今回の小学生グランプリは正直な話マトモに状況を見守っていたら持たないな…


というのも、直前練習会を企画するようになって今年で3年目…


練習会を始めた時から唯一の有段者で、今や関西ジュニアを牽引する存在にまで成長したN島二段の4度目にして最後のグランプリ


そして…兵庫が誇る関西ジュニア期待の星、O西二段の満を持してのOSGデビュー


練習会参加がオセロデビューの1期生、S藤二段も小学生最後のグランプリ


F地世代のM野二段、T口天1級は予選で涙を飲んだ同学年のS石くんの分まで!!


最初で最後のグランプリの大阪チャンプ、O田1級は旋風を巻き起こすだけの潜在能力はある…


I藤1級、I井2級は1年間の成長を見せる時!!


そして新戦力のY下2級、Y師寺5級、T2級、Y村4級は何処まで戦えるか…


さらには練習会に参加してくれた他ブロックのI木二段、K林二段、H1級の成績も気になる所


3年も指導担当をしていると当然思い入れも強くなりますし、その上今年は予選が大激戦で、涙を飲んだ通称『チーム拓』の子ども達も何人もいましたからとても落ち着いては見てられない…


これが予選のお手伝いを終えての正直な感想だったので、冬が王座戦前に試合こなしておきたいという希望で参戦した京都順位戦にワタシもエントリー



まぁ対局しながらならそこまで結果も気にならんかも(^^;)と思ったんですが、直前になるとだんだん気持ちが落ち着かなくなってきて…


さらに現地組から今年は2014以来の1リーグ制で上位4名が決勝トーナメント進出の名人戦方式という情報がΣ( ̄ロ ̄|||)


Fotor_153364447021625



マジか…展開が読めん…どうなるんや??もう自分が対局している場合やない(((( ;゚д゚)))


拓「あの…もし奇数だったらワタシ調整要員に…」


すりっぱサン「大丈夫ですよ♪私かU野さんで調整しますから!」


拓「イヤそーでなくて…もし関西の子が決勝トーナメントとか行ったらやっぱりライブで見たいし対局どころやないかと…」


すりっぱサン「なるほどなるほど」


しかしそんなときに限って参加者偶数なんすよねww


ってことで京都順位戦の対局の合間に速報をチェックしてって感じでOSGを見守る事となりました


さて一方関西ジュニアを脅かす全国のライバル達…


今年はもう超絶レベルが高すぎてですね。。。


とりあえず連盟の予選結果見ながら怖いなと思ってた選手を順番に書いていきますよ


東京
T盤くん
I藤1級
Y口二段
T中二段
M馬三段
M本1級

神奈川
H内初段
I谷初段
F地六段
K村1級

信越
K林初段

東北
Y澤初段
K野初段
O谷1級
K村1級

茨城
K村二段
U井1級

中部
E崎二段
S嶋二段

埼玉
K林二段

九州
K村初段
I木二段
H1級


なんなんでしょうねこのメンバー。。。ヤバすぎる


でも…2年前…


ここで冬が無差別大会初優勝した時にあっくんと美蘭ちゃんが練習会組の初入賞を果たしたんやよな


今回もその時の再現に…きっと…きっと歓喜の瞬間が来る!!


1回戦

現地組の方から速報のURLを教えてもらって見ていたんですが、組み合わせの表の見方が分からずに結局組み合わせを把握できないまま1回戦に突入


なので結果が上がってから組み合わせを知った形になったんですが、上から見ていくと…


N島二段、初戦から二段同士の対局を55石で圧勝!!


さらにM野二段も圧勝!!


I井くん…O田くん…I藤くん…天ちゃん…Y師寺くん.。゚+.(・∀・)゚+.゚


みんなイイ感じや…けど……


兵庫小学生名人と近畿北陸小学生名人の2人が中々出てこない…


いた…S藤二段はY下くんと潰し合いか…そしてO西二段が34石??


とりあえず有力所はみんな勝ってるし、負けた子もいるけど強い相手やからまずは順調か…


しかし上位は次の組み合わせがヤバいことに


N島二段 vs Y口二段(東京)
M野二段 vs K野初段(東北)



そしてS藤二段 vs O西二段という最悪の組み合わせも(; ̄Д ̄)


早速の入賞候補同士の激突…これはもうしょうがないんですが、何故か初戦に石を稼げなかったS藤くんとO西くんが2回戦で当たってしまうという。。。予選でも初戦で当たってましたからもうね…


しかしながら悪い事だけではなくてですね…


F地六段とS嶋二段の名人戦1位3位がいきなり激突(゚ロ゚;)!?


これは上手く行けば関西勢に流れが向くんでないかい??


1回戦の結果を見届けた後に京都順位戦も2回戦に突入し、次に速報を見れたのはお昼休憩


おぉ!!N島くん勝ってる!!!!M野くんは…負けたか…


関西勢の2連勝は6人いたんですが組み合わせは更に厳しく…


O田1級 vs M馬三段(東京)
S藤二段 vs K林二段(埼玉)
Y師寺5級 vs I木二段(九州)
T口天1級 vs K林初段(信越)



ほどなく3回戦の結果もアップされて、この時点で3連勝は10人に


N島二段(大阪)
F地六段(神奈川)
K村初段(九州)
H内初段(神奈川)
K林二段(埼玉)
O田1級(大阪)
T口1級(大阪)
K野初段(東北)
I木二段(九州)
I藤1級(大阪)



関西勢は二段カルテットの内3人に土がついているものの、それでも4人が3連勝と層の厚い所を見せています


特に東京のエースM馬三段を破ったO田1級、信越のエースK林初段を降したT口天1級には勢いもつきそうやよな…


そして…遂に…いよいよ…運命の時がやってきました


Fotor_15336442127008



激戦のグランプリだという事を象徴するように、前半戦で入賞の夢が潰えた1勝2敗のメンバーの中にはなんと二段が5人も…


うち3人は全国大会での入賞経験者というノ( ̄0 ̄;)\


当然1敗にも入賞候補がひしめいていて、練習会組もまだ11名がここに残っています…
みんながんばれ!!!


大激戦となったオセロ小学生グランプリ2018…生き残りをかけたサバイバルマッチは後半戦に突入します