4回戦
冬五段(大阪) vs MIU初段(大阪)
蛍四段(大阪) vs F田初段(三重)



仕切り直しの一戦となった冬と蛍ですが、嫌な相手と当たったなぁと思ったのは冬


お相手は阪大オセロ同好会会長のMIU初段


先日の近畿北陸名人戦で二段にリーチかけてましたし、その後リバーシ大戦で表裏打って1勝1敗


この日も初代灘校オセロサークル長のS村くんに勝ってますし、どんどん力をつけていて勢いもある印象だったので…



image



そして…嫌な予感は的中


観戦していて明らかに黒の冬は重たいよなぁ…と思っていて、この局面の後いったん外に出たんですが、帰ってきてMIUさんに聞くと「勝ちました♪」と満面の笑み


後からTwitterで「今までの生対局の中で一番嬉しかった」って言われていて、それを伝えると冬も苦笑いしていたんですが、自身最大の番狂わせでレート対象大会初の高段者からの勝利ですからね(^_^;)


K谷くんとも話していたんですが…また練習会呼んでください(^^)/


一方の冬は中部ブロックのF田初段との対局


2年前に三重鈴鹿オープンで対局してその時は蛍が勝ったんですが、昨年は盤聖戦や関西選手権にも遠征に来られていていずれも勝ち越してますし、相当お強い…


こちらは中盤の優勢を終盤手前で吐き出して全くの互角で終盤に突入し、敗勢の状況だったみたいなんですが、蛍曰く拾った内容で何とか勝利


蛍は踏みとどまりましたが、冬はこれで優勝争いからは脱落となってしまいました




5回戦
冬五段(大阪) vs M原二段(奈良)
蛍四段(大阪) vs S生六段(兵庫)



冬はまたしても嫌な相手…昨年2度金星を提供しているM原二段との対局


中盤一時ははかなり優勢だったんですが、早め勝負のX打ちΣ( ̄ロ ̄|||)


見ていて(えっ??)って思ったんですが、その手は悪くなかったもののそこからかなりマズい打ち回しをした様で、一時は敗勢になりながらも薄氷の逆転勝ち(-_-;)


内容は褒められたものじゃないですが、何とか踏みとどまったといった所でしょうか…


一方の蛍は再び勝負の高段者の方との対局


昨年のスーパーリーグで一度対戦があって完敗しているS生六段戦を迎えました


途中から盤面をShimaxで作って観戦していたんですが…



●蛍四段
○S生六段





中盤から正確な着手を続け、終盤に入るころには優勢に…


あとは打ち切れるか…と思っていたら14石損を18石損で返して冷や汗をかきましたが、その後の着手は完璧


強い…


名人戦の時にS村四段が「冬くんは8~9.5点の手を安定して打ってきて、蛍くんは7点の手と10点の手を打つ…なので蛍くんには勝ててるけど、そんなん見えんわ!!と言う様な天才的な一手を打つのは蛍くん」なんて言われていたんですが、もしや今日は10点が多い日なのかも(^^;)


これで蛍は自身初の京都オープン勝ち越しが決定


冬も負け越しは無くなりましたし、この日は他のジュニア有段者がかなり苦戦していたので、この後勝ち続ければ上位と当たる蛍を逆転して3年連続のジュニアトップ賞の可能性は十分にある…


そして大会は、いよいよ終盤6回戦に突入していきます


………vol.4に続く