2回戦
晃 冬 蛍(大阪) vs 麻布学園A(東京)



共に3-0で圧勝のスタートとなった優勝候補の2チームが早くも2回戦で激突


まぁこれはしょうがないですよね…順当に行けばこうなるってのは予測していましたから


ここで勝てば当然決勝進出をぐっと引き寄せる形に


一方負ければ後が無くなるという大事な一戦


今年の麻布Aは強い…もしかしたら2年前のチームよりも強いかも…


そんなプレッシャーもあったので、テンパったワタシはこんなことをやらかしてまして(^^;


時間は遡る事開会前…


会場に来られた麻布学園オセロ部の顧問、村上九段にご挨拶に行った時の事


お話をさせて頂いたなかでワタシは村上さんにこんな事をブチ上げました


「私は…言葉に出す事でそれが運を引き寄せると信じているので、失礼を承知で言わせて頂きます」


「今日は………麻布を止めさせて頂きます!!」



冷静に後で考えると何てムチャクチャな(^^;)と思いますが、たぶんテンション上がりきってたんやろうな~と(滝汗


実際なぜにこんな無茶な事を言ったかというと、たぶんこの麻布学園Aチームとの対局にかなりの危機感を覚えていたからやと思うんですよね~


チームの平均レートでは上回っている物の、それはあっくんのレートが高いからであって、レート的には冬でトントン、蛍は段位的にも成績的にも格下というのは数字を見ても明確で、3人との対戦成績も1勝3敗


麻布チームに勝つには最低限冬と蛍のどちらかが勝つ必要が有る訳で…


という訳でオーダー決めの作戦会議も熱を帯びます


Fotor_156532176028756


「前の試合は①T見澤②S治③N村か…」

「S治くんは知将のイメージあるし、そんなに素直には来ない気がする」

「向こうだってこっちに拓さんがいて色々考えて来ると思ってるやろうし…」

「冬自身は打っててN村くんに相性の良さは感じるんか??」

「イヤ…たまたまやと思う」

「1回戦素直に行ったから、逆にボクを2〜3番手に置いてくると思うかも…」

「確かにな…よっしゃ!それで行こう!!」


白熱した議論の末に決まったチーム拓冬蛍のオーダーはこう


①あっくん七段
②蛍四段
③冬五段



T見澤五段が1番手に来ると読んだオーダー編成でしたが、相手は…


①T見澤五段
②N村五段
③S治五段



よっしゃ!読み通り!!!


オーダーが読み上げられた瞬間にキャプテンとグータッチしていよいよ2回戦開始


メジャー大会ではいつもの事なんですが、途中緊張感で見ていられない感じになって一度は退出しようと思ったんですが…


(アカン…今回は保護者やなく監督やからな。。。見届けんと汗)


結果は…冬が勝ったもののあっくんがよもやの敗戦


1-1となって最後に残った蛍 vs N村五段の対局に勝敗は委ねられることになったんですが…


これ分からんぞ…際どい…もう時間もない…


そして終局


29、30、31、32…ドロー!!??…分け勝ちは??


2回戦結果
晃冬蛍 1-2 麻布学園A

あっくん…負け
冬…勝ち
蛍…分け負け(´;ω;`)


さすがに落胆した様子で帰ってきた3人


あっくん「あ~…勝ってた~」


●T見澤五段
○あっくん七段(分勝)




蛍「………勝ってた(-_-;)」

●蛍四段
○N村五段
(分勝)



冬「マジで(笑)俺負けてた(^_^;)」

●冬五段
○S治五段





それぞれが敗着を打った局面…これもオセロの面白い所なんですが、時間が無かったとは言え蛍の敗着は3個空きですからね。。。


内容は紙一重ですが結果は雲泥の差(-_-;)


一気に負けられない厳しい状況へと追い込まれてしまいました