冬が挑んだフリーの部は、当日欠席者が1名いたみたいで、 63名で争われました


目標は冬も蛍も優勝って言っていたんですが、現実的なのはフリーの部に挑む冬


参加者中ランキングは7位でしたから数字上は十分可能性はあるんですが、今年はメンバーがヤバい上に最近の大会結果は昨年に比べていいとは言えないですし、受験勉強に伴う練習時間の減少に加えて前日の練習会でも調子は良くなかったので、まぁ気負わずオセロを楽しんでくれたらいいかな~位に思っていました




第45回全日本オセロ選手権大会 フリーの部
日時:平成29年7月16日(日)
会場:幕張メッセ国際会議場 2階 201
普及版新オセロ方式6回戦、引き分け無し
持ち時間20分、秒読み無し



相当にレベルの高いメンバーとなった今年のフリーの部ですが、まず気になったのはリーグ分け


アンケート開催時点の上位8人は各リーグに2人づつ、上位16人まで見ても各リーグで3~5人とランキング的には比較的バランスのいいリーグ分けとなったんですが…



あっくん三段…Dリーグ
冬五段   …Dリーグ



マジか…(((( ;゚д゚)))


一番避けたかった彼と同じリーグに入ったこの瞬間、関西ジュニアのWエースのドリームマッチ決勝戦の可能性は消滅


決勝トーナメント進出を賭けて同リーグでしのぎを削るという事になりました




1回戦
冬五段(近畿北陸) vs S本初段(神奈川)


DSC_0140



神奈川の方か…嫌やな。。。ってのが初戦の組み合わせを確認しての第一印象


全国でも有数の大激戦区の代表ですから楽な相手の訳は無いですよね~


結構際どい対局になったみたいですが、大事な初戦を冬は8石差で勝利!!


まずはとりあえずホッとしました(^_^;)


1回戦を終わって、近畿ブロックの代表選手の主たるメンバーで上位を狙えそうな宮崎七段、S江四段、あっくん三段、でってぃう二段といった所はみんな初戦を勝利!!


このまま超強力な近畿ブロックのメンツがフリーの部を席巻するのかと思われたんですが…




2回戦
冬五段(近畿北陸) vs N村倫三段(神奈川)



冬は2回戦も厳しい当たり


麻布オセロ部の同学年のN村倫三段との対局となりました


今年の名人戦中学生の部で対戦していて、その時は対局は再現できていないものの冬の完勝だったと聞いてはいたんですが、今メッチャ勢いのある印象ですし油断は出来ないよな…


と思っていたんですが、今回も中盤には優位になり完勝!!


嫌な相手と当たったと思っていたのはワタシだけで、本人は特に意識は無かったみたい(^_^;)


N村くんは最終的にこの1敗だけで5勝を挙げて王座戦の出場権を獲得しましたし、今までの戦績からもそこまで大きな差はないと思うんですが…相性の問題もあるんですかね~


冬は決して楽ではない当たりの午前中の2戦を連勝で突破したんですが、2回戦であっくん三段が中部のH賀四段に敗北


レート的には参加の全選手中トップで、先日の品川での大爆発がOthello!Japan動画にアップされた影響もあってか、事前のアンケートでも宮崎七段と並ぶ優勝候補の双璧に推されていましたし、H賀四段とも以前に一度対戦して勝っていたので、ここで負けるとは思ってなかったんですが…


やはりそんなに甘くないという事か。。。


冬も午前中では自分の対局云々よりも、強さを知っているあっくんが負けた。。。と言う事がインパクト大きかったみたいで「マジで!!?負けたん?誰に??」って結構動揺してましたからね~


会場の外に出てきてパパさんの所に行くと、堪え切れずに悔し涙を流したあっくん。・゚(゚`Д)゙


小学生のライバルF地五段や、近畿ジュニアのライバル蛍四段が登った舞台に自分も!!という思いは強かったでしょうし、実際に優勝が狙える力はあっただけに、ホンマに悔しかったと思うんですが…


この悔しさはまた彼を強くするでしょうし、最後の小学生グランプリでその力を爆発させて、冬の越えられなかった壁を越えてくれると信じたいと思います!!


そしてあっくんだけではなく、宮崎七段、でってぃう二段、S江四段の近畿勢も2回戦で全滅


史上最強のフリー代表メンバーなんじゃないの??と思っていた近畿代表ですが、2回戦を終えて決勝進出の可能性を残すのは冬だけと言う事になってしまいました