決勝戦ハイライト


話を少し戻してこの日の朝


IMG_20170811_225313

このスカイツリーの画像と共に「真剣勝負で、てっぺん獲るぞ‼」とツイートしていたあっくん


そしてワタシとこんな会話をしていました


Fotor_150246139497538



この1年、あっくんの頑張りを近くで見てましたし、一緒に何回も練習会もしましたし、勝って欲しいと思っていたんですが…決勝戦で対戦することが決まった時に複雑な思いが無かったかと言えば嘘になります


F地くんと初めて会ったのは3年前の小学生グランプリ…



SN3V0286



スーパー1年生の評判は聞こえていたものの、決勝戦を争う事になった時、冬は前年のチャンピオンを倒して名人戦小学生の部で3位に入った実績があって、初段と1級…いくら強いと言ってもまだ1年生…勝てるんじゃないか?と思っていました


しかし…対局は完敗(-_-;)


この時から彼は我が家の目標になりました


その後、翌年の名人戦小学生の部


SN3V0741



この時冬は小学生同士としては初めて予選でF地くんに勝ったんですが、準決勝でY城くんに敗れ、優勝したのはF地くん


この後神奈川オープンに出た時も一緒に記念撮影したんですよね~


IMG_4334



この年の小学生グランプリでF地くんは2連覇を達成


しかしその後の王座戦で…



IMG_4488



3連勝同士で激突した蛍とF地くん


この対局に蛍は勝って、四段に昇段し小学生王座を獲得


この頃ママさんから、小学生の大会の方が疲労感が大きいという話も聞いていましたし、勝って当たり前と言われる状況で凄いプレッシャーと戦ってるんやなと…


この時王座戦で、権利取得時小学生の現中3世代とF地くんは活躍したものの、他の小学生オセラーは1勝か0勝と力の差は歴然


「その内小学生の大会には出んくなるんちゃうか?」なんて話をしていました


翌年の名人戦小学生の部にF地くんは出場せず、6連覇は小学生グランプリで狙うという事に


そしてこの名人戦の時にグランプリの優勝者がユース代表として世界選手権に出ることが発表されました


その年の全日本選手権


image



蛍とF地くんはフリーの部決勝で激突し、今度はF地くんが完勝!!


この時点では、F地くんが小学生に負ける姿は想像できませんでしたし、中学生に門戸が開かれない限りはユース代表は彼の為にあるようなモノ…ほとんどの人がそう思っていたと思います


あっくんと出会う前にこれだけの思い出と、熱い対戦の数々があって、何よりも世界で躍動するF地くんを見てみたいと思ってましたからね~


一方あっくんとの出会いはこの全日本選手権の直後のOSG直前練習会でした


Fotor_15025420799844



あっくんが定例会に初出場で優勝したって話を聞いて、練習会では蛍とのスペシャル対局を用意


多面打ちの後ろに映り込んでいた写真を引き伸ばしたんで画像荒いですが(^_^;)


フリークラス準チャンピオンの蛍がまさか負ける事は無いやろう…と思っていたんですが、この対局にあっくんは勝利


その後冬との対局には敗れたものの、経験では勝る関西ジュニア相手にミニ大会を圧巻の全勝優勝!!


………なんだこの子は……バケモノか(((( ;゚д゚)))ってのが彼と会った第1印象でした


あまりの強さにその存在にあえてブログで触れず、関西ジュニアの秘密兵器として挑んだ小学生グランプリで3位に入賞


その後の王座戦


image



我が家での練習会にも参加してくれたあっくんは…


image



レート対象大会デビュー戦での三段昇段Σ( ̄ロ ̄|||)


この時は、冬、T口美ちゃんとのトリプル昇段でした♪


その後も何度も一緒に練習会をしたり…

image



DSC_0396



大会では、冬蛍と幾度となく激闘を繰り広げました


image


彼が彗星のように現れてから1年、冬と蛍や今大会に出場した他の関西のこども達に大きな刺激を与え、チームを引っ張ってくれました


DSC_0443



今回のOSG2017で、2強と呼ばれたF地くんとあっくん


どちらも、彼らがいなければ今の冬と蛍は無かったといっても過言ではないほど、関わりも深く、影響の大きかった2人の天才…


大会前はこの2人の決勝戦が見たい!!と思っていたんですが、実際に決勝戦が実現してみると複雑な感情が心の中に渡来してきて…


どちらにも勝たせてあげたい…どちらも世界で躍動する姿を見てみたい…でも…勝者は1人



………練習会を始めた時、いつかはF地くんと勝負できるような子を練習会から出すってのが大きな目標やったよな…


あっくんは最初から強かったから指導で腕を上げたって訳ではないかもしれないけど、この1年、彼がオセロを楽しんだり、大会に向けて練習の機会を増やしたり、モチベーションを上げる役割は少なからず担えた筈…


そして彼がいてくれたからこそ、他のメンバーも決勝トーナメントでF地くんと対戦するまでになったんやよな…


F地くんの存在があったからこそ、有志で練習会を立ち上げて『チーム拓』なんて呼んでもらえるほど子ども達とオセロと深く関わって来る事が出来た…


そしてあっくんがいてくれた事で、今その最初と目標が形となって実現している…


………色々とモヤモヤとしていたんですが最後は吹っ切れました



あっくん、勝とう!!!


N島二段誕生と決勝は2強の速報が入ったくらいまでは家にいたんですが、その後嫁さんと買い物のために外へ


買い物をしながら何度も速報ページやTwitterをリロードして…そんな何回も読み込んでも結果は直ぐには出ないって事は頭では分かっていたんですけどね(^_^;)


ちなみにF地五段は…

オセロ小学生グランプリ2014
第36期名人戦小学生の部
オセロ小学生グランプリ2015
第44回全日本選手権 フリーの部
第38期名人戦小学生の部



過去5回全国クラスの大会で決勝戦に進出しているんですが、いずれも優勝で決勝戦無敗と圧倒的な勝負強さを誇っていて…冬蛍が勝ったのは決勝以外で当たった時なんですよね…


力的にはたぶんどちらが勝ってもおかしくはない…ここにきて一番怖かったのは経験の差とこの勝負強さ…

運命の速報が入ったのは1件目の買い物を終えて2軒目のスーパーの駐車場に着いた時…第一報はN島パパさんのツイートでした


『あっくん、優勝おめでとう』


………勝った…あっくんが勝った…うわああぁぁぁぁぁ優勝や~!!あっくんおめでとう!!!世界や~!!!!


そしてほぼ時を同じくして6回戦の結果が速報ページにアップされました


N島くんは3位確定…A立瑛くんも勝ってる…M野くんも勝って…4位(゚∇゚ ;)


あっくん優勝&チーム拓4人入賞!???


凄い…みんな凄いな…よく頑張った(TДT)


スーパーの駐車場の車の中で本気で号泣するという完全に怪しいオッサンと化していましたが(^_^;)本当に嬉しい最高の結果となりました


オセロ小学生2017 決勝大会 最終結果

優勝:あっくん三段(近畿:小6)
2位:F地五段  (神奈川:小4)
3位:N島初段  (近畿:小5) 二段昇段
3位:F屋敷二段 (中部:小6)
入賞:A立瑛初段 (兵庫:小6)
入賞:W田初段  (中部:小3)
入賞:M野1級  (兵庫:小4) 初段昇段
入賞:N田1級  (東京:小6) 初段昇段


Fotor_15025502934391



4勝:A立蒼初段
4勝:S石 1級
4勝:T口天1級
4勝:S藤 1級
4勝:I木 1級
4勝:A立陸2級→1級昇級
3勝:F見 初段
3勝:K古谷5級
3勝:I藤 5級
2勝:W邊 5級
2勝:M口 4級
2勝:I井 5級



4人の入賞者を出した以外にも、練習会2回目以上の参加だった連続出場組は全員が勝ち越し


そして九州から参加してくれたI木1級も流石の勝ち越しですが、2敗はいずれも練習会組(^^;)


そして定例会に何度か参加していたF見初段、I藤1級が3勝


練習回初参加組は、今回は厳しいかな…と思っていたんですが、K古谷5級が3勝で他のメンバーも2勝は挙げましたね~みんなよく頑張った!!


ちなみに今回初入賞の2人も初めて決勝大会に出た時は確か2勝だったので…ここから頑張ればまだまだ強くなれる筈です!!


F屋敷くんは意地の入賞という形でしたが…無敗だっただけに悔しさの方が大きかったのか、過去最高の成績で嬉しさの方が大きかったのか…でも流石ですね~


N島くんはもう文句なし!いや強い!!名人戦での経験はやっぱり大きかったんでしょうね~なんか貫録が出てきた気がする…


W田くんは東北ブロック3連続入賞&兄弟3連続入賞という素晴らしい快挙!!ユース世界チャンプのお兄ちゃんよりも早い学年で入賞したのはお見事


A立瑛くんは…全日本フリーに相方だけが出た時に、絶対悔しかったと思うんですよね…今回の結果は瑛くんの意地の勝利かな?ツインズがオセロで意地を張りあうと間違いなく強くなりますねww


N田さんは昨年も入賞クラスの成績で届かなかったんですが、今年は勝ち運を引き寄せたかな?元々のセンスに中島八段の指導…そして勢いもありましたからね~


M野くんは練習会で目標を『4勝トップ』って言ったんで、あと1つ行こうって話したんですが、見事に実現しましたね~。当たりも決して楽じゃない中でさすが兵庫チャンプという素晴らしい成績でした


あっくん、優勝おめでとう!!今までなんど言ったか分かりませんが強すぎ(^_^;)


Othello!Japanのインタビューで世界選手権での目標は10勝との事でしたが、目標を低く設定するとそこまでの結果しか出ないってのが冬の座右の銘ですし、上のM野くんの例もあるので世界選手権でのオセロヒストリー的なあっくんの目標は優勝です(笑)


そしてF地くん…上記のインタビューの動画で終局の瞬間、頭を抱えて盤に突っ伏した彼の後ろ姿があまりにもインパクト強くて心に刺さって、正直掛ける言葉が見つかりませんが…


昨年の東北、今年の近畿、そして中島八段もブログに書いていましたが『F地くんと勝負になるような子を育てたい』という事が現在のジュニア育成のスローガン的になっている…それほど小学生では抜けて強いんですよね


その流れの中でW田くんやあっくんといった子が新たに出てきて…みんながF地くんを目標に頑張っていく…この流れはあと2年も変わらないでしょう


私も来年のグランプリに向けて、N島二段やM野初段やS藤1級がもっと強くなれるようにお手伝いをしていく…目標は打倒F地五段という事に当然なります


彼らが負ける事を祈っている訳ではないですが、そんな『F地包囲網』を突破してチャンピオンに返り咲く…そして悲願の世界へ…


そんなドラマチックな展開が見てみたいなぁ。。。