拓冬蛍のオセロヒストリー

双子の息子共々ハマっているオセロについて色々と書いているブログです。
良かったら覗いていってくださいm(__)m

カテゴリ: オセロ:大会




いよいよやってきた第39期名人戦


1日目の今日は冬蛍が中学生以下の部に参加しました


昨年9月の王座戦以降、受験にシフトした為、それ以来の大会参加


ネット対局を含めても、天才キッズの時と受験が終わってからの数日しかオセロはしていなくて、そんなに甘くないと思いながらもそれでも彼らならと僅かながら期待感は持っていたんですが…


DSC_0556



蛍は麻布オセロ部のT見澤四段、S治三段に灘校オセロサークルのI田三段と同学年の強い所に敗れ、冬はOSG2016決勝を争ったW田四段にO田二段、そして麻布オセロ部のN瀬初段と中1世代に飲み込まれて、共に3勝3敗と名人戦1日目で初めて二人ともが王座戦の出場権を獲れないという結果に終わりました


ただ…過去2年間、冬は名人戦無差別で5勝→全日本無差別で3勝&フリーの部優勝、蛍は全日本フリーの部準優勝&無差別で3勝と以降にも王座戦出場資格相当の戦績を修めていますし、今日の中学生の部で少しはカンも戻っているでしょうから、明日以降の巻き返しに期待したい所です


そして…第37期名人戦の前から練習会を開催する等の育成の取り組みを続け、今やジュニア王国と呼べるまでになった関西の小学生達が参加した小学生の部


初戦から練習会組同士の対局が4局もあって決して組み合わせには恵まれた訳では無かったんですが…


4回戦を終わって何とS石1級が入賞の有力候補と目された東京のM馬初段、中部の怪物2年生S嶋二段を破る快進撃で開幕4連勝!!


さらにあっくん五段、O西二段、S藤二段に直前練習会のミニ大会で2位だった期待の新星O田2級が3勝1敗と決勝トーナメントを狙える位置にいるという期待感の高まる状況


この中から決勝トーナメント進出を決めたのはスーパーエースのあっくん五段と兵庫の誇るスーパー1年生O西二段


Fotor_152129771491193



5回戦を終わって6回戦で4ー1の関西勢同士の対局が1局あったので、昨年に引き続き3人入賞が確定


4勝2敗のトップを狙えそうな位置にも何人かいたんですが、最終的には…


あっくん五段 準優勝
O西二段   4位
S藤二段   6位

と3人が王座戦の出場権ゲットという結果に


DSC_0569



他にも勝ち越し以上17人中8人が関西勢と結果的には素晴らしいモノだったんですが、決勝ではあっくんがF地くんに敗れ、3位決定戦ではO西くんがS嶋くんに敗れ、更に僅か1石の差でA立瑛くんが及ばず中部ブロックに4人入賞を許すという悔しさも残る結果となりました


女子の部ではT口美二段が女子ジュニアNo.1プレイヤーの貫禄を見せて4勝を挙げて王座戦出場権をゲット!!


みんなホントによく頑張りましたが、おそらく満足出来る結果だったのはT口美二段位だと思うので、明日の無差別の部では悔しさを晴らす大爆発を期待したいですね~(^^)b


ではでは皆様、明日もよろしくお願い致しますm(__)m






今日は第39期近畿北陸名人戦に出場してきました


Fotor_151836169082784



最近は冬と蛍は受験勉強で忙しいし、私は関西選手権、大阪盤聖戦と運営に専念していたりで、気付けば実に半年ぶりのレート対象大会出場と、ずいぶん間が空いてしまいました(^_^;)


久々の大会となったんですが、今大会に自分の中で掲げていた目標は2つ


一つは…昇段した大阪盤聖戦2015以来、実に2年以上も達成できてなかった初段相当の成績を収める事


もう一つはここ2大会続けて大会終了時の連盟レートが998だったので、コレを1000に乗せる事


珍しく直前には定石の確認なんかもしていたものの、リバーシ大戦での調子は決して良くは無かったので、正直自信はありませんでしたが…


1回戦 M本和二段 ●
2回戦 虹色二段  〇
3回戦 Y本二段  ●
4回戦 I尾三段  〇
5回戦 H野2級  〇
6回戦 H初段   ●
7回戦 N村二段  〇

最終結果 4勝3敗 -24石 17位/34人中



初戦で難しい局面になったM本和二段との対局を落とすと、2回戦は虹さんと中々に厳しい当たり


昨年、京都順位戦で奇跡の引き分け勝ちを収めた後に近畿北陸名人戦でも当たって56石差の大惨敗を喫していて、それ以来1年ぶりの対局で(イヤ当たりキツイやろ)ってどよ~んとなっていたんですが…


途中返し忘れがあったみたいで棋譜は再現できなかったんですが、恐らく私としては会心の内容で勝利!!


3回戦はY本二段との対局


途中までは悪くなかったんですが、終盤42石損した上に最後は6連打を喰らって大差負け


4回戦ではI尾三段相手に優位な局面から詰め方がマズくて負けた…と思ったらギリギリ2石足りてたという薄氷の勝利


5回戦はH野2級戦


昨年度の大阪支部定例会の金星賞を独走で獲得した今の近畿ブロックでは入段に一番近い強豪で、この日も二段2名に勝っての2勝2敗


過去に1度だけ対局があってその時は盤面引き分けだったんですが…負けたら昇段リーチになるし金星賞の先輩としても負けられないですよね~


互角の局面から終盤に大きな見逃しをしてピンチに陥ったんですが、直後にH野2級も見逃しがあって何とか逆転勝ち(汗)


6回戦は中学生のH初段戦


勝った方が二段にリーチという大一番だったんですが、多分有利だった中盤を勝ち切れずに敗れて3勝3敗と昇段の可能性はココで霧散


かなり凹んで解析をしようとスマホを開いたら嫁さんからLINEが…


何と内容は…昨日私学の入試を終えていた
冬蛍が2人とも合格!!の速報\(^o^)/


本命は公立入試なんでもう少し先ですが、これで元気をもらった最終戦は、N村二段に完勝!!!


内容は褒められたモンじゃないですが、2年2ヶ月ぶりに初段相当の成績を収める事が出来ました♪


二段が見えそう…という所まで行きながら手を掛けられなかった悔しさはあったものの、これでなんちゃって初段は卒業って言ってもいいかな(^^;)



近畿北陸名人戦全体としては…この日もジュニアが大活躍!!!


スーパーエースのあっくんが2回戦終了後に頭痛を起こして痛み止めを2回も飲んで対局していたらしく、当たりもキツくて前半に2敗を喫するという厳しい結果だったんですが、それでも開幕4連勝の3人に中1のT口美二段、小5のS藤初段が名を連ねるという快進撃


最終的にはS藤初段、H初段が5勝2敗で二段昇段&小学生名人と中学生名人になったのを筆頭に、あっくん五段、T口美二段、N島二段と小中学生有段者全員が勝ち越しと、関西ジュニアの層の厚さを象徴するような結果となりました



Fotor_151835946342477
中学生名人のH新二段と小学生名人のS藤新二段


特に覚醒した感のあるのがS藤新二段…初段昇段した昨年末の大阪盤聖戦から僅か1戦での二段昇段ですからね(((( ;゚д゚)))


名人戦小学生の部がますます楽しみになりました♪


そして中学生の部も、この日大活躍のH新二段に満を持して復活する冬蛍、さらに小5の時に冬と子ども会オセロ大会の泉北大会決勝を冬と争ったF山くんと人数は少ないながらも楽しみなメンバーが顔を揃えています


近畿北陸名人戦の勢いそのままに、本番の名人戦でも関西ジュニアの大暴れ、期待したいですね~


とブログの文章を書き終えて連盟のHPを覗くと…結果がアップされてる…


番狂わせも番狂わされもあったのでどうなのかな…と思って恐る恐る連盟レートを開いてみると


キャプチャ



1013…(つд⊂)ゴシゴシ 間違いないよな…1013…


始めて大会に出場した第35期近畿北陸名人戦 級位者の部からちょうど4年…


やっと…やっと大会終わりでのレート1000越えを達成する事が出来ました\(^o^)/


冬蛍や関西ジュニアの子ども達に比べれば亀の歩みやけど、それでも少しづつは前進できてるんやな~


次は二段を目指して…またボチボチ頑張ります♪






先週の日曜日、近畿北陸ブロックにて久々に行われたジュニア対象大会、ファミリーオセロ大会を開催しました


時期が時期なので直前にロビン初段・三男2級親子とS藤2級・初段親子の有力候補二組が体調不良で参加出来なくなってしまったのは非常に残念だったんですが、小学生16人、中学生1人、親御さんが15人の総勢16チーム32人の方が参加


親子共に初参加と思われるチームも7チームエントリーしていたので、事前にルールをPDFファイルで参加チームにメールで送っていました


オセロ小学生グランプリの予選は、結構予選当日に連絡もなくキャンセル…中には申し込みした事自体を忘れているなんて方もいるという悲しい話も聞いていましたし、せっかく復活させたジュニア大会で、しかも家族で参加出来るという多分関西では初の大会ですから、申し込みをしてくれた方にはやっぱり参加してほしいですし、思いつく事は全部やろうと…


Screenshot_20180131-000705



まぁ内容的には小学生グランプリのルールを焼き直しただけなんで大した事はやってないんデスけどね(^_^;)


ルールを決めるに当たっては水戸親子オセロ大会を運営されているI泉四段に運営方法やルールを聞いたり保護者の方に意見を聞いてみたり…


せっかくやから来てくれたチームにはみんなに賞品が当たる様にしたい…これは三重鈴鹿オープンに習ってお菓子を賞品として用意♪


さらには定例会の参加無料券も…またオセロしたいと思ってくれたら体験してもらえる機会にもなるし元手もかからないし(笑)我ながらナイスアイデア!!と思って大阪支部長のM本パパ二段に聞いてみた所、快諾していただきました


堺市子ども会の中央オセロ大会にもチラシを持参してHPにも載せてもらってetc…


私にとっては念願のジュニア大会開催だったんですが、とにかく沢山の方々からのアドバイスや協力やお手本やらのお陰で無事開催にこぎつける事が出来ました。ありがとうございますm(__)m


さて…親子オセロではなくファミリーオセロにしたのは関西ジュニアで3組、3兄弟や3姉妹でオセロをやっている子がいるので、彼らが参加出来る様にってのと、有段者の方々が姪っ子や甥っ子と参加してくれたら面白いかなと思っていたんですが、残念ながら保護者の部の有段者の参戦は無し


私も参加したいと思って正月に甥っ子姪っ子を誘ってみたんですがフラれちゃいました(^_^;)まぁこちらは来年以降に期待ですね~♪


でもA立3兄弟が親子&兄弟の2チームで参加してくれたので良かった(^o^)


参加16チームの内、ジュニアの部には5名の有段者が参戦!!


有段者全員がレート1000overで、内1100越えが2人、1500越えが1人と小学生が主の大会とは思えない程のハイレベルなメンバーが顔を揃えました


一方の保護者の部は有力候補が相次いでインフルによる欠場で、開催が決まる前から大会参加の歴があった方は2級相当のパパお2人とジュニアのA立陸1級のみ


後は出場が決まってから定例会や大会に参加してくれた方がチラホラという混沌とした状況でした


ルールは上の画像にもある通りにチームに勝敗をつけて(1勝1敗の場合は石数の多いチームが勝ち)チーム成績でのスイス方式!!


優勝予想は難しくて正直分からないなと思っていたんですが、家を出る前に冬蛍に聞くと「あっくんが石数稼ぎまくって優勝するんちゃう?」との答え


そんなこんなでいよいよ大会が始まりました!!


image



賞としてはこんな感じで用意


image



優勝カップ
DSC_0503


コイツが誰の手に渡るのかはもちろんですが、それ以外の各賞を誰が獲るのかにも興味を持って見ていました


まずは金星賞ですが、自分より格上の有段者相手に勝てば、相手の段位-自分の段位がポイントになるという方式


ルールを発表すると、あっくんが「え~僕取れないやん!!」なんて言ってたんですが、いやキミは勝って金星になる相手は今大会にはいないやろと(笑)


しかし、参加している有段者は超強力でしたから、級位者の子が獲得するのはかなり厳しいと思っていたんですが…


何と初戦から兵庫のI上2級がA立蒼初段を撃破!!


彼は関西選手権のB級に参加して勝ち越して5級→2級になっていたのを記憶していたんですが、A立蒼初段は兵庫ブロック予選で繰り上げなしでフリーの部代表になって、本選でも3勝を挙げた実力者ですからね…これにはビックリΣ(・ω・ノ)ノ


しかし2回戦


何とN島二段があっくん五段を破るという大金星を挙げて3ポイントを獲得Σ( ̄ロ ̄|||)


これは決まったか…と思ったんですが、何とI上2級は3回戦で、そのN島二段を撃破(((( ;゚д゚)))


両者が3ポイントで並んだんですが、金星賞は直接対決で勝ったI上2級に


ママさんトップ賞争いは全員が大会初参加だったんで、全く予想がつかないと言った状況だったんですが、F屋ママさんが開幕3連勝!!


しかも…大会初参加で本格的にはやった事は無いらしいんですが、内容見てると強い…


これも決まりか…と思ったんですが、チームとしての成績も良かったので、ここから大会参加歴のあるパパさんとの3連戦となり勝ち星を伸ばせず


後半に勝ち星を伸ばしたI上由さんが3.5勝でママさんでは唯一勝ち越しての獲得となりました


さて注目の保護者の部トップ賞は、N島パパ2級、T口パパ(2級の戦績あり)ジュニアで唯一保護者の部に参戦したA立陸1級の三つ巴に、世界2位の猛特訓を受けていたと思われるあっくんパパが絡んで行けるかって展開を予想していたんですが、こちらも初戦から波乱含みの展開に…


Y下3級とそのパパさんが、級位者チームではトップの実力と思っていたT口家チームを親子共に破るという波乱


両チーム共に対局した事はあるんですが、T口親子の方がかなり力は上という印象だったので、これも驚きました


2回戦ではあっくんパパがN島パパ2級を撃破したので、2級相当のお2人に前半戦で黒星がつくという展開に…


そんな中、順調に勝ち星を重ねたのがA立陸1級


最終戦でN島パパ2級に敗れたものの、大人15人を従えて堂々の保護者の部トップ賞を獲得!!


ちなみに保護者の部トップの賞品にはプレミアムモルツ6本セットを用意していて、これを見た瞬間に目の色が変わったパパさんも何人かいたんですが(笑)さすがに小学生にビールを賞品では渡せないのでチームプレイ賞と賞品を入れ替えました


チームプレイ賞を獲ったN島親子のパパ2級が実質保護者トップだったのでまぁいいかと思ったんですが、チームの賞なのにN島二段にはなんの恩恵もないという事になってしまったので(^_^;)なんかご褒美考えてあげてくださいww


そしてジュニアの部は、優勝候補の大本命のあっくん五段をN島二段が破り、そのN島二段をI上2級が破りという波乱の展開で、4回戦終了時で単独の全勝は何とI上2級!!


しかし5回戦で彼の前に立ちはだかったのは、直前の京都順位戦で小学生の1日のレート上昇記録(ちなみにそれまでの記録保持者はN島二段)を塗り替えた兵庫が誇るスーパー1年生、O西初段


ここでO西初段が勝利した事により、1敗は…


あっくん五段 225石
N島二段   204石
O西初段   231石
I上2級   169石

の4名


上位2人が直接対決だったので、数字としては可能性は有るものの実質上あっくんとO西くんの勝った方がジュニアトップという事に


ここは貫禄を見せ勝利したあっくん五段が獲得となりました


さて本命のチーム戦なんですが、前述の通り初戦を爆勝した優勝候補のあっくんチームとN島チームが2回戦で早くも直接対決!!


DSC_0507



ジュニアはN島二段の勝利、保護者はあっくんパパの勝利と共に波乱の結果となったんですが、何と石数は両方とも29-35


「マジか…チーム引き分け??」



引き分け有りにはしていたものの、チーム分けは出ないかと思っていたんですが、これは波乱の予感…


更に3回戦でN島二段がI上2級に敗れるという波乱があったんですが、パパさんがしっかり勝利したものの、石数は63-65と僅かに及ばず、ここで大本命チームが早くも圏外に(-_-;)


4回戦ではあっくんがA立蒼初段に勝ったものの、A立陸1級があっくんパパに完勝して見事にカバー


ここであっくんチームも1.5敗となり優勝は厳しくなりました


4回戦を終わって全勝は唯一のジュニアチームのA立蒼・陸兄弟


蒼初段は2敗を喫しているものの、いずれも陸1級がカバーしているという見事な戦いぶり


1敗はジュニアの部で4連勝と大健闘していたI上2級チーム、初戦黒星の後親子共に3連勝のT口天1級チーム、スーパー1年生が奮闘していたO西初段チームの3チーム


全勝のA立チームとぶつかったのはT口チーム


ジュニアの部は恐らくA立蒼くんが有利…T口パパが陸1級に勝てれば…という所だったんですが、ここでA立チームは2勝で5連勝!!中盤はT口パパ有利やったものの勝ち切れなかったらしい(T_T)


1敗を守ったのはO西初段チームだったんですが、既に直接対決を終えていたので、1.5敗の強豪チームとそれぞれぶつかるという事に


既に個人で8勝を挙げているA立チームに対し、O西チームは個人6勝


最終戦で二人共に勝って、かつA立チームが二人共に負けて、かつ52石の差を埋めれば逆転優勝の目はあったっちゃあったんですが、実質はほぼ決まりという状況でした


最終戦、N島親子チームがA立兄弟チームから2勝で、チーム&保護者の部の全勝優勝阻止と意地を見せましたが、O西親子 vs あっくん親子チームの対戦は1勝1敗となり、石差であっくん親子の勝利!!


全ての試合が終わって集計までの間は、世界2位&ユースチャンピオンによる多面打ち


DSC_0508



『保護者の皆さんもぜひチャレンジしてください!!』ってアナウンスはしたんですが、ただでさえ初体験のガチンコ勝負6局を戦った後で疲弊していましたから、皆さん苦笑いして尻込みww


1巡目は結局全部子どもでしたが、だれかチャレンジしたんですかね~??



そして集計が終わり…結果は…


Fotor_151774457417786
単独5勝でA立兄弟チームの優勝でした(^^)dオメデトウ



最終結果
1.A立初段兄弟    5勝1敗0分  勝ち数8  465石
2.N島二段親子    4勝1敗1分  勝ち数10  499石 
※チームプレイ賞
3.あっくん五段親子  4勝1敗1分  勝ち数8.5  493石
4.T口1級親子    4勝2敗0分  勝ち数7  465石
5.O西初段親子    4勝2敗0分  勝ち数7  438石
6.I井2級親子    4勝2敗0分  勝ち数5.5  402石
7.井上2級親子    3勝3敗0分  勝ち数8  401石
8.Y下3級親子    3勝3敗0分  勝ち数6  388石
※段級位はジュニアの部参加者




保護者の部
1位:A立陸1級  5勝1敗0分 261石
2位:N島パパ2級 5勝1敗0分 247石
3位:T口パパ   4勝2敗0分 250石
4位:あっくんパパ 3勝2敗1分 224石
5位:I上ママ   
3勝2敗1分 192石 →ママさんトップ賞



ジュニアの部
1位:あっくん五段 5勝1敗0分 269石
2位:N島二段   
5勝1敗0分 252石
3位:I上2級   
5勝1敗0分 207石 →殊勲賞(金星賞)
4位:O西初段   
4勝2敗0分 251石
5位:I井2級   
3勝2敗1分 219石



大会を通して思ったことは、パパさんママさんは初心者の方でも有段者と遜色ない位の実力を持っている方でも、真剣に考えて時間を使って打つのでなかなか見ごたえもあったんですが、初参加の子ども達はほとんど即打ちで、返し忘れも頻発(^_^;)


まぁそれでも楽しそうに打っていた子が多かったので良かったのかなと思うんですが、頻繁に大会に出たり定例会の常連になっている子どもたちとの差は歴然


実際に結果を見てみると、3級以上のメンバーには中学生の子が1勝は挙げたんですが、小学生同士では全勝で全て50石以上という事に…


大会の最後にも話したんですが、今の関西ジュニア全国でもトップレベルで…ちょっとオセロが好きって子が入ってきても心折られるレベルになっているという危惧がそのまま出てしまった形なんですが…


彼らもほとんどの子は最初から強かった訳では無くて、最初はボロ負けして悔しい思いをして、それから色々な努力を何か月、何年も積み重ねてきていますから…


実際に有段者の子どもたちがコツを指導しているのも何局も見かけましたし、日本の小学生トップクラスの選手の真剣勝負を目の当たりにしたり、名人戦小学生の部にもエントリーしてくれた子もいるみたいなので、『もっとオセロが強くなりたい!!』『上位の有段者の子たちみたいに自分もなりたい!!』と思ってまた大会に足を運んでくれる子が一人でもいたら嬉しいですね~


大会の方式としては集計や組み合わせが大変でしたが(^_^;)チームに勝ち星をつけるって方式にしたのは
中々に面白かったんじゃないかと


『お父さんが悪手を打っても「その手無いわ~」とか言わない様にw』なんてアナウンスをしていた甲斐もあって、親子で揉める事もなく(笑)チーム感も出ていて良かったと思います


水戸の新春親子オセロ大会では親子の勝ち星の総数で順位を決める方式で行っているとの事で、どちらの方式にするかかなり悩んだんですが、本家と違って参加者が多くはないので(水戸の大会の今年の参加者はなんと73組((+_+))スゴイ)まぁ今くらいかちょっと増えるくらいの規模までなら何とか今回の方式で出来るかなと


参加者からも『面白かった!!』って声を沢山頂いたので、来年以降も継続していけたらな~と思います


さて…まだ予定の段階ですが、おそらく名人戦で来年の小学生グランプリ大阪予選の日程が分かると思いますので、その前哨戦という位置づけで、会場の空きと日程が噛み合えば50人規模のジュニアだけの大会をしようと考えています


また、まだ日程と会場しか決まっていませんが、名人戦直前ジュニア練習会も今年もやる予定ですので、是非是非たくさんの方に参加してもらいたいですね~


今回は試合方式がかなり特殊で珍しく文章を書くのに時間が掛かって…様子がうまく伝わった自信は全くないんですが(-_-;)楽しい大会になったんじゃないかとは思います


今回は尻込みしてしまったパパさんママさんも、来年はぜひ参加してくださいね~♪






今日は思い出深い堺市子ども会中央オセロ大会に、大阪支部のスタッフとして行ってきました


872928
堺市子ども会育成協議会HPより


私達親子がどっぷりオセロにハマったのはこの大会がきっかけでしたから、何らかの形で関わって行けたらと思っていたんですが、担当者の方にメールをした所、快く見学を了承して頂いて、更に大会後の講評までさせて頂く事に(-_-;)


そんなこんなで午前中の個人戦、午後の団体戦と観戦したんですが、会場の中をウロウロしてると、見た事のある名前が書いたゼッケンが…


昨年の小学生グランプリの大阪予選で初の決勝大会進出を果たして直前練習会にも来てくれていて、決勝大会では初参加組ではトップの3勝を挙げた女の子が参戦していました(^^)d


しかも彼女の所属している校区は3年前に冬と蛍がWエースとして挑んだ中央オセロ大会で、団体戦優勝の夢を打ち砕いた学校…


ちなみにその翌年には3人で代表の子ども達を指導して中央大会に挑んだんですが、またも団体戦でそこに負けたんですよね~


定期的に指導して下さる方がいるみたいで、毎年強いチームを作り上げて来ていたんですが、見事に今年も泉北大会出場を決めていました


他には冬と泉北大会優勝を争った子の妹さんが参戦されていたとの事で、しかも個人戦で兄妹制覇を達成したそうです



冬と蛍の母校も中央大会に駒を進めていたんですが、担当者の方が変わったとかで練習会の声が掛からなくなってたらしい(^_^;


午前中の個人戦の準決勝位から中に入らせてもらって見ていたんですが、校区大会→ブロック大会と勝ち抜いて中央大会の準決勝にまで勝ち進んで来ている訳ですから、打ち筋にセンスを感じる「おっ!!」と思う子が何人かいましたね~


団体戦の決勝も中々にレベルが高くて楽しめましたが、今まで聞く事の無かった『ウイング』って言葉をチラホラ聞きましたし、ウイング攻められて隅取るのを嫌って悪手を打っていた風景も何度か見たので、天才キッズの影響も大きく出ていたかもしれません(^_^;)


大会後の講評はド緊張でだいぶ噛みまくって何言ってるか分からない感じになってしまったんですが、勝ち上がって行くに従って対局姿勢が素晴らしい子が多かったので、それを今後も続けて欲しいって事と、勝っていても負けていても最後までしっかり考えて打っているのが良かった…みたいな話をした気がします(汗


私達もそうだったんですが、オセロ名人戦や小学生グランプリなんて大会がある事も知らなかったので、そういう大会があるって事も知ってもらえたらって思っていて、堺市の小学生がここ数年凄い成績を残していて、年2回ある全国大会で8回連続入賞(優勝1回、準優勝2回、3位2回、入賞5回)して、小学生王座も4年間で2回獲っていて、しかもその記録を達成した4人の小学生の内3人はこの大会の個人戦優勝者!!って話をした時には会場からどよめきが起こりました


ちなみにこんなPOPも作って持参して、会場にも掲示してもらいましたし、各ブロックに渡してもらったみたいなので…


キャプチャ


子ども達は本当に真剣に、そして楽しそうにオセロを打っていたので、冬五段、A井二段、蛍四段、あっくん五段に続く逸材が1人でも連盟主催の大会の扉をたたいてくれたら嬉しいですね♪


今年は連絡が直前になった事もあって何が出来たって訳ではなかったんですが、担当の方からも来年以降色々と協力していけたらってお話も頂いたので、何らかの形でこの大会に恩返しや協力が出来たらと考えています


急なお願いにもかかわらず快く受け入れて下さって、大会の運営にご尽力された堺市子ども会育成協議会の皆様、本当にありがとうございましたm(__)m






さて…2018年のオセロヒストリーをスタートするに当たって、ワタシにとってはいきなり大きなヤマがやってきます


ここ数年、関西のジュニアに大きく関わる様になっているんですが、そもそもナゼそんな事をやっているんだ??って話



最初にこの事に言及した記事を書いたのは2014年の9月…まだ冬と蛍がこんなカワイイ感じだった頃ですね(^_^;)


Fotor_151603284012039



記事リンク:未来の為に



ブログを書き始めた時には冬と蛍の戦績の備忘録って意味合いも大きかったんですが、今回読み返してみたらやっぱり色々と思い出しましたね~(^_^;)


そこから…


2015年12月
大阪盤聖戦2015で初段昇段



2015年12月
阪大×灘校×関西ジュニア合同練習会開催



2016年3月
第37期名人戦直前!!ジュニア練習会開催



2016年7月
オセロ小学生グランプリ2016直前!小学生強化練習会開催



2016年8月
正式に大阪支部のスタッフになる



2017年3月
第38期名人戦直前ジュニア練習会開催



2017年7月
オセロ小学生グランプリ2017直前、小学生強化練習会開催



2017年10月
あっくん五段、世界選手権壮行練習会開催



…とまぁ3年位色々とやってきた訳ですが、私は子ども達の指導ってのはほとんどしてないんですよね~OSG2017練習会で予選初突破の子達に初級講座をした位で…圧倒的に棋力が足りませんから(^_^;)


ここまで色々とやってこれたのは、灘校オセロサークルや阪大オセロ同好会の面々に、宮崎ブロック長、すりっぱ六段、虹色二段、そして冬と蛍と指導に協力してくれた皆様…そして熱い気持ちを持って子ども達の引率、サポート、運営のお手伝いをしてくれた保護者の皆様の力があってこそ…


そして何よりオセロが大好きで、強くなりたい!!って頑張った子ども達の努力があってこそだと思います


最初の名人戦では入賞者は出せなかったんですが、以降2人→3人→4人と入賞者は増えていき、最初は一人もいなかった練習会参加メンバーの有段者は実に11人になりました



最初に練習会をやり始めた東北ブロックのO清水六段や工藤理事、ブロックを上げて指導に取り組んでいた滝沢九段やU沢五段、A原四段の新潟ブロックの方々、そして小学生グランプリの予選の内容を見て(これじゃ駄目だ…)と立ち上がった中島八段と、全国各地でジュニアの育成に取り組んでいる皆様との交流…そこから中部ブロックや九州ブロックにもジュニア育成の流れが広がって、強豪ジュニアが育ってきた事も大きな刺激になりました


そしていよいよ…大きな目標であった近畿北陸ブロックでのジュニア大会の復活が実現する事に(T_T)


第1回ファミリーオセロ大会 in SAKAI


さてどんな大会をしようかなと色々と考えたんですが…今回ジュニアだけの大会ではなくファミリーオセロ大会にしたのは【初心に帰る】って事がテーマ


今でこそ全国でトップクラスの成績や大人顔負けの活躍をしている小学生プレイヤーもほとんどが、多分最初の対戦相手は『家族』だったと思うんですよね(^^)d


今では想像もつかないと思いますが、我が家でも最初は『お父さん相手に10石残す』なんて事を目標にオセロで遊んでいました(^_^;)


なので今回は勝ち負けや上手い下手に拘らず、みんなでオセロを楽しんで欲しいなぁと思った訳でして…


ルールが簡単で誰でも遊ぶ事が出来るってのはオセロの最大の魅力ですし、もし(全然知らないから…)とか(弱いから申し訳ない…)ってな感じで出場を躊躇している保護者の方がいらしたら、今回は気楽にエントリーして頂いて子ども達とオセロを楽しんで頂けたらと思います


一応ルールとしてはジュニア部門と保護者部門で対戦しない形になりますので、世界2位の天才キッズや全国連続3位の強豪や高段者を倒したスーパー1年生に木端微塵にされる心配は有りませんので(笑)


沢山のファミリーが参加して、子ども達と一緒にオセロを楽しんでくれたら嬉しいなぁ~


今現在で12チーム24の予約が入っていますが、まだ余裕はありますので名是非是非沢山のご家族のご参加をお待ちしていますm(__)m






昨日は近畿北陸ブロックの今年最後の大一番、大阪盤聖戦2017が行われました


昨年、一昨年に引き続き満員御礼の52名が参加


DSC_0466



1ヵ月前にオセロ連盟のHPに案内をアップして事前予約を開始したんですが、10日位で予約が定員に達してしまい、その後途中で1名、当日に体調不良で2名のキャンセルが出たものの、キャンセルが出た告知をするとあっという間に参加希望者が来るという。。。ホントにありがたい話デス(^^;)


そして…参加できなかった皆様ゴメンナサイ((+_+))


参加者の内訳は、今年の世界選手権代表の3名を含む高段者が8名、有段者は計34名で級位者、無級者が18名


大会初参加の方も何人かいて、中には天才キッズを見て参加してくれたという小学生の男の子も♪


とはいえこの強力メンバーですから初参加の方は皆苦戦…特に2名いた小学生の初参加の子たちは勝ち星を上げられなかったんですが、今日勝ち越したり上位に入っていた子ども達も最初はみんなそんな感じでしたから、是非続けて大会や定例会に参加してみて欲しいですね~


さて…大阪盤聖戦は毎年ブライトウェル方式で行われていたんですが、昨年一昨年は参加者多数につき対応が難しくてスイス方式で行っていました


今年も近畿ブロックのスタッフの中でどうするか相談したんですが、まぁワタシが運営と入力に専念すれば何とかなるんじゃないかという事で今年はブライトウェル方式を復活させました


正直言って想像以上に…つかかなり大変でしたが、スムーズではなかったもののなんとかかんとか出来たのでまぁ良しとしよう(^^;)


そういう訳で対局の内容とかはほとんど見れていないんですが、結果を入力していましたから全体の流れは何とか分かってですね。。。


前半戦で目立ったのは女性オセラーさんの強さ


東北ブロックから遠征してくださった現役世界女王なすサンを関西の雄、阪大オセロ同好会長のMIUさんが迎え撃つといった格好になった女子トップ争いは共に譲らずの開幕3連勝!!


4回戦5回戦でこの2人を止めたのがあっくんだったんですが、こちらは昨年に引き続き開幕5連勝!!


最終戦で優勝したすりっぱサンに屈しましたがさすがという所を見せました!!


ところが、途中からワタシにとっては上位争いよりも気になる事案が…


小学生オセラーで1級を持っている、通称『チーム拓』の面々はこの日は4人が参加


4回戦を終わった時点でオセロ三姉妹、三兄弟の末っ子のT口天1級とA立陸1級が3勝1敗としてなんと昇段にリーチ!!


そして力的には昇段に近いと思っていたグランプリ大阪予選覇者のS藤1級と、兵庫が誇るスーパー1年生のO西1級は2勝2敗として後は無くなったもののまだ可能性を残しているという状態


そしてもう1人…オセロ甲子園に監督とコーチとして共に参戦したK畑3兄弟のパパのロビンさんも昇段にリーチ!!


こりゃ昇段祭りもあるか??と一瞬思ったんですが、この日のメンツはそんなに甘くないよな。。。


5回戦でT口天1級の前に立ちはだかったのは同じく小学生のA立瑛二段


そして何とA立陸1級はロビンさんと直接対決!!!


恐らく全保護者が陸くんを応援していたと思うんですが(笑)大接戦となった対局は2石差…空きマスが1個あったらしいので石の数としては僅か1石の差でロビンさんに軍配!!


これで関西ジュニアでは2組目の親子有段者誕生となった訳ですが、2敗だったO西1級とS藤1級は共に女流二段を撃破して、なんと最終戦に小学生1級4人全員が昇段を賭けるという事にΣ( ̄ロ ̄|||)


昇段の試験官は三段~初段と全員有段者だったので、甘い相手との対局は一つもなかったんですが、その中でS藤1級とO西1級が勝利!!!!


Fotor_151360494123776


見事に関西の現小学生では6人目と7人目の有段者となりました\(^o^)/


この2人が昇段したというのには大きな意味がありましてですね。。。今まで昇段してきた関西の小学生は独学で力を蓄えたあっくんを除けば、全員が冬や蛍の少し後から大会に来だした子たちで、大会や定例会に一緒に参加する中で有志での練習会を立ち上げて、みんなで切磋琢磨して力を付けてきました


ところがこの2人は、いわば練習会がスタート


昨年小学生グランプリの予選を突破してから初めてOSG直前練習会に参加したS藤くんは、その時も才能の片鱗は見せていましたが、周りの子たちが普通にカウンティングをして終盤問題を解くのを見て目を白黒させていました


O西くんはその前に2回ほど大会参加の歴はあったものの当時は先述の先輩小学生オセラー達には全く歯が立たなくて、今のような頻度で定例会や大会に出たり、そのセンスを開花させるきっかけになったのは今年のOSG直前練習会でした


それだけに言わば第2世代で、練習会がきっかけでオセロを頑張りだした彼らの昇段はホントに嬉しい!!!!


練習会を始めた時は有段者は1人しかいなかったんですが、それがいまや卒業組も含めると9人…しかも小学生の大会でしか段相当の成績を収めていない子は一人もいませんから、確実に芽は育っていると言っていいかと


これからは級位者の大会には出られなくなるので最初は厳しいかもしれませんが、はじめて見た時にそのセンスに驚かされた新初段2人のこれからの更なる成長に期待したいですね~


一方5戦目で初段昇段を決めてパパさんオセラーの星となり、二段格(無級なので昇段は初段まで)の懸かったロビン新初段の最終戦は誰も予想し得ない展開となったんですが…


詳細は近々『はじまりは64-0から』にアップされると思うのでそちらを楽しみにして下さいませww


そんなこんなでバタバタと終った大阪盤聖戦なんですが、来年はもう少し余裕をもって運営出来たらな~と思います


ブライトウェル方式での大会運営については過去に中島八段や今回優勝したN森六段もブログで言及されているんですが…


記事リンク:ブライトウェル方式の大会運営について(中島八段)

記事リンク:ブライトウェル方式の大会運営について(N森六段)


今回は余裕がなくて断念したんですが、スマホやタブレットで途中経過や組み合わせを確認してもらうとか、来年にはこのブログ記事も参考にして出来そうなことにはチャレンジしてみたいなぁ…あくまで余裕があればデスが(^_^;)


最後に一つインフォメーション


今回の大阪盤聖戦にはあっくんにTV取材が入ってまして、その模様が明後日に放送される予定です


放送は多分関西のみとなりますが、見れる方は是非ご覧ください(^^)/



放送日:12月21日(木)
放送局:MBS
放送番組:『VOICE
放送時間:18時15分から







3日間に渡って行われたオセロ世界選手権


ユース代表として出場したあっくん五段は、予選快進撃でユースチャンピオン&決勝トーナメント進出決定!!って所までは前回書いたんですが…


その後12回戦も勝って予選1位通過を確定させると、迎えた予選最終戦


何と相手は昨年のユースチャンピオン決定戦をW田三段と争ったArthur Juigner選手


この選手がどの位凄いかというとですね…


記事リンク:世界にはとんでもない怪物が


この記事を書いた後に知ったんですが、名人戦小学生の部にも来日して出場した事があって、決勝まで進んで時間に追われた最終手を間違えて負けたらしい(相手は小中高の名人位を全て獲得したN岡四段)


昨年も予選ではW田三段に勝ってますし、今回も鉢サンに勝っていて、あっくんに勝てば決勝トーナメント進出の可能性があるという、彼にとっては負けられない大一番


いくらあっくんでもこれは一筋縄では行かんぞと思ってたんですが…


Screenshot_20171105-095633



終盤手前位で優勢になると、そこからは優位を手渡す事なく勝利!!


しかも特筆すべきは時間消費ですよね…14分足らずしか使っていない(-_-;)


対局終了後のJuigner選手の表情が非常に印象的だったんですが…おそらく対戦した全外国人選手が(何なんだこの少年は…)って思ったんじゃないですかねww


これでround2は全勝の12勝1敗で予選をトップ通過とという事に…


そして迎えた3日目


開始直前のあっくんからの報告では…


Fotor_150984534832442


余裕やなオイ(^_^;)


コンディションはかなりいいみたいやし、何よりいつも通りのあっくん(これが今回の快進撃の大きな要因だと思うんですが…凄く難しい事だと思います)やなと一安心(^^)d


これはイケるんやないかと思ったんですが…迎えた準決勝1回戦


Screenshot_20171105-104824



マジか…流石はディフェンディングチャンピオン(-_-;)


私はこの時仕事を終えた所で、初戦の結果を見届けてから家路についたんですが…


(次負けたら終わり…今あっくんはどれだけのプレッシャーと戦っているんやろう…)


そう思うと自転車を漕ぎながら涙がボロボロと。゚(゚´Д`゚)゜。最近歳のせいか涙腺がユルくなりすぎですね(汗)


でも…まだまだ…これで心が折れる程、僕らのスーパーエースはヤワじゃない!!!!!


そして迎えた準決勝第2戦


Screenshot_20171105-152915



帰宅途中に対局は始まっていたんですが、帰って来て局面見た時には優勢になっていたんで、とりあえず安心して見れました(^_^;)


これで1勝1敗


石差は初戦が8石差負けで2回戦は14石差勝ち


ドロー以上で決勝進出が決まるという状況に…


固唾を飲んで最終戦が始まるのを待って…いる筈だったんですが、この空き時間に中継をしていた司会のごはんサンと解説の三屋七段がやっていたスピードウェーブ対決が面白過ぎて大爆笑www


Screenshot_20171105-205801



緊張感からしばし解き放たれてほっこりしていたら「第3局がもう始まっています!!」ってオイ(^_^;)


しかし…第3局の局面が映った瞬間…


Screenshot_20171105-214121



ほっこりした気分は一瞬で吹っ飛んでいきました


あっくんは黒…これヤバくないか??打つ所かなり限定される様な(-_-;)


Live Othelloから棋譜を取得してShimaxに入力したのがここから数手先


Fotor_150989099350311



Σ( ̄ロ ̄|||)やっぱり…これはキツい…



頑張れ…あっくん…がんばれ!!!


ただ…ここからPiyanat選手はかなり時間を使って行って、さらに一手緩手があって差は詰まって行きます


そして…


Fotor_150989236009121



この48手目で遂に逆転


この瞬間、玄関先で煙草を吸いながら観戦していた私は「っしゃあああぁ!!逆った!!!」と大声を出してしまって前の家の方に不審な目で見られてしまいました(^_^;)


ただ…まだ僅差…後はあっくんが打ち切れるかどうか…


彼は天才と評される事も多くて確かにそうなのかもしれませんが、研究熱心で練習好きで、物凄い努力をしているのを私は知っていました


昨年の王座戦が終わった後、1日20問ピースケの終盤練習のHardを解けば1年でコンプリート出来るって計画を立てて、実際にやり遂げた漢ですからね…


あっくん…頑張れ…何の為に毎日終盤練習をコツコツこなしてきたんや??


全ては…全ては…全てはこの時の為に!!!!


そして…


Screenshot_20171105-234941



やった…やった…やりおった…



うわああぁぁぁ勝ったああぁぁぁ!!!


決勝進出やああぁぁ(T_T)


大阪の…いや近畿北陸の…いや日本の誇る12歳のスーパーエースが世界一をかけて、Four times Championの高梨九段と決勝戦を争う事が決まった瞬間でした


これで団体、無差別、ユースのチャンピオンは日本が獲る事が確定


後は女子の部のS原五段が決勝で勝てば日本の完全制覇という事に…


そして始まった決勝戦


Screenshot_20171106-000226



Screenshot_20171106-000257



強い………強すぎる(-_-;)


2局ともよく頑張ったものの、高梨九段の牙城を崩すまでには至らず、あっくんの世界選手権は無差別準チャンピオン&ユースチャンピオンという結果で幕を閉じました


更に女子決勝でS原五段が勝って、なんとなんと無差別、女子、ユース、団体とチームジャパンがオセロ世界選手権完全制覇!!


Screenshot_20171106-013044



本当に素晴らしい活躍で歴史的快挙を成し遂げたあっくん…ホンマに凄すぎる!!!


ただ、対局の中継やレセプションの様子を見ていて少し違和感を覚えました


時折悔しそうな様子は見せるものの、やりきった感じの笑顔や様子に見える事が多くて…何か違う…と思っていたら、今日になって外国の中継の方で対局直後のインタビューを見つけました


Screenshot_20171106-003429



そこには、笑顔だった日本語の配信のSkype中継とは全く違って、対局の緊張感を保った厳しく、そして憔悴した表情の高梨九段と必死で涙を堪えるあっくんの姿が…


やっぱり…そうやよな…あの負けず嫌い王のあっくんが、いくら世界選手権の決勝と言えど負けてやりきった、満足と思う筈がない…


それでも大好きなオセロを世界選手権の決勝まで楽しめたという思いで対局後には笑顔を見せたと答えていたあっくん。゚(゚´Д`゚)゜。


やっぱりキミは凄いよ…あっくんのチャレンジと伝説はここから始まる…そんな気がします


このインタビューを見て初めて全て納得して世界選手権を見終えたと思えました♪


あっくん、世界選手権準優勝&ユース世界チャンピオン&おめでとう!!


じゃんぷサン、V5おめでとうございます

なすサン、女子チャンピオンおめでとうございます

鉢サン、栗田サン、団体戦優勝&入賞おめでとうございます


日本チームの皆さん、沢山の熱い対局と感動をありがとうございましたm(__)m


世界選手権には後ちょっと続きがあってですね…本選の翌日にイベントとして行われたブリッツ大会…この大会に出るからって直前練習会でブリッツもやったんですが…


IMG_20171106_005858



28名参加の予選9回戦+上位4名にる決勝トーナメントという方式で行われたこの大会で、あっくん五段は、準決勝でドイツのベルグ選手、決勝でデンマークのヘンリック選手に勝って優勝したらしい(^_^;)


IMG_20171106_005914


マジで凄すぎるwww


第41回オセロ世界選手権:最終結果

【無差別】
優勝:高梨九段
2位:あっくん五段
5位:ぷふぁ鉢七段
7位:栗田七段

ユースチャンピオン:あっくん五段
女子チャンピオン:S原五段

団体戦優勝:日本(29勝)

ブリッツ大会優勝:あっくん五段







遡る事2週間前…


あっくんの最終調整となった直前練習会から、色々とブログに記事をアップして行こうと思っていたんですが…


先週の火曜日に38℃を越える発熱(-_-;)


仕事を休めない状況だったんで無理をしたのも祟って、ずっと体調が悪くて世界選手権前の気分を盛り上げていく…ってな状況にありませんでした(T_T)


30分持ち7回戦とブリッツ5回戦で行われた直前練習会には、冬蛍は当初は参加しない予定だったんですが、少しだけ時間が取れそうだったので「あっくんに声だけでも掛けに行くか?」と誘ってみると、2人とも1試合だけ打つという事になって会場へ向かいました


初戦の指名対局、あっくんは冬と蛍の対局カードを引いて、引き当てた冬と対局する事に…


そして…二人ともが残り時間1分を切るという激闘の末…


DSC_0380


最高の形でエールを送る事となりました


DSC_0381



その後、『天才キッズ、君ならデキる!』の2回の放送もあったりして、いよいよあっくんは世界選手権の舞台舞台となるベルギーへ


その旅立ちの日…あっくんはTwitterに今まで共に競い高めあって来たジュニアのライバルの保護者のアカウントを招待してグループを作って、その後今日まで近況を報告してくれるという粋な計らいを♪


IMG_20171102_231449



IMG_20171102_231511



IMG_20171102_231519



IMG_20171102_231530



そしていよいよ始まった予選Round1


Screenshot_20171101-200515



あっくんは4回戦まで見事に4連勝すると、5回戦ではシード選手を破り、6回戦ではぷふぁ鉢七段との日本人対決を制して何と開幕6連勝!!


最後の全勝対決となった7回戦で高梨九段に敗れはしましたが、6勝1敗という素晴らしい戦績で1日目2位で折り返し


私は6回戦終了後にこんなツイートをした後…


Fotor_150963373528560



7回戦の結果を見届けてから布団に入ったんですが、翌朝起きてみるとあっくんから返事が…


Fotor_150963430136251


あっくん………・゚・(ノД`;)・゚・


今日のRound2は強豪との対局が続くから厳しい戦いになるやろうけど…がんばれ…頑張れよ!!


所が…いざ2日目が始まってみると…


9回戦では高梨九段に土をつけたChun Wan Li選手、10回戦では鉢サンと栗田八段を破っていたDavid HAND選手、そして11回戦では昨年の世界チャンピオンのPiyanat選手と強豪を次々と、しかも完勝で撃破し、10勝一番乗りの超快進撃!!!


Screenshot_20171103-000659



そしてこの時点で…決勝トーナメント進出&ユースチャンピオン決定!!!!!という事になりました\(^o^)/


もう既に伝説となる様な戦績を残しているんですが、明日の更なる伝説を見届ける為に今日はもう寝ます(^_^;)アシタモシゴトナンデ…



とりあえず…

あっくん、決勝トーナメント進出&ユース世界チャンピオンおめでとう!!



明日は泣いても笑っても世界選手権最終日


悔いの無い様に目一杯大好きなオセロを楽しんで下さい♪


まだ…まだ満足してないよな?スーパーエース!!!



 




昨日は第28回関西選手権大会に行ってきました


と言っても、冬は受験勉強でお休み


蛍は…


Fotor_150751441199940



青年団には入らないらしいので、今年で最後となるだんじり祭りに参加


そしてワタシは運営に専念と、誰も参戦はしなかったんですけどね~(^^;


A級は35名、B級は20名の合計55名と沢山の方が参加してくれました♪



Fotor_150751485281152



今回はA級は世界選手権代表の2人を中心に高段者の争いになるんじゃないか…って予想はついたんですが、B級は東北、関東、九州からも遠征の方がいて、実力拮抗の好メンバーがそろってかなりの混戦で、予想の難しい面白い大会になりそうやな…と思っていました


一昨年順優勝のM島1級、東北から遠征のF田1級女史、関東から遠征のO野1級、関西新人王戦上位のenjoyplayer2級、九州小学生のエースI木1級、兵庫のスーパー1年生O西1級、ここにN島パパ2級や定例会常連のH野2級、兵庫のI畠2級女史に小学生グランプリ代表経験者のI本1級、T口天1級なんかが絡んで行けるかって展開だと思っていたんですが…


当日の朝にtwitterで初参加の方のツイートを見かけたら、どうもリバーシ大戦赤レートらしくて、しかも全勝優勝宣言されてるじゃないですかΣ( ̄ロ ̄|||)


これは益々分からない…誰が初段の権利を獲るんやろう??


会場について話を聞くと、もう一人の初参加の方も友達でリバ大もやってるというカオス状態(((( ;゚д゚)))


さらにドタキャンが一人いて奇数になったので、T口パパが満を持しての(?)レート対象大会初参戦!!


さらにデビューが近いと聞いていたI本1級のパパさんも参戦とパパさんオセラーNo.1争いも楽しみにしていました


初戦からenjoyplayer2級 vs M島1級なんていう注目のカードが有ったんですが、3回戦を終わった時点で3連勝は、先述の初参加のNaokiサンにM島1級と強い所がしっかりと勝ってきたな…という印象だったんですが、もう1人の全勝はスーパー1年生のO西1級


まだムラはある印象なんですが、前回初段以下限定戦でも開幕3連勝で、今回の級位者限定戦でも開幕3連勝と、このクラスに入るとやはり強いですよね…


しかもねぇ…対局見てるとどの対局も5分も使ってない。。。早い対局だと2分とか感性だけで打っている感じでこの強さww


あっくんもtwitterでママさんにアドバイスしていましたし、私もイロイロと話はしたんですが、この日は、今は楽しく打つ方がいいかもしれないですねって話をしていました


多分…まだ壁に当たってないんですよね…負けたとしてもみんな大人か年上


関西では同世代で勝負になる子は今のところ恐らくいませんから、地元開催となる名人戦で、2学年上の東北のW田千二段や、1学年上の相当強いと噂の中部のS島1級といった全国の同世代の強豪と対戦して(今のままでは多分敵わないので)負ける経験をして、悔しい…彼らに勝ちたいという思いを味わったら変わってくるかも…


この金の卵が大化けするかどうかは、冬蛍にA井二段がいた様に、あっくんにN島二段がいたように、そしてそのN島くんにはT口美二段がいたように、切磋琢磨出来るようなライバルの出現がカギかもしれません。。。まぁ今のままでも小学生の全国大会で入賞する位の力は普通にありますケドね(^^;)


話を大会に戻して…全勝対決を制したのはNaokiさん


O西1級は1敗トップのF田1級女史に敗れたので、これで4回戦を終わってNaokiさんが単独の勝ちっぱなしに


ここから初段を賭けた潰しあいが始まったんですが、5回戦でO西1級、I木1級の小学生2人にM島1級が、そして6回戦でNaokiさんの連れのSoraさんが脱落して、迎えた最終戦


既に昇段を決めたNaokiさんの全勝優勝阻止と唯一1敗で残っていたF田1級女史の昇段ストッパー役となったのは、兵庫の誇るスーパー1年生のO西1級と、九州の雄I木1級の小学生プレイヤー2人!!


DSC_0369



かなり健闘したんですが、2石差と6石差と大人の意地を見せたお2人が初段昇段となりました(^^)/オメデトウゴザイマス


注目のB級のパパさんNo.1争いは、開幕2連勝したI本パパさんが序盤はリードしたんですが、その後混戦に


そして最終戦で、名人戦小学生の部の3位決定戦を争ったT口、N島両二段のパパ同士が激突!!


この対局を制したT口パパさんが4勝でパパオセラーNo.1となりました♪


今回大会に初めて参加してくれたNaokiさんとSoraさんの2人が台風の目となった今回のB級ですが、2人とも感じのいい好青年でしたし棋力もかなりのものだったので、また近畿に新しい風が吹くかなと…是非今後も大会に参加して欲しいですね~


B級メインで運営をしていたのでA級はほとんど見ていなかったんですが、6回戦であっくんと鉢サンの世界選手権代表選手が1敗と全勝で1番テーブルで激突!!


ここでも大人の貫録を見せた鉢サンが7戦全勝で優勝となりました



第28回関西選手権大会 最終結果

A級
優勝 ぷふぁ鉢七段
2位 宮崎七段
3位 あっくん五段→ジュニアトップ賞

B級
優勝 Naoki新初段
2位 F田新初段
3位 M島1級

小学生トップ I木1級:5位
パパトップ  T口パパ:7位



ここでインフォメーションを2つ程…


1つ目は会場でも案内したんですが、10月22日(日)に、住吉大社 吉祥殿にて虹色二段の結婚式が行われるそうです♪


一般参拝客として行く事が出来るそうなので、お時間許す方はぜひ足を運んでください(^^)/14:15くらいに行けばいいみたいです



2つ目はリンク先の動画をば…



http://www.tv-asahi.co.jp/tensaikids/#/






今日は第12期オセロ王座戦に冬と蛍、更には近畿ブロックからあっくん三段、N島二段、T口美二段、 兵庫ブロックからA立瑛初段、M野初段、そして指導役のS村初段と合計8人の関西ジュニアチームが参戦!!


DSC_0278


DSC_0287



先ずは冬と蛍の成績な
んですが…

冬五段
○N良三段
○O郷三段
○A木四段
●ぷふぁ鉢三段
●村上九段
○T見六段

4勝2敗


蛍四段
●滝澤九段
○A立瑛初段
●村上九段
●T所三段
○N島二段
●みらい05四段

2勝4敗



冬は同学年のライバルN良三段、フリー4位のO郷三段、3年前、初挑戦の王座戦の初戦で完敗したA木四段と強い相手に開幕3連勝を飾ったものの、優勝した鉢さんと村上九段に敗れての4勝と健闘


蛍は前半で九段2人と当たるという厳しい厳しいスタートから、女流王座となったT所三段、トライボーディアンの強豪みらい05四段にも屈して関西ジュニア対決の2勝のみという厳しい結果に


二人とも満足の行く結果ではありませんでした が、受験勉強で練習時間の少ない中でよく頑張りました!


関西ジュニアはA立瑛初段が5回戦までに2勝を挙げ、M野初段は最終戦でF屋敷二段とのジュニア対決を制して共に二段昇段


そして師匠のS村初段も4勝を挙げて二段格の初段→四段格の三段へとグレードアップww


そして圧巻だったのがスーパーエースのあっくん


2回戦から坂口九段、newk九段、三屋七段と七段以上に3連勝しての開幕4連勝の快進撃!!


そして…小学生グランプリ決勝を争ったライバルF地五段も何と開幕4連勝Σ( ̄ロ ̄|||)


小学生決勝あるのか…という雰囲気になったんですが、ここは栗田八段、長野七段と新旧全日本チャンプが意地の勝利!!


最終戦はF地くんが栗田八段に勝てば一敗トップが決勝に行く可能性があったんですが、F地くんは敗れ、あっくんはりばー七段とドロー


四段昇段は決めて小学生王座も手中にしたものの、五段目前で届かずと思って一度は悔し涙を流したあっくんですが…これ4.5勝ポイントトップならベスト8に入るんじゃね~の??ってなって結果発表を待つ事に


結果もう1つ引き分けがあった事もあって7位に入り、小学生王座&五段昇段というとんでもない快挙を達成しました(^o^)/


小学生が2人開幕4連勝して4勝でも小学生王座が獲れない…もちろん史上初ですし、今後50年位は破られない記録になるんじゃないでしょうか(((( ;゚д゚)))


他ブロックの小学生で活躍したのはF地五段だけではなくてですね…


小学生グランプリ入賞のN田初段が強い相手に2.5勝を挙げ、女子小学生では2人目の二段昇段


W田千初段も最終戦、K林1級との勝った方が二段の小学生対決を制して二段昇段


この結果…オセロ小学生グランプリ2017のベスト8は全員が二段以上になるという正に小学生オセラーの勢いを象徴する様な王座戦となりました


『チーム拓』としては、昨年に引き続きのジュニアトリプル昇段!!



帰りの新幹線の時間の関係でみんなで写真は撮れませんでしたが、他にも強豪相手に大健闘って対局もあったみたいですし、みんなよく頑張ったんじゃないですかね~


そして王座戦であったもう1つの重大発表…


第39期オセロ名人戦全国大会、開催地は神戸!!!


冬と蛍は今年度は王座戦を最後に、本人達の意思で受験勉強の為に大会から遠ざかる事となりますが、来期の名人戦に笑顔で復帰出来る様に最大限フォローしていきたいと思います(^o^)/



↑このページのトップヘ