名人戦1日目の朝…


4時前に起き出して、4:40発のシャトルバスで関空へ…


image


冬と蛍は、人生初の飛行機にドキドキ


image



image



image



とまぁここまでは良かったんですよ…


後で話を聞くと、着陸の際に二人とも強烈な頭痛に襲われたらしい…


私は全く知らなかったんですが、飛行機頭痛ってのがあるらしくて、着陸や離陸時の気圧の変化で副鼻腔炎の様な症状が起こって強烈な頭痛になる人がいるそうな…


二人ともアレルギー性鼻炎っぽい所があって、蛍もかなり辛かったらしいんですが、元々副鼻腔炎になっていた冬にとっては最悪(-_-;)


そんな事になっているとは露知らず、私は1人テンション上がっていたんですが…


image



image



仙台空港に着いた時はまだ分からなかったんですが、会場に着く頃には私も冬の異変に気付き始めていました…


「大丈夫か?冬…しんどいんか?」と聞くと、首を横に振る冬


絶対に出たいって思いもあったんでしょうが、後から聞くと朝からあまり体調が良くなかったのもあって、二人とも…特に冬は相当にコンディション悪かったらしい(T_T)


もちろん冬と蛍はその事を今回の結果の言い訳にはしていないんですが、やっぱり私としては責任を感じてしまいますよね…


とまぁそんなこんなで会場に入って、名人戦1日目の開幕となりました


中学生の部は、女子の部、高校生の部と同室


image



昨年も緊張感からまともに見れなかったんですが、初戦から二人とも強敵を引き当てましたし、盤面がほとんど見えなかったのもあって、ほとんど小学生の部の会場にいました(^_^;)


まずは注目の初戦


冬五段(大阪:中2) vs K藤二段(神奈川:中2)
蛍四段(大阪:中2) vs N良三段(茨城:中2)



蛍とN良くんの対局は4回目なんですが、オセロ小学生グランプリの初戦で勝利したものの、第36期名人戦小学生の部では決勝トーナメント進出の夢を打ち砕かれ、第37期名人戦中学生の部では入賞の権利を賭けて対局し、またも完敗…


今回の中学生の部の参加者の中でも蛍が1番勝ちたかった相手と、いきなりの激突Σ(・ω・ノ)ノ


そして冬は麻布の中2世代の中で唯一対局経験のあるK藤二段


前回の対局は昨年8月の京都順位戦


この対局に完勝して勢いに乗った冬は、そのまま初の無差別大会優勝まで駆け上がりました


こちらはK藤くんがリベンジを狙うという形


注目の同学年対決で、冬と蛍の2回目の名人戦中学生の部は幕を開けました!!