってキャプテン対決の結果に勝敗は委ねられることになったんですが、終盤ミスらしいミスをほとんどしなかった冬が最後は完勝!!


………やった……勝った……よっしや!!


まずは大事な初戦を2-1で勝利!!


厳しい相手でしたが初戦白星スタートとなりました♪


チームとしてはWエースという構成だった麻布学園高等学校Bチームなんですが、強豪揃いの大会でなかなか戦績の振るわなかったS木くん…やっぱり気になったんでしょうね…


大会後半でこんな会話を耳にしました


「スイマセン…足引っ張って…」と声をかけてきたS木くんに対して、サラッと「いいよいいよ。大丈夫!!」と返したN村圭初段


……………スバラシイ・゚・(ノД`;)・゚・


仲間を思い、チームワークで勝利を目指し戦っていく…これぞ学校対抗のオセロ甲子園ならではの風景ですよね


高校野球でも打たれたエースをチームメイトが笑顔で囲んでいる光景とかを見ると涙腺が緩んでしまうんですが、おじさんこの会話を聞いてかなり感動してしまいました(^_^:)


初戦は3‐0で勝ったのが愛知チームと麻布中学チームに不戦勝の麻布高校A


2-1がウチと新潟チームだったんですが、この事が何を意味するのか、この時はまだ気付いていませんでした



………vol.2に続く





オセロ甲子園前日…


日本オセロ連盟からルール詳細や参加者名簿の入ったプログラムが送信されてきました


その名簿によると、エントリーは11チーム



大阪府
堺市立深井中学校・大阪市立夕陽丘中学校
1 冬五段  中学 3 年
2 蛍四段  中学 3 年
3 K畑初段 中学 1 年

愛知県
名古屋市立汐路・守山・八幡中学校
1 M川初段  中学 1 年
2 H本初段  中学 1 年
3 K世1級  中学 2 年

埼玉県
さいたま市立大谷場中学校
1 S藤初段  中学 1 年
2 S水さん  中学 1 年
3 K島さん  中学 1 年

埼玉県
開智中学・高等学校

東京都
麻布高等学校 A
1 K橋四段  高校 1 年
2 U野五段  高校 3 年
3 S右田四段 高校 3 年

埼玉県
草加市立瀬崎・私立栄東中学校

新潟県
新潟市立白新中学校
1 O原初段  中学 3 年
2 U澤初段  中学 3 年
3 U田さん  中学 3 年

茨城県
筑波大学附属駒場中学校
1 北島初段  中学 1 年
2 浅海くん  中学 1 年
3 菊地くん  中学 1 年

東京都
麻布中学校
1 T見澤三段 中学 3 年
2 S治二段  中学 3 年
3 N村倫二段 中学 3 年

東京都
麻布高等学校 B
1 O抜初段  高校 2 年
2 N村圭初段 高校 1 年
3 S木くん  高校 2 年

茨城県
清真学園高等学校
1 山口くん  高校 1 年
2 A野くん  高校 1 年
3 E藤くん  高校1年



メンバーを見てまず思ったのは、麻布オセロ部は本気で勝ちにきたな…という事


もう少しメンバーをバラけさせてチームの実力を平均化する事も出来たと思うんですが、高校も1チームだけのエントリーだった中学チームもほぼ最強チーム


これは厳しい…まぁでも勝つしか無いですからね~


ただ、驚いたのはメンバー表ではなくてルールの方でした


第 1 回全国学校対抗オセロ選手権
オセロ甲子園
競技規則

1.試合方式

スイス方式(勝ちつぶし方式)5回戦。ただし4回戦終了時の上位 2 チームが決勝に進出します。この 2 チーム以外のチームは5回戦目で順位決定戦を行います。
①1 回戦の組み合わせは、開会式後の抽選にて決定します。
②各回とも、チームキャプテンの提出したオーダー表と同じ番号の選手同士が対戦します。
③各回一人1局打ちで行います。従って、チームメンバー3人の成績が3勝0敗、または2勝1敗のチームがその試合の勝利チームとなります。
④2回戦以降はチームとして同勝数同士の対戦を原則として組み合わせます。
⑤不戦勝が発生した場合は、第1ラウンドに不戦勝を得たチーム(抽選により決定)は 、運により不利益を被らないように3-0の勝利とする。第2ラウンド以降で不戦勝を得たチーム(各ラウンド最下位のチーム)は2-1の勝利とする。尚、個人の獲得石数は 33-31 とし、勝敗者はチームキャプテンの提出したオーダー表によるものとします。


2.チームキャプテン・監督の役割

①チームキャプテンは、予選の組み合わせ発表後、監督・チームメンバーと相談しオーダー表の提出を行います。提出〆切時間は、審判がアナウンスを行いますので速やかに提出願います。
②監督が存在する場合は、選手メンバーへの試合前の助言・アドバイス等を認めます。
③監督の試合観戦に付きましては、一般の観客席からの観戦といたします。


3.予選の順位付け

①勝ち数の多いチームを上位とします。
②複数チームが同勝同敗の場合は、個人の勝ち数合計の多いチームを上位とします。
③上記の①も②も同じ場合は、チームの合計獲得石数の多い方を上位とします。
④上記の①、②、③も同じ場合は、チームキャプテンの勝ち数の多い方を上位とします。
⑤それでも同じ場合には、前回ラウンドの上位チームを上位とします。


3人1チームのチーム戦という事で、品川トリオオープンの様な番手固定のチーム戦だと思っていたんですが、毎試合事にエントリー表を提出って事は誰と誰が当たるか分からないって事やよな…


誰と誰をぶつければチームとして勝利出来る可能性が高いのか…そして上位を狙うには2-1で勝つよりも3-0で勝つ方が有利


有段者を3人並べているチームは3チームしかいないですし、戦略面の要素も上位進出の大きなカギになる…


そこで優位に立つ為に必要な物は…データか…情報量が多い方が戦略は立てやすい(-_☆)キラーン


引率と士気の向上が主な役割と思っていた監督に思わぬ腕の見せ所が出現した訳ですから、ここは頑張り所


って事で、仕事から帰ってきて早速データ収集と分析を開始して…


キャプチャ



勝手に選手評価やチーム評価やつけていますが、あくまで戦力把握の為ですので気を悪くしないで下さい(^^;)


連盟レーティングページや検索を駆け回ってデータをまとめ終えたときには夜中の1時を過ぎていました…明日06:03新大阪発の新幹線なんやけどなぁ~(汗)


ってな訳で翌日はワタシは寝不足のまま3人で自宅を出発


冬と蛍は早寝してよく眠れたとの事でコンディションは良さそう♪


新大阪駅でK畑家と合流し、新幹線で東京へ…


車内でデータ表を確認しつつ作戦会議をみっちりと…はせずに全員寝てましたww


会場


DSC_0204


DSC_0206



エントリーは11校だったんですが、当日2校のキャンセルがあって参加は9校に


さぁいよいよ待ちに待った中高生の檜舞台、第1回全国学校対抗オセロ選手権【オセロ甲子園】が幕を開けます!!





く~も~は湧~き~光溢~れ~て~

盤上に~黒白の石~今日ぞ舞う♪


と言う訳で、本日、中高生のオセロの聖地、麻布学園にてオセロ甲子園が開催されました


9チーム、27人の中高生オセラーが集い、熱戦が繰り広げられた訳ですが…




DSC_0217



3人1チームによるチーム戦、学校対抗(今年に限り同都道府県内の中学、高校に通う中高生の混合チーム可)、毎試合事にオーダーを提出、順位は①チーム勝ち数②個人勝ち数③総石数の順番で決定という独自のルールが様々なドラマを紡ぎ出し、本当に面白い大会となりました


我らが大阪代表の深井中、夕陽丘中混合チームの成績は…


1回戦 ○2-1 麻布高等学校B(東京)
2回戦 ●1-2 麻布高等学校A(東京)
3回戦 ●1-2 白新中学校(新潟)
4回戦 ○2-1 筑波大学付属駒場中学校(茨城)
5回戦 ○3-0 大谷場中学校(埼玉)


冬五段:2勝3敗
蛍四段:4勝1敗
僚初段:3勝2敗


チーム成績 3勝2敗:3位入賞!!


という結果


DSC_0238



3回戦終了時には決勝進出が夢散し、更にエースの冬五段の不調をチームメイトがフォローして、何とか3位を狙える位置に付けたものの、最終戦、自力で3位を決定付ける為には3-0の勝利が必要という難しい状況


冬蛍は順当に圧勝で2-0とし、残った1人、K畑僚初段は、相手チーム唯一の有段者のS藤初段との同学年同段位対決


この大一番に僚くんは見事に勝利し、自らの力で3位を確定!!


優勝は大本命の麻布高等学校Aで、準優勝は麻布中学校と麻布オセロ部が流石の強さを見せた中で、ワンツースリーを阻止する意地の3位入賞となりました


大会の詳しい様子は後日お送りしますが…とりあえず…


チームTsukaFuyuHotal、3位入賞おめでとう!!




いよいよ明後日に迫った全国学校対抗オセロ選手権『オセロ甲子園』


府内某所で極秘特訓キャンプを打ち上げた、西日本最強チーム「TsukaFuyuHotal」





メンバーの一人であるK畑僚初段が報道陣の取材に答えてくれました


「Y崎兄弟のオセロ甲子園出場の為のメンバー募集に応えた形でのチーム結成となった訳ですが、メンバー募集のニュースを最初に聞いた時、率直にどう思いましたか?」


僚初段:最初「オセロ甲子園」が団体戦って事以外は内容も余り把握してなかったので「あぁ二人が募集してるんや~」と思っていただけでしたが、その後父に「せっかく条件満たしてるし第3メンバーに応募してみたら?」と言われて、自分も参加してみようと思いました。



「チーム【僚冬蛍】どんなチームなんでしょうか?」


僚初段:共に中盤終盤隙のないY崎兄弟と初段の僕の合計十段チームです。



「参加メンバーの発表が無いので難しい所ですが…僚初段と同学年の選手もエントリーしているという情報も入っています。対戦してみたいチーム、対戦してみたい選手がいれば教えて下さい」


僚初段:同じ中学生チームが予想される中部チームと対戦してみたいです。



「すいません!!こっちも質問いいですか!!4人のオセロプレイヤーがいるK畑家ですが、ぶっちゃけその中で1番強いのは誰なんすか?」


ロビンコーチ:オセロ甲子園に関係のない質問は控えて下さい!その質問にはお答え致しかねま…


僚初段:
段位なら当然僕ですし、実力でも…僕だと思います!!


ロビンコーチ:Σ( ̄ロ ̄|||)ナンダト…



「初めての中学生以上が対象の全国大会に挑む訳ですが、大会に挑むに当たっての目標と意気込みを聞かせて下さい」


僚初段:チームでは優勝を目指します。個人的には3勝したいです。



「僚選手も3回参戦した小学生グランプリでは、通称『チーム拓』の後輩達が大活躍しましたが、彼らも応援してくれていると思います。来年以降オセロ甲子園出場を目指す彼らにメッセージをお願いします


僚初段:大阪代表として頑張ってきます



「本日のインタビューはここまでとなります。尚、キャプテン、副キャプテンのインタビューも別会場で実施する予定ですので、質問はそちらでお願いします」


リンク:冬五段、蛍四段記者会見


「K畑僚初段、ありがとうございました」


「インタビューは以上です。スタジオにお返しします」



極秘キャンプを張っていたチーム『僚冬蛍』ですが、その様子も一部入って来ました


Fotor_150297637155684


強化キャンプの成果は確実に現れているそうですよ!!!


全日本選手権フリーの部、オセロ小学生グランプリ2017と続いている大阪代表の快進撃


オセロ甲子園でもその勢いに乗って、全国制覇に向けて躍動して欲しいですね~!


以上、ボードゲームニュースでした



↑このページのトップヘ