兵庫登竜門リーグと同日開催だったスーパーリーグ


冬と蛍は昨年に初めて参戦したんですが、冬が5勝で準優勝、蛍が4勝で4位と想定以上の好成績♪


三段以上限定戦で毎回厳しいメンバーになるので今年はどうなるか…


参加メンバーは
ぷふぁ鉢三段
S生六段
冬五段
蛍四段



と昨年の1~4位は今年も参戦


そして…
あっくん三段
I田三段



のジュニア小中三段2人


さらに京都支部長のU野三段、昨年登竜門リーグ優勝のでってぃう二段の8人というメンバーで争われる事に…


三段以上限定戦なので基本昇段は無いんですが、今回はでってぃうサンが参加されていたので三段昇段の条件が大会前に発表されました


その条件は…
5勝かつ優勝Σ(・ω・ノ)ノ


このメンツ相手にこれは厳しい…まぁよほどの事がない限り無理っすよね~


当のでってぃうサンも開会前はそういう雰囲気だったんですが…



第12回兵庫スーパーリーグ~三段以上限定戦~
日時:2017年5月4日(祝)
場所:神戸市立総合福祉センター
二段以下、無級者限定
準総当たり6回戦 石数制 20分持ち 引き分けなし
三段昇段条件…5勝かつ優勝




このゴールデンウィークでの興味の一つは関西ジュニアトップをめぐる争い


あっくんが全勝優勝した犬山オープンのレートが反映されていないので正確には分からなかったんですが、京都オープン前の時点で冬とあっくんのレートはほぼ並んでいたんじゃないかな~という状況


直接対決は避けられないであろう京都オープンと兵庫スーパーリーグで雌雄を決するという状況だったんですが、京都オープンでは共にレートを大きく下げそうな結果


一方上位二人には水をあけられていた蛍ですが、京都オープンでの躍進で、この日の結果次第では蛍がトップに躍り出る可能性もあるか??という状況でした


1回戦
冬五段(大阪) vs でってぃう二段(大阪)
蛍四段(大阪) vs I田三段(岡山)



1回戦は共に上位を狙うには勝っておきたい相手との対局

まずは同学年の灘中エース、I田三段との対局となった蛍


定例会や兵庫オセロの勉強会春など、レート非対象の大会では対局はけっこうあるんですが、レート対象大会では当たる機会が少なくて昨年と今年の名人戦中学生の部のみ


昨年はI田くん、今年は蛍が勝っている両雄の三度目のレート対象大会での激突は棋譜が再現できなかったので内容は分からないんですが、蛍が40-24で勝利!!


一方の冬はでってぃう二段との対局


ここ最近は練習会・大会含めて連勝中で、勝っておきたい所だったんですが、双方得意のバナナ定石からの進行で内容的には完敗…


う~ん…直前の調子的には悪くないと思っていましたが、中々乗り切れないですね~




2回戦
冬五段(大阪) vs U野三段(滋賀)
蛍四段(大阪) vs あっくん三段(大阪)



蛍は遂に迎えたレート対象大会でのスーパーエース君との初対局


今までにリバーシ大戦で1度勝った事はあるものの、生対局では引き分けが最高で、1度も勝った事はありません(-_-;)


誰よりも蛍が1番勝ちたかったと思うんですが、対局はジワジワと不利になり中盤は厳しい状況


●あっくん三段
○蛍四段




ここからあっくんに緩手があって、優劣は接近していきます…


そして…






ここでの黒f8で互角に


更に進んで…





終盤に入って41手目…ここでのg3があっくんの敗着って事になるんですが、ワタシ何度見直しても2コ上の局面からどう考えたら正しい手順で打てるのか、サッパリ分かりません(^_^;)


最終的には4隅の内3か所で黒に手どまりを打たれながら辺を取った得が大きくて足りてしまうという…この対局を蛍は「拾った対局やった」って言っていたんですが、彼ら位になるとこの内容で拾った対局って事になるんですかね~


ともあれやっと驚異の超新星、あっくん三段から盤面での初勝利を挙げた蛍は開幕2連勝!!


一方の冬はU野三段との対局


対局は実に2年ぶりで、その年は3回当たって1勝2敗…レート表見てみると、当時は段位もレートも冬の方が格下で、1勝2敗ってのは期待勝率とほぼトントンの成績だったんですが…


それから2年の時を経ての対局は、中盤で優位に立った冬が終盤も完璧な詰めを見せ、52-12と完勝!!


2回戦は共に勝利を挙げて、兄弟対決となる3回戦に進みました




3回戦
冬五段(大阪) vs 蛍四段(大阪)



この日は参加人数が少ないので兄弟対決は避けられないと思っていましたが、蛍2勝、冬1勝1敗という状況での激突


image



冬は負ければもう後がないですし、蛍は勝ってジュニア2強との差を詰めたい所


対局は白の蛍が酉定石を選択し進行…蛍の酉ってあまり見た事ない気がしますが、このあたりも手の内を知り尽くしている最大のライバル同士の駆け引きなんでしょうか??


共に持ち時間を消費し、残り1分を切って迎えた最終盤






対局は8石差で蛍の勝利!!


なんと蛍は、開幕からのジュニアのライバル3連戦を3連勝!!!


まだ鉢さんS生さんとの対局を終えてはいませんが、現状ではジュニアトップ(*^^)v


一方の冬にとってはこれは痛すぎる黒星


蛍と同じく高段者の方との対局はまだありませんから、相当に厳しい状況へと追い込まれて後半戦に向かう事となります


………vol.2へ続く