第38期オセロ名人戦 中学生以下の部

日時:平成29年3月18日(土)開催

会場:仙台国際センター 3階 白橿 

新オセロ方式6回戦 引き分け無し

優勝四段 準優勝三段 3位二段 4位・5勝初段

王座戦出場権 4勝以上



昨年は予選5回戦+決勝戦だったんですが、今年は人数が多かったからなのか、新オセロ方式との事


全日本選手権と同じ方式ってのは分かったんですが、人数も全然違うしよう分からん(^_^;)


昨年冬は初戦黒星からその後勝ち続けて準優勝したんですが、今年はそれは不可能やってのも全く理解していませんでした




1回戦
冬五段(大阪:中2) vs K藤二段(神奈川:中2)
蛍四段(大阪:中2) vs N良三段(茨城:中2)


共にリベンジマッチという事になった1回戦は、両方共に返り討ちで冬とN良三段が完勝


蛍は中盤不利で、その後終盤に入って一瞬だけ±0になったんですが、その直後に敗着…


分け勝ちの権利は持っていたそうですが、でも惜しかったというよりは完敗の内容


厳しい当たりだったんですがここを勝てば勢いに乗れる…と思ったんですけどね~


そして私は理解していなかったんですが、蛍はこの時点でもう準決勝進出の芽が無い事を理解していたらしい。。。


冬は石差こそつかなかったんですが、内容的には完勝


1回戦はこの2戦を含めてほとんどがランキング的には順当という結果だったんですが、唯一の波乱を起こされたのが灘校オセロサークルのI田三段


相手は麻布オセロ部の中3のN村圭初段だったんですが、正直ノーマークでした…


でも…やっぱり楽に勝てる相手なんてこの面子にはいないよな。。。


高校生の部のS村くんも初戦黒星で、愛弟子達とは対照的にチーム拓講師陣は相当に厳しい船出となりました



2回戦
冬五段(大阪:中2) vs K野三段(北関東:中3)
蛍四段(大阪:中2) vs I田三段(中四国:中2)



初戦勝利の冬は、K野三段との初対局


第35期名人戦小学生の部で1位と3位だったんですが、直接対決はありませんでしたからね~


ここも侮れない相手やけど、今の冬なら十分に勝機はある筈… と思っていたんですが、結果は完敗


後で棋譜を見たんですが、中盤あり得ない様な見逃しをして、その時点で勝負有り


一時期は-64って状況になっていて、この対局に関しては冬は多くを語ろうとしないんで…体調不良で集中力を欠いていたのかどうなのか??正直分かりません 


翌日にK野三段のママさんとちょっとお話をする機会があったんですが、この対局に関してK野くんは、一瞬見えてないだけで何か凄い手なのかとも思ったらしいんですが、 「多分難しく考えすぎたんやと思う…俺もそういう時あるし」みたいな事を言っていたそうな…


一方初戦黒星の蛍の相手はI田くん…これはキツい…


昨年の名人戦中学生の部で敗れた相手との連戦で、直近の兵庫オセロの勉強会でも完敗していたので嫌な予感しかしなかったんですが、蛍はこの対局を素晴らしい内容で完勝!!わからんモンやな(^_^;)


これで2人共に1勝1敗となりました




3回戦
冬五段(大阪:中2) vs N村圭初段(北関東:中3)
蛍四段(大阪:中2) vs 
K藤二段(神奈川:中2) 



この3回戦のトーナメントが貼り出されて初めて、蛍に準決勝進出の芽が無い事を理解したワタシ


その蛍は、初対局となるK藤二段との対局


DSC_7470-392x261



棋譜が再現できなかったらしくて内容は分からないんですが、この対局に勝利して、2勝1敗で前半戦を終了


準決勝進出は無くなったけど、悪くはないよな。。。


さて準決勝進出は冬に頑張ってもらうしかないという状況だったんですが、その冬のお相手はN村圭初段


盤狂わされの少ない冬ですし、過去の戦績から考えれば負ける可能性は少ないと思えたんでしょうが、体調不良に加えてN村圭くんは初戦I田三段に勝ってますから、嫌な相手やなぁと…


そして、悪い予感は的中


勝ちの目は十分あったんですが、11個空きで敗着。。。


持ち前の正確な終盤も22石損と影を潜め、自身最大の盤狂わされを献上しての黒星で、冬も準決勝進出の夢は霧散


それどころか王座戦出場権獲得にはもう1敗もできないという…まさに崖っぷちに追い込まれました


今大会の台風の目となったN村圭初段…自身の番狂わせの記録の1位と2位をこの名人戦中学生の部で記録していますし、その両方が西の雄の準決勝進出の夢を打ち砕く勝利ですから…これはもう悔しいですがお見事というしかありません


私としては麻布オセロ部の層の厚さを思い知らされた前半戦という事になったんですが、池冬蛍の3人の4回戦の相手は…


………vol.3につづく