第45回全日本選手権 近畿ブロック予選

日時:2017年6月4日(日) 
会場:西区民センター第4会議室
試合:20分持ち, スイス方式7回戦
   引き分けなし(秒読み30秒あり)
枠数:無差別:6、女子3、フリー8(女子優先枠2含む)




最初くらいは楽な相手を…とも思うけど考え様によっては有力候補を初戦で潰せれば冬と蛍には有利になるんやよな~


アイツらはもう正直誰でも良いけどワタシは初戦くらいは楽な相手と当たりたいと思っていたんですが…




1回戦
冬五段(大阪) vs M本和二段(大阪)
蛍四段(大阪) vs N山二段(滋賀)
拓初段(大阪) vs S村四段(大阪)


そんな虫のいい事考えてると大体反対の当たりになるんですよね~


って事で私の初戦の相手は昨年の無差別代表のS村四段


でも初戦ですからね…まだ頭もクリアに動く筈ですし頑張らないとって思って席に着くと…


「なんやお父さんか~ww冬くん蛍くんに打とうと思って新しいの用意して来たのに」


………ヒドイ(T_T)


さらにこちらの心を見透かしたかのように


「じゃあ…リーダーズ打たれるの嫌やから黒で!」


マジか…


黒なら勝機があると思っていた訳ではないんですが、今までの対局はほとんど白でやられていたイメージがあったので黒で打ちたいなぁと思っていたんですけどね~


って事で白、引き分け勝ちを持って対局スタート


対局はいつもの通り裏大量から進行して、まぁなんとか中盤も詰まされる事無く対局は終盤へ…


そして最終盤に近いところでS村さんの手が止まります


正直有利不利は分からなかったんですが、その直後にまさかの言葉が


「………これ足りんな(汗」


………え??そうなの?


しかしこちらの残り時間も余裕は無い…悪くないと思うところを短い時間で打ち進めて終局へ


終わった時は(足りないんじゃ…どっかでミスったんやろうな~)と思ったんですが、私が数えるまでも無く「引き分けです」と…


数えてみると確かに32ー32


勝っちゃった。。。S村四段によると終盤は間違えずに打ててたらしい


いやこれはマグレだとしてもめちゃくちゃ嬉しい♪この日参加していた昨年の無差別代表の方とは全員と対局経験がありますが、大会では誰にも勝った事がありませんでしたからね~


更にはレート対象大会で蛍以外の四段以上の方に初勝利!!


そして1番大きいと思ったのは…この番狂わせは冬と蛍にとってはかなりのアシストになるやろうって事ですね…とりあえず負けるまではS村さんとは当たりませんから


さてさて冬と蛍の対局は…


ここはまぁ2人とも大丈夫やろうと思ってたんですが、見に行ったのは名物二段サンと蛍の対局


image



念の為対局を見ていたロビンさんに「白ですよね?」って聞いたら白だったので一安心(^_^;)


何故か終わった後にN山さんが対局カード持って行っちゃって、受付に居たT口パパさんがめっちゃ焦ってましたww


結果は48-16だったんですが、大会終了後に「お父さんですか?なかなか打ちがいがありましたよ」って上から口調で言われて流石にイラッとしたので(^^;)


「まぁ小学生の時の初対局でパーフェクト勝ちしてますからねぇ💢」って大人げない返ししちゃったんですが(苦笑)


一度引き分け負け喰らった事があるのは覚えてないやろうから封印しとこう(笑)


冬も完勝で1回戦を突破して、3人揃っての1回戦突破という絶好のスタートを切ったんですが…




2回戦
冬五段(大阪) vs 蛍四段(大阪)
拓初段(大阪) vs T條四段(滋賀)


最悪や………41人も参加者いるのに(T_T)


まぁでも後半で出場権利を賭けて当たるとかよりは良かったのかなぁ…


気にした所でどちらかに黒星が付く事は確定なので、自分の対局に集中する事に


お相手は昨年のフリーの部代表のT條四段


去年の2回戦の再戦なんですが…


拓「去年も当たりましたよね~」


T「…そうでしたっけ…ちょっと覚えてなくて(汗)」


拓「………((+_+))」


覚えてもらってなかった昨年は中盤には苦しくなって完敗だったんですが、今回は逆に中盤には優勢っぽい形に


(これは勝てるんじゃ…)と思って迎えた最終盤、5個空きで数えてみると思ったほど石を稼げない(-_-;)


ワタシは黒だったんですが、左上に4個空きがあって右下に白から打てない1個空きという形


素直に行けば4個空きに打った後1個空きに打って両方で手どまりを打つ手筋…よく冬が打ってる形やよな…


でもホワイトライン通せるし先にライン通した方がいいのんか??


相変わらずカウンティングは下手クソで、時間だけがどんどん過ぎていきます


(分かんないけど…最初の想定の手筋で32はある筈…分け勝ちは…持ってる!!)


確信の無いまま打ったんですが、後で見ていた冬に聞くと手筋は正解だったらしい


最後は秒読みに突入したので「返し忘れはしない様に…」と声出し確認しながら打ってT條さんに失笑されましたが(^_^;)結果は33-31で勝利♪


なんとこれで格上の方…そして昨年全日本に出た方との連戦ながら奇跡の開幕2連勝!!


そして…今年の大目標であった『瞬間でもレート1000を超える』ってのも多分達成.。゚+.(・∀・)゚+.゚


冬蛍とは何度も対戦していただいているので彼らの事は覚えてくれていると思うんですが…これでワタシも覚えてもらえたかな??


さて…運命の兄弟対決は、終盤優位に進めていた冬が9個空きで痛恨の16石損敗着


これで蛍、拓は2連勝、冬は1勝1敗で午前中の対局は終了


いよいよ佳境の午後の部へと入っていきます


………vol.3へ続く